高山智津子・文学と絵本研究所
  最新更新日 2017年5月21日(藤本通信を更新)

「すべての子どもに読書の喜びを」
「赤ちゃんからの絵本の読みきかせを」
そんなメッセージをたずさえて、高山先生は日本全国をかけまわり、四千回以上の講演をされ、多くの方に笑いと勇気を届けてきました。
 2006年6月に、高山先生がなくなられてから、「文学と絵本研究所」では先生のこれまでの仕事を記録保存し、その遺志を引き継ぐために、「高山智津子先生をしのぶ会」「春の絵本講座」「秋の文学講座」などの活動を続けてきました。
 そして2011年の「第五回しのぶ会(ファイナル)」をもって、活動に一つの区切りをつけました。
 
 2016年に、没後十年企画を実行し、新しいDVD講演セレクションも完成しました。これで研究所としても当初の目的を果たしたと思います。
 今後、研究所をどうするか、相談しました。しばらくは、文学と絵本を語るサロンのような形で、年数回所員が集まろうということになり、研究所仕舞いは、もう少し先にのばすことにしました。それで、このHPもあと数年は継続しますので、よろしく。


                                                    2016年7月




新しいホームページへようこそ

  2012年10月から、家を二軒借りることになりました。仕事はこちらでしますので、新しい情報を知りたい方は必ず、この家を訪ねてください。古い家もしばらくそのままにしておきます。古い家の住所はこちらです。2012年9月までのHP内容はこちらでも見ることができます


高山智津子講演セレクション全5巻完成

 宇治の「キッズいわき・ぱふ」から譲り受けたビデオテープ68本を元にして、DVD5巻の「講演セレクション」を編集しました。そのラインナップはこんな風です。

⑴絵本大学第1回講義 2002年4月14日
⑵おしゃべりコラージュ 2002年~2005年
⑶私の絵本史、学びの軌跡 絵本大学最終講義 2003年3月
⑷絵本の学校1998 1998年8月
⑸絵本と人生 マイヒストリー絵本カレンダー 2005年8月

これから、これのダビング作業にかかり、5月14日には、販売できるようにしたいと思っています。


高山智津子先生没後十年企画

 高山先生が亡くなられて今年で十年がたちます。そこで、研究所では、2016年5月14日(土)に、連続で三つの催しを企画しました。

企画その一 絵本講座 『こどもとおとなを結ぶ絵本の世界』
    場所   尼崎ピッコロシアター中ホール
    時間   14時~16時
    プログラム  ①岡スミ子さんによる語り「じろはったん」(30分)
             ②広瀬恒子さんによる講演 『こどもとおとなを結ぶ絵本の世界』(90分)
   参加費 1800円 (予約すれば1500円、予約申し込みは FAX 06-6422-6905またはメール eiji1952@kd6.so-net.ne.jp)


企画その二 高山智津子講演ビデオ上映会
    場所   尼崎ピッコロシアター中ホール
    時間   16時15分~16時45分
    参加無料・申し込み不要


企画その三 高山先生の思い出を語る10年のつどい
   場所  ひろ田(JR塚口駅徒歩5分)
   時間  17時30分~20時30分
   会費  6000円
   ☆ 詳しくは研究所藤本まで (電話は072-782-9015 メールは eiji1952@kd6.so-net.ne.jp



高山先生をしのぶ会ミニをやりました

 2015年4月13日(月)、「キッズいわき ぱふ」の元スタッフの方3人に来ていただいて、高山先生をしのぶ会ミニをやりました。




高山智津子先生の講演ビデオ・録音カセット大量に入手

  高山先生の講演のビデオと録音カセットが大量に届けられました。
 「キッズいわき・ぱふ」の岩城敏之さんから、高山先生のビデオが沢山あると聞いたのは、「第五回しのぶ会」の席ででした。その後、こちらも忙しくて連絡もとらずにいたのですが、先日大阪健康福祉短期大学から連絡があり、高山先生夫妻の蔵書の一部を引き取りに行き、没後十年に向けて、整理できるものは、整理しようと思い、岩城氏に連絡をとると、早速送り届けてくださいました。こんなことなら、もっと早く連絡を取ればよかったと反省しました。届いたものは、カセットテープ23本、8ミリビデオ10本、ミニDVビデオテープ58本です。確認するだけで膨大な時間がいりそうですが、なんとか整理して、「高山先生の話」をみんなに届けたいと思います。
とりあえず整理してみた「ビデオ一覧」はここにあります




続々と新刊が出ます!

