高山智津子先生のあゆみ


(以下は略歴です。詳しい年譜はここをクリック



・一九三○年(昭和五年)   大阪に生まれる。カトリックの家に育つ。

・一九四二年 頃       西宮に転居。浜脇尋常高等小学校高等科に入学。               

・一九四五年(昭和二○年)  師範学校(神戸大学教育学部の前身)入学。

・一九四八年(昭和二三年)  師範学校本科一年生、十七才で、
               尼崎立花小学校の教壇に立つ。


一九四九年 (昭和二四年)   秋、教員免許をとるために、大学の通信教育に入学。
                        冬、映画サークルで高山藤三氏と出会う。

・一九五三年 (昭和二八年)  春、スクーリングで知り合った石井氏と結婚

・一九五四年(昭和二九年)  姫路市立糸引小学校に勤務

・一九五六年 (昭和三一年)  八月、長男出産十月、兵庫県第一回母親大会に参加。
              
姫路教職員組合、婦人部副部長になる。
                      短歌サークルに。

・一九六一年 (昭和三六年)  離婚を決意し、長男と二人尼崎へ。

・一九六二年 (昭和三七年)  五月、尼崎市立金楽寺小学校に転勤。

・一九六四年 (昭和三九年)  尼崎教職員組合の婦人部長になる。
               母親大会のためにオルグをする。

・一九六六年 (昭和四一年)  高山藤三氏と再会、結婚する。
                       一○・二一ストに参加

・一九六七年(昭和四二年)  次男出産

・一九七○年(昭和四五年)  日本文学教育連盟全国大会に参加。
               兵庫文学教育の会を設立。
               尼崎産業郷土会館を会場に
               サークル例会を二十年以上続ける。


・一九七二年(昭和四七年)  兵庫県民間教育研究団体合同研究集会の分科会で
               「あるハンノ木の話」を報告。


・一九七七年(昭和五二年)  尼崎市立城内小学校に転勤。
                       金楽寺小学校の思い出を綴った
              『ひょうたん池の子ら』を自費出版


・一九八一年(昭和五六年)  身体をこわし、定年を待たずして退職。
               香里ケ丘看護専門学院、大阪・保育・学童保育学院など
               の講師を勤める

               この年から、愛知県立大学の聴講生として、
               勝尾金弥先生の講義を受講する。

                        また、新日本婦人の会
               兵庫県本部育て相談室室長をつとめる。


・一九八二年(昭和五七年)  半生記を綴った『女教師 愛ひとすじに』を出版。

・一九八五年(昭和六○年)  サークルでの読みきかせ実践をまとめた
               『この本に夢中』を出版。


・一九八八年(昭和六三年)  夏、ハイジを訪ねてスイスへ旅行する。

・一九九○年(平成二年)   梅花女子大の三宅興子先生の講義を受講する。 
               夏、大草原のローラと赤毛のアンを訪ねて、アメリカ・
               カナダへ旅行


・一九九二年(平成四年)   徳島県日和佐への転居を決める。
                      「兵庫文学教育の会」の月例会を閉じる。
               それまで勤めていた専門学校をやめる。

                      「兵庫子どもと絵本の会」を結成、
               赤ちゃん絵本の研究を始める。

・一九九四年(平成六年)  「日和佐・文学と絵本研究所」を開設。

全国での講演が三○○○回を突破する。

・一九九五年 (平成七年)  吉住育子氏と事務所オフィスT・Yを設立(阪急六甲)。

・一九九六年 (平成八年)   四月、高山藤三氏死去

・一九九七年(平成九年)   大阪総合福祉専門学校講師となる。

・二○○○年頃        聖和女子大で鳥越信氏の聴講生となる。

・二○○三年 (平成一五年)   十一月、講演四○○○回を突破する。

・二○○四年(平成一六年)  鳥越信氏の私塾「鳥越塾」に参加。

・二○○五年(平成一七年)  講演四○○○回突破、研究所設立十周年を記念して
               祝賀会をひらく。

・二○○六年 (平成一八年)   六月十一日、永眠。

この「高山智津子先生の歩み」は、先生の著書等を参照しながら、作成しました。
また著作目録は別に作成しております。不備な所が多いかと思います。
訂正や補足すべき所にお気づきの方は、どうか研究所までお知らせください。