高橋敬幸法律事務所は,弁護士2名,事務局6名(内1名はB型肝炎訴訟専門スタッフ)の全国B型肝炎訴訟山陰弁護団事務局事務所です。

 高橋敬幸は,弱者・少数者,労働者・勤労市民や消費者,そして中小業者の立場に立った仕事をするよう心がけています。また高齢者・障がいのある人達の権利擁護法人の理事長として,虐待や権利擁護の問題に取り組んでいます。
 
 取扱事件は以下の通りです。

 特に力を入れているのは,労災・過労死,交通事故損害賠償,医療過誤,国や地方公共団体を相手とする国家賠償,セクハラ・パワハラ,慰藉料請求など

 生活紛争全般,不動産,金銭,相続・遺産分割,離婚,再生・破産,労働問題,中小企業法務,成年後見など高齢者・障がいある人の権利擁護,刑事事件(これまで無罪5件),住民訴訟など広い分野を担当しています。

 高橋真一は,様々な分野の事件に取り組んでいますが,患者の権利救済を目的とした鳥取県医療問題弁護団(2013.12.13結成)共同代表,全国B型肝炎訴訟山陰弁護団事務局長としてウイルス性肝炎患者の救済,労働者の権利救済を目的とした労働事件,刑事弁護に特に力を入れています。
 このウェブサイトをご覧になったご感想・ご意見をおよせ下さい。
 このサイトはリンクフリーです。リンクを張る際にはご一報ください。なお,メールによる法律相談は行なっておりません。
Copyright(C) 2002 高橋敬幸法律事務所 All rights reserved

ようこそ 高橋敬幸法律事務所 のサイトへ