護国寺駅(有楽町線)から徒歩5分!!  文京区目白台・雑司が谷・音羽からすぐ!!  池袋・飯田橋からも有楽町線で護国寺駅下車!!  保険適応(外傷性の場合)!!

山内鍼灸整骨院

〒112-0015 東京都文京区目白台3−18−19
カーサ巴目白台101
TEL 03-6661-8881

山内鍼灸整骨院 概観 山内鍼灸整骨院 室内

山内鍼灸整骨院の施術

はりを中心に治療を組み立てていますが、はりの嫌いな方は保険の効く整骨院を利用できます。 痛みに対して除痛や緩和を目的にした治療に取り組んでいます。日ごろよくある症例について、 書きましたのでご参考にして下さい。腰痛には骨盤(仙腸関節)”ずれ”の微調整法。膝痛に対しては、 今話題の”半月板のずれ”を矯正。頸部のコリや痛み・しびれは夾脊穴の運動針など最新の治療をおこなっております。

腰痛

腰痛は、ほとんどの人が経験しております。 原因は骨の病気、内蔵の病気、悪性腫瘍の転移などいろいろありますが、なかでも一番多いのが骨盤(仙腸関節) の”ずれ”から起こる腰痛(90%以上)です。始めに”ずれ”を治し、痛い腰の運動針をすると、その場で痛みが無くなる人が大半です。 脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛などと言われた方でも、痛みの原因が仙腸関節であれば楽になれますので、 一度試してみる価値はあると思います。腰痛を取り去り又は緩和させてから、腰痛予防の為に日常生活での姿勢を正し、 腹筋・背筋の運動を無理なく自分で続けることが必要です。また頚部の痛み、上肢のしびれ・膝部の痛み、 下肢の痛みやしびれでも、仙腸関節に原因がある場合は、痛みやしびれが消失することがあります。

膝痛

膝には体重の数倍も荷重がかかります。この為、膝の障害が起きやすいのです。階段の昇り降り、 歩き始める時に痛むなどいろいろあります。老化・肥満・スポーツ障害などがあります。半数以上が 変形性膝関節症で、40歳以上の中高年の女性が多いです。変形性膝関節症は何年もかけて、 徐々に進行して行きます。磨り減った関節は元には戻りませんが、そこで食い止めることはできます。 ほとんどの患者さんは関節の痛いところに半月板が飛び出ています。当院での治療法は、まず関節を矯正し、 関節の状態をよくします。その時ほとんどの患者さんは痛みが取れるか、 痛みが軽減します。腰からの痛みであれば、骨盤の調整も行います。関節の調整後は、関節のいい状態を保つため、サポーターを使用しながら治療と運動をしていきます。 しっかり運動と治療をしますと、筋肉が関節をいい状態で守りますので、サポーターをはずして痛みの無い、普通の生活に戻れます。

頚痛・肩こり

人間は重い頭と重い両腕を、骨と肩の筋肉で支えなければなりません。 その緊張した筋肉の状態では、末梢血管の収縮、筋の血行障害、うっ血、浮腫などで疲労物質が 溜まってきます。その疲労物質を取り除くのが血液であり、緊張が続くと、筋肉が血管を締め付け、 血行が悪くなりどんどん溜まっていき肩こりが起こります。そのままにしておくと、ますます血行が 悪くなり頭痛や吐き気がするようになります。   肩こりの原因はいくつかあります。筋の過労、神経の過剰刺激、自律神経失調などや2次的に起きる、 首の病気や高血圧、眼精疲労、更年期障害、自律神経失調症などがあります。同じ姿勢による長時間の作業、 ストレス、眼の疲れなど筋肉が原因のものが多いようです。それら筋肉による肩こりを予防するには、 作業中も無理のない姿勢を保ち、ときどき首を回したり、肩の上げ下げをするなど筋肉の緊張をほぐすストレッチを するとよいでしょう。鍼灸治療では、頸部のコリや痛み・しびれは夾脊穴の運動針を、原因がある筋肉にも運動針を行います。 血液循環をよくすることでこりを和らげ、頭痛や吐き気なども取り去ることができます。強刺激ですので、頑固なコリ・痛み・しびれ・頭痛・めまいに最適です。

生理痛

生理痛には器質性生理痛と機能性生理痛があります。前者は子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患が原因で起こりますので、医師の診察が必要です。 後者は鍼灸治療の対象であり、月経時に産生される過剰なプロスタグランジン(ホルモン) によるものです。又出産経験のない若い方は子宮頚管が狭いためでも起こります。 鍼灸での治療は月経の始まる2〜5日前に治療を行います。 これで大部分の方は、痛みが減少又は無くなります。まだ辛い痛みがあるようであれば、 その疼痛箇所(頭痛・腰痛・下腹部痛など)に治療をします。

              

Copyright Yamauchi acu All rights reserved