弁護士相談の方法
                          

1. まずはご相談のお申込を、電話(06−6222−9184)でお願いします。

2. 申込受付後に担当弁護士からご連絡させて頂きますので、その際に、具体的な相談の日時、場所等を打ち合わせて下さい。

3. ご相談の際には、お手元にある商品先物取引等に関する関係資料(約定書控、売買報告書、残高照合通知書、証拠金預り証、日記や手帳など)をお持ちください。

4. 初回の相談は30分までごとに5,400円です。具体的なご依頼(交渉・訴訟)は、初回相談の際に担当弁護士とご検討ください。


費用について

1. 法律相談

初回の相談は30分までごとに5,400円です。2回目以降の相談は1時間あたり1〜2万円程度(消費税別)が目安です。なお、事件として受任する場合には相談料をいただかないこともあります。

2. 事件として受任する場合

事件として受任する場合は、着手金(事件を依頼する際にお支払いいただく費用)と、報酬金(事件が解決したときに解決内容に応じてお支払いいただく謝金)が必要になります。
金額についてはいずれも解決(見込)金額の一定割合を基準に事案を勘案して事前に合意しておきます。

(1)着手金
a) 調査・分析と示談交渉の着手金
 取引の調査や分析とともに業者との示談交渉を依頼されるときの着手金です。
b) 訴訟提起の着手金
  示談交渉で解決できない場合に訴訟提起を依頼されるときの着手金です。原則として示談交渉の着手金に追加して必要です。

(2)報酬
報酬金は、解決の程度によりますが、できる限り明快になるように、たとえば現実に回収した金額の10%などと、あらかじめ具体的に決めさせていただきます。