本文へスキップ

橋本行政書士事務所代表、橋本敏浩のプロフィールです(東京都練馬区)

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. 事務所紹介

事務所紹介

代表者紹介

行政書士:橋本敏浩
橋本行政書士

  • 東京都行政書士会所属
  • 登録番号 04081835
  • 生年月日 1966年12月12日 東京都品川区で出生
  • 東京理科大学 理学部化学科 卒業

主な保有資格

  • 行政書士
  • 不当要求防止責任者
  • 著作権相談員
  • 2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP2級)
  • 第3種電気主任技術者
  • 危険物取扱者甲種
  • 第1種衛生管理者
  • 甲種防火管理者
  • フォークリフト運転
  • アーク溶接

プロフィール

東京の品川区で生まれ、大田区で育ち、約12年前に行政書士を開業してからは練馬区に住んでおります。
都立九段高校、東京理科大学を卒業した後、化学系の日用品メーカーに就職し、行政書士を開業するまで、約13年ほど勤務しておりました。
会社勤務のころは、理系出身ということもあって技術系の仕事をしておりました。
大学受験のころから理系科目の勉強しかしていませんでしたので、法律のことは知識も興味も全くない、という状態でしたが、当時は仕事上で困ることはありませんでした。

少し考えが変わったのは、その会社に勤めていて、埼玉県北部の工場に勤務することになってからです。
その工場ではISOを取っていたのでISO9000シリーズの品質管理責任者や、医薬部外品を製造していたので医薬部外品の責任技術者などもやらせてもらいましたが、その他の重要な業務に、役所や消防署などの官公署への届け出、許可申請などがありました。

当時は慣れない業務に悪戦苦闘していましたが、法律のことを覚えるのは新鮮で楽しかったのと、「世の中は法律で決まっていて、法律で動いているんだ」といことを、大人になってしばらく経ったそのころにやっと感じたことで、法律そのものに興味がわいてきたのです。

そこから行政書士を目指し始め、2002年の行政書士試験に合格し、2004年に行政書士として開業して今に至っております。

開業当初

東京の練馬区で開業しましたが、コネもツテもない状態でのスタートですから、当然ながら仕事は全部自分で取ってこなくてはなりません。
ホームページは開業して間もなく、不細工ながら自分で作って公開しました。初めてお金をもらったのは、交通事故の相談に対する相談料でした。その次に業務として依頼されたのは、知人からの交通事故業務でした。
当時は交通事故を専門の業務としてやろうと思っていたわけではありませんでしたが、今考えると運命だったのかもしれません。報酬をもらって業務を行うわけですから、とにかく勉強し、調べて、ベテランの先生方に聞きながら、必死でやっていたことを思い出します。

初めて報酬をもらった時のことは、一生忘れないと思います。自分で仕事を取り、自分で業務を行って報酬をもらったことに、大変感動しました。
今でも、自分が普段何かで使うお金は、全てクライアントから報酬としてもらったお金だということを、よく思います。そのたびに、自分はベストを尽くしているかといった自問自答を繰り返し、気持ちが引き締まります。

以前は、広告もいろいろ試してみました。
ホームページの他、全国紙の関東版の新聞や夕刊紙に、小さな囲み広告を出してみたり、郵便局で配るポケット携帯用路線図(郵便料金表入り)に広告を出したり、郵便局のハガキや切手を入れる袋に事務所名を入れる広告、幼稚園児向けの交通安全ポスターの周りに事務所名を入れる広告、タウンページに枠を取って事務所名を出す広告、などでしょうか。その他に業者別に自分で作ったDMなどを出していたころもありました。

これらの広告は反応が少しあったり、なかったり、いろいろでしたが、費用対効果を計算すると、継続していくことに無理がありそうなものが多く、結局インターネットを使った宣伝方法を検討していくことが最も効率的だという結論になりました。
結果的に収入よりも広告費の方がかかってしまった広告媒体も多かったのですが、そういったことを実際にやってみて、自分で感じて理解できた経験は、無駄ではなかったと思っています。

子供のころ

私が物心ついたころは、品川区の四畳半一間の部屋に、弟と両親の4人で住んでいました。父はトラックの運転手、母は家で内職をしており、家には風呂もなく、子供ながらに「うちは貧乏なんだなあ」なんて思っていました。

父親は勉強しないで大人になったので、私は小学生の後半以降は勉強のことを教えてもらったことは一度もありませんでした。
何しろ私が大学に行くことについて、どうしてそんなことに時間を無駄に使うのか、と怒っていたくらいです。
そんな父を、子供のころ、学生のころの私は、心の中でバカにしていました。

でも父は、仕事に対しては頭に「KUSO」がつくぐらいまじめでした。そして周りの人に対しては、「この人には”めんどくさい”という言葉が無いのだろうか」というぐらい、面倒見がよくて優しかったのです。その様子は子供のころから見てきたはずなのですが、「勉強が分からない人」という部分しか、見えていなかったのです。
私が父のそういう部分にやっと気付いたのは、社会人として会社で働き始めたのち、しばらくたってからだと思います。

母の計画性や努力もあったからですが、結果的には大田区に自宅を持ち、自分がいなくなっても誰も困らないだけの蓄えを残しました。
私が行政書士を開業して半年後に、父は死にました。最終的にはとてもいい人生を全うしてくれたと思っています。かつて心の中でバカにしていた父は、死亡する10年以上前から尊敬する父に変わっていましたので、私は満足しています。
行政書士として立派になった姿を見せられなかった悔いが残りますが、そういう「できなかったこと」は、まだ元気な母にしてあげたいと思います。

・・・子供のころのことのはずが、いつの間にか親の話になってしまいました。。。

趣味

スキーは学生のころに夢中になり、今でもやっています。妻との交際のきっかけもスキーだったように思います。
子供は3歳ぐらいから毎年スキー場に連れて行き、小学校2年生頃からスキー板を履かせて、3人で滑っています(妻と中学生(2015年現在)の娘の3人家族です)。

旅行は好きなので頻繁に行きたいと思いますが、たまにしか行けません。その代わりというわけではありませんが、春から秋にかけて年に4~5回、キャンプに行っています。川や海で遊び、バーベキューをして、星を眺め、テントの中で寝るという生活は、気持ちをリフレッシュさせてくれます。

当事務所の方針

ここまで長いプロフィールにお付き合いいただき、ありがとうございます。
当事務所では、全力で「あなた」をサポートします。

「何かお困りですか?私でよければ相談にのります。」


  何か相談してみる ↓
 問い合わせボタン

事務所

名称 :橋本行政書士事務所
代表者:橋本敏浩
所在地:東京都練馬区下石神井1-8-27-305
URL:http://www016.upp.so-net.ne.jp/solicitor-toshi/
E-MAIL