HOME > WORKS 2-1

墓地案内

【墓地の種類】


1.寺院墓地

大抵はお寺の境内にあり、その寺院が管理している墓地のことをいいます。

寺院墓地のお墓を得るということはそのお寺の檀家になることが前提になっていることが殆どなので、必ずそのお寺の住職にお寺の行事やお付き合いの仕方について確認しておいた方がよいでしょう。同時に住職の人柄についても、長く信頼してお付き合いできるかどうか考慮に入れる必要があります。

利点としては手厚く供養していただけるという点です。お墓が境内にあるので法要を本堂で営めますし、頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれます。お寺の中にあるので管理面も安心できます。

2.公営墓地

都道府県、市町村などの地方自治体が管理、運営している墓地です。

申込や問い合わせは、各都道府県や市町村役場になります。

公営墓地は、墓地にとってもっとも重要な永続性が保証されていて、かつ、永代使用料や管理費が安く抑えられています。また、自治体が管理していますから、宗旨・宗派による申し込みの制限など宗教的な制約は一切ありません。但し、契約に関してはいろいろと条件が付きます。たとえば、現住所がその自治体にある、お墓の継承者がいる、遺骨があるなどです。募集に関しても随時行っているわけではありませんし、募集があっても大抵希望者が多い為に抽選制で、購入が困難なのが現状のようです。また、大規模開発のところが多く、立地の面で不便なところも少なくありません。申し込みに当たっては十分な検討が必要です。

3.民営霊園

財団法人や社団法人が運営していたり、民間が宗教法人から運営の委託を受けて霊園で、宗教宗派を問わずに申し込むことができます。

公営墓地に比べると永代使用料や管理費などは多少割高ですが、遺骨の有無などで申し込みに制限がかけられることはほとんどありません。墓地によってはお墓のデザインや大きさなどを自由に選べる場合もありますが、石材店は指定されている場合がほとんどです。

【お墓を選ぶ際の注意点】

1.宗旨・宗派の条件が自分にあっているか

宗旨・宗派の条件は霊園・墓地によってさまざまです。自分の属する宗旨・宗派は何か、今後どうしたいかなどを考えて決めていきましょう。因みに仏教ならどの宗派でも構わないという墓地もありますが、仏教以外の宗教や仏教系でも新宗教では購入できないといったケースもあるので、よく確認しましょう。

2.立地

やはり、お参りに行きやすい場所が一番です。たとえ、すぐ近くに求めることができなくても、交通の便が良ければ案外時間がかからずに行けたりするものです。お墓までどんなルートで行けるのか、交通機関もよく調べましょう。

3.価格

墓所を求めるには、永代使用料、管理費、墓石代が必要です。その他に開眼供養のお布施などの諸経費もかかります。費用がどういう内訳でどれ位かかるのか、あらかじめ管理事務所や石材店に聞いておきましょう。

4.環境

墓地の環境としては、日当たりや風通し、水はけのよい所がよいでしょう。また山間部を造成して墓地にしている所では、大雨などの時の地盤についても調べておけば安心できます。

5.設備

管理事務所や駐車場、休憩所、法要設備など、諸設備の有無や規模はとても重要です。また、墓地全域を平坦設計にするなど、お年寄りや車椅子の方でも無理なくお参りできるように配慮した霊園も増えています。

6.管理

墓地では、管理者が定期的な清掃や見回りに当たりますが、管理事務所がない墓地では清掃や備品の管理が行き届かない場合もあります。管理体制についてもあらかじめ調べておきましょう。

【墓地購入の費用】

1.永代使用料

お墓を建てる時に「お墓を買う」といいますが、正確には「永代使用権を買う」で、土地を所有する権利を買う訳ではありません。ただし、永代使用権の内容や制度はそれぞれの契約で異なりますから、契約内容を十分確認して買ってください。

墓地の永代使用料は安い順に公営・民営・寺院と言われています。とはいっても限られた予算で墓地を墓地を欲しいという人がいた場合、公営がいいとは限りません。というのは公営での墓地面積は最低4㎡と大きな区画しかない場合があるからです。一方、民営の場合は1㎡以下でも販売されるケースもあります。狭さを我慢すれば予算内で購入できることもあるかもしれません。いろいろ見学に行き、考えて選んでください。

2.墓石費用

墓石の本体と外柵と工事費の3つが必要な建墓の費用とされます。墓石の値段は石の大きさと種類で数十万円から1000万円以上といわれますが、単純に価格が品質を反映してるとはいえません。その理由のひとつとして、石の種類によって取れる量に差があり、その多い少ないによって価値が決まってくるということがあげられます。

墓石に一番必要なことは耐久性です。良い墓石の条件は「硬度が高く」、「吸水率が低く」、「傷や色むらがなくキメが細かい」ことです。現在よく使われている墓石材は磨くと光沢の出る花崗岩で、価格は色合い、組成物質の違いによってかなりの幅があります。

3.管理費

墓地にある施設の維持、管理(参道整備、水道設備、駐車場、緑地、墓地清掃)などに要する費用で毎年支払うことになっています。東京の公営墓地では1㎡あたり620円~、民間霊園で5000円~1万5000円程度、寺院墓地ではお布施や冥加金の名目で6000円~2万4000円程度(寺院施設の利用料も含む)必要とされています。都市型霊園の方が郊外の霊園より多少高額の場合が多いようです。

管理費は滞納すると使用権を取り消される要因にもなるので(特に民間霊園)忘れずに払うようにしましょう

【お墓はいつ求めたらいいのか?】

思い立ったら吉日

仏教では、過去、現在、未来で物事を考えます。そしてこれを合わせて三世(さんぜ)と言います。一番大切なのは現世で過去でも未来でもありません。生きている人を基本にした仏教本来の考えでは、お墓をいつ建てたらよいという決まりはありません。大切なのは供養の気持ちです。


ただ、一般的には遺骨はあまり長く自宅に置かない方がよいので、可能であれば(お墓がある場合)四十九日の法要までに納骨を行いたいものです。それが無理なら一周忌法要までにお墓を建てて納骨するか、遅くとも三周忌までには行いたいものです。


お墓を買うということは費用的にも労力的にも大変なことです。最近では寿陵墓(=生前墓)を購入する人が増えてきています。自分で納得のいくお墓を求められるのは幸せなことだと思います。お墓や仏壇や礼拝物などは相続税の対象にならないので生前にそれらを買われると節税対策になります。必然的にその分のお金は生前の資産から差し引かれるので、後に残った家族の相続税の負担を軽減することができます。不動産取得税・固定資産税などもお墓に関してはかからないので、税金の心配をしないで持っていることができます。




『寿陵墓』、生前墓ともいい朱で戒名が刻まれているお墓。

仏教の教えにおいても「寿陵」を建てることは「逆修(ギャクシュウ)」すなわち「生前、自分の為に仏事を営み、冥福を祈ること」を為すことでもあります。「逆修」は善根を導き、それによって功徳がもたらされます。そして「功徳」はさらに、子から孫へと残すことができ未来の繁栄と幸福につながると言われているのです。

IMG_0903.JPG

両輪山 龍谷寺

東京都八王子市
曹洞宗
JR、京王八王子駅より車で10分 中央道八王子IC出てすぐ

IMG_0905.JPG

如意山 宝泉寺

東京都日野市
臨済宗建長寺派
JR日野駅よりすぐ

IMG_0913.JPG

龍華山 大義寺

東京都八王子市
真言宗智山派
JR八王子駅より徒歩10分

IMG_0909.JPG

深澤山 心源院

東京都八王子市
曹洞宗
JR高尾駅よりバス

IMG_0811.JPG

富士見台霊園

東京都八王子市
宗旨問わず、JR・京王八王子駅より車で6分

IMG_0918.JPG

都営・公営霊園

宗旨問わず、各自治体でご確認ください

*この他にもご紹介可能な寺院墓地、公園墓地がございます。お気軽にお問い合わせください。