ヤマテック 6ボルトフロート充電器 VC6−F(C)

本製品はオートバイ用6V鉛蓄電池(5アンペア〜14アンペア)をフルフロート方式で自動充電する「メンテナンス充電器」として設計されております。解放型、シール型どちらの鉛蓄電池(以下バッテリーと表記)でもお使いいただけます。

ワンタッチで
自動フルチャージ
フルチャージ後、自動で補充電モードで充電継続 フルフロート方式でバッテリーに優しい充電 簡易バッテリーチェック機能搭載
比重管理や面倒な測定なしで、どなたでも過充電の心配なく簡単に自動充電できます。 充電時間を気にしないでOK、本機の方が自動でやります 優しいスローチャージでバッテリー容量を90±5%程度に維持します バッテリーそのものに異常があっては充電できません。状態を簡易的に判定できます
本機は充電方式がバッテリーに非常に優しい「フルフロート充電方式」です。VC6シリーズはバッテリーを「良い状態に維持し、寿命を延ばす」ことを目的に開発された充電器です。 急速充電や、電極回復機能はついていません。そんな状況になる前に手を打つメンテナンス充電器です。

メンテナンス充電器とは

フルフロート充電とは

メンテナンス充電器とは、バッテリー寿命を延ばすため非常に優しく充電する充電器です。

バッテリーは使用していなくても自己放電により消耗していきます。

特に6V小型バッテリーは管理が難しく、気がついたら電極が真っ白!で、回復しなかったことがありませんか?

完全放電してしまったバッテリーは電極が劣化し性能が落ちてしまいますので、その前に充電しなくてはなりません。

在来型の充電器では消耗度合の判定が比重管理でしかできないので面倒で、カンに頼った充電になりがちです。

鉛バッテリーは常時容量を90±5%前後の状態に維持するのが一番劣化が抑えられると言われますが「カン」では無理な話です。

「誰でも簡単にベスト状態を維持できないか?」そのような考えからメンテナンス充電器VC6−Fは作られました。

※メンテナンスと言っても補水まで自動ではありません。 補水作業は適切に行ってください 。

普通の、充電制御されていない充電器はフルチャージ後も充電を続けると過充電を起こしバッテリーを破損します。

電圧で判定するにはかなり精度の高い計測器が必要、比重管理は小型バッテリーでは難しいなど、一般的には「カン」に頼って「大体こんなものか?」で適当に時間を決めていることが多いかと思いますが、バッテリーを痛めている可能性もあるのです。

フロート制御は、電子制御により精密に制御された電源で充電を行い、フルチャージになると制御回路内のバイパス回路に自動で電流が切り替わることにより、バッテリーへの充電が止るようにする制御方式で、バッテリーに「非常に優しい充電」方式と言われています。

フルチャージ後、充電を続けても、放電量に見合う、少なく制御された電流で充電し続けるため過充電は起きません。

フロート(トリクル)自動充電器でも、充電時間を短縮するため、タイマーなどで一時的に充電量を増やすような制御をおこなうものも多く、一見良さそうに思えるこの方式も、フルチャージのバッテリーを一定時間は充電量が上がった状態で充電してしまうという場合があります。

VC6シリーズは初期充電から補充電まですべてフロート方式のみで充電を行う「フルフロート充電器」です。時間短縮を目的とするような余計なブースト機能などを廃し、バッテリーの保護を第一に考えております。

バッテリー対比表をご覧になってもお分かりのように、充電時間が長いスローチャージを採用しています。それも、非常にデリケートな小型6Vバッテリーを良い状態で維持する「メンテナンス充電器」だからこそです。

バッテリーの消耗状態にあった適切な充電を常に行える「バッテリーに優しい充電器」です。

本製品の基本仕様
自動充電

正常なバッテリーの場合、比重管理や面倒な電圧測定なしで自動充電します。フルチャージ後は自動で補充電モードになり適切な充電を継続します。

※ 補水は監視し、適正に行ってください・・・・自然減と同じ程度の蒸発は致します

簡易バッテリーチェック機能

バッテリーの消耗、劣化が簡易的に判定できる「簡易バッテリーチェック機能」搭載しております。
バッテリーの疲労度を事前にチェックしたり、バッテリー劣化状態を予測したりすることが可能です。判定及び対処はバッテリー対比表に従って行ってください。

※本機能は充電を行うバッテリーの劣化や疲労度を簡易的に判定するもので、検査器ではありません。不良バッテリーの検査目的でのご使用はおやめください。

6ボルト、5〜15アンペア、オートバイ用鉛蓄電池専用

6ボルトオートバイ用鉛蓄電池であれば、5〜15アンペアまでの解放型、密閉型すべてにご使用になれます。フルフロート方式のため、バッテリー容量に応じた充電時間が必要です。バッテリー対比表をご覧ください。

他の充電池の充電や他用途へのご使用は絶対におやめください。

安全面
@簡易逆接続保護回路・・・・ プラスとマイナスを間違えたとき10秒程度回路を保護します。簡易装置ですので直ちに配線を直してください。

A停電時逆流防止回路・・・・

停電などで電源が止まった場合、バッテリーから回路に逆放電するのを防ぎます。

B暴走時切断回路・・・・・・・・

予測されないトラブルで充電量が危険領域に入った場合充電を遮断します。(復帰不可)

この機能が働く場合、充電環境などいずれかに重大な欠陥があると考えられるため、ユーザーにて復帰できないようになっております。復帰するにはメーカーにて原因を解析したうえでの修理が必要です。

VC6-F(C) 同梱品リスト

VC6-F(C)充電器本体 1台
ACアダプター 1台
ワニ口充電ケーブル 1本
説明書(4ページ、修理依頼票1通) 1部

基本セット 本体価格 ¥18,900−(別途消費税)
簡易版リーフレット(PDFファイル)
配布用の簡易版リーフレットをこちらからダウンロードできます。
フロート充電器とLEDウインカーをご紹介しています。
387KbのPDFファイルです。ご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。

代理店について

本製品に関するお問い合わせ・ご注文は、下記代理店にてお請けしております。

(代理店)有限会社バットモーターサイクルインターナショナル

http://homepage3.nifty.com/batmotorint/

〒333−0815 埼玉県川口市北原台2−22−30

TEL048−297−7074 FAX048−297−7089

騎西事業所TOPへ 充電器TOP ご使用方法 ご使用上の注意 ヤマテックTOPへ
Copyright (C)2009 YAMATEC CO.,LTD . All the rights are reserved .