☆小西さんの大人向けのお料理本、『おいしく食べて、おおきくなあれ!』(かもがわ出版、2012年8月20日発行、1600円)が出版されました。

☆もう一冊も完成まじかです。おさなご保育園の実践から生まれた『まるごと発達の保育』(フォーラムA)のシリーズにあたる『離乳食からあかちゃんのごはん』です。


☆徳永さんの新しい作品『プールちゃん』が「ひかりのくに」の「ぴこちゃんえほん」6月号に載りました。これは市販されていないので、読みたい方は研究所まで連絡ください。
 



☆宮川ひろ先生の『わたしの昔かたり』(童話屋、2012年8月発行、2000円)が出版されました。これはCDブックで89歳のひろ先生の声、語り口調がじかに伝わってくる貴重なものです。《ねずみ経、さると地ぞう、せんがりの田、ねずみの相撲、天から落ちた源五郎、大工と鬼六、爺さまと湯治》の七つの話が収録されています。編集者は後路好章氏で、そのあとがきで「ひろさんの言葉の一つ一つが、登場する人物像に重ね合わさって、体の奥まで染み込んで来ます。いつの間にか浄化されていく自分に気づき、幸せな気持ちになるのです。」と述べています。これまで研究所が大変お世話になった宮川先生、後路さんの新しい仕事の成果です。第二作目は戦争にしぼった語りで構成されるとか。これも楽しみです。


☆毎日新聞の8月22日(水)朝刊でも紹介されています。







☆徳永満理さんの『よくわかる絵本読み聞かせ』(チャイルド本社、2013年1月、1680円)が出版されました。

雑誌「ポット」に4年間連載したものを、編集したものです。

第1章 知っておきたい読み聞かせの基本
第2章 よくわかる年齢別・異年齢・気になる子 読み聞かせのポイント
第3章困った……でも大丈夫!読み聞かせのQ&A

長年にわたるおさなご保育園での読み聞かせ実践から、徳永先生がつかんだコツやポイントが満載の本です。豊富なイラストで、項目の立て方も細かくて、よみやすい本になっています。




☆おさなご保育園の『0歳~6歳 まるごと発達シリーズ』(フォーラム.A)



☆おさなご保育園の30周年を記念して出版された『jまるごと発達の保育』(おさなご保育園編著、2011年6月刊行、フォーラムA)がシリーズになります。

 第二弾は『だれでもできるクッキング保育 2歳児からたのしめるレシピ34』(徳永満理監修 瀧本智子著、2012年9月、フォーラムA、1238円)

 第三弾は『保育園のおいしい離乳食 46のレシピとおいしく食べる工夫』(徳永満理監修 小西律子・市枝恵子共著 2013年6月20日、フォーラムA、1300円))





FUJIMOTO  FUJIMOTO通信 (「授業をつくる」も掲載中)

☆藤本は児童文学三部作について、「図書新聞」からインタビューを受けました。記事は6月9日号に載りました




2011年活動報告
    第5回 高山智津子先生をしのぶ会(ファイナル)
    2011年6月18日(土)13時~16時
         場所 酒心館(神戸) 神戸市東灘区御影町1-8-17
                       電話078-841-1121
                       阪神電車石屋川駅下車南へ徒歩8分
           
         内容 
              絵本ゆうちゃんシリーズを作ったときの高山先生 後路好章
              日和佐・文学と絵本研究所と高山先生 徳永満理・小西律子
              兵庫文学教育の会と高山先生 藤本英二
            
             参加者からのスピーチ、高山先生の講演上映、ほか。

             高山先生の人生の軌跡をまとめた『ありがとう、高山智津子先生』
             高山先生の講演のエッセンスを編集したDVD110分版
             を参加者全員に差し上げますした。
             なお、この『ありがとう、高山智津子先生』と、DVD『高山智津子講演全集』は
             各1500円で頒布いたします。
         

        





                 お礼

 

高山先生が亡くなられた翌年から、しのぶ会を5回続けてまいりましたが、この間、多くの皆様方に支えて頂き無事に最後の会を終えることができました。 

最後の会も、多数の皆様と共に先生の生前をしのぶことが出来、感謝の気持ちでいっぱいです。

振り返りますと、高山先生が亡くなられたとき、私たち所員は、先生の生きてこられた軌跡があまりに多岐にわたっていたため、1回だけのしのぶ会では語りきれないと思いました。そして、5回はしようと決めて、高山先生が亡くなられた6月に毎年開催してまいりました。

4000回の講演を達成し、ご自身は多くの本を著し多くの人たちにも本を書くことを勧め、また、関わった人たちに勇気と元気をもたらし続けた先生の稀有な生き方は、毎回のゲストの皆さんの語りの中に込められていました。

そして、最終回では、私たち所員も高山先生への思いを存分に語らせてもらうことが出来ました。皆様にお土産としてお渡しすることが出来た、『ありがとう、 高山智津子先生』にも、三人の思いを込めさせてもらいました。

さて私たちは、高山先生から宿題をもらっています。一つは、ベストセラーになっている赤ちゃん絵本の分析を、二つは、月齢ごとの発達をテーマにした赤ちゃん絵本の創作を、三つは、赤ちゃんの好きなことばの研究を…という三つの宿題です。

研究所の今後は、この高山先生からの宿題を中心に研究活動をしていく事にします。当面は、1950年代から2000年代に出版された絵本と児童書をリストアップし、その中から選出し分析することから始めようと考えています。

高山先生の遺志を継いで、赤ちゃん絵本読者論の研究を継続できる喜びを感じています。

どうか、これからの私たちの活動に対しても、ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

高山智津子文学と絵本研究所 所員一同





新しい本が出版されました
    

☆『保育Q&A101 こんなときどうする保護者対応』チャイルド本社

☆『保育Q&A101 こんなときどうする 0.1.2歳児』チャイルド本社

  ※徳永満理監修で、小西さんを初め、おさなご保育園のみんなが執筆。


 
☆藤本英二『児童文学の境界へー梨木香歩の世界-』久山社2009年5月刊行

☆藤本英二『物語のかなた-上橋菜穂子の世界-』久山社2010年1月刊行

☆藤本英二『人気のひみつ、魅力のありか 21世紀こども文学論』久山社2011年12月刊行








☆アルバムのページを増強。日和佐の檜さんから提供していただいた写真をアルバム4としました。日和佐・絵本の学校や研究所講座の様子がわかります。


執筆中

☆チャイルド本社の月刊誌「ポット」に徳永満理、小西律子の連載中です。
 チャイルド「保育絵本」の付録にも絵本ワンポイントアドバイスを書いています。



高山智津子講演DVDを販売しています。各1500円円。
    ①読みきかせで育つもの(1991年4月伊丹)
    ②赤ちゃんからの読みきかせ(1991年9月伊丹)
    ③高山智津子講演全集 (①②ほか2本より編集110分版

研究所では高山智津子先生に関する資料を収集しています。
  講演テープ、ビデオ、写真等コピーして保管いたしますので、貸していただける方はぜひ一度ご連絡ください。


 研究所の連絡先
  兵庫県尼崎市塚口本町1丁目21-10 おさなご保育園 徳永満理、小西律子
  電話 06-6422-6904  FAX 06-6422-6905

  兵庫県伊丹市松ヶ丘1丁目155-8  藤本英二
  電話・FAXとも 072-782-9015
  メールアドレス 1952210@m5.dion.ne.jp  ⇒引っ越しします
  藤本の新しいメールアドレスはeiji1952@kd6.so-net.ne.jpです。




<IMG SRC="http://lib016.upp.so-net.ne.jp/cgi-bin/counter.cgi?udir=takayama&cname=eiji&gctype=S04&keta=6">


左ボタンページへのリンク(編集の都合上のリンクなのでさわっても益なし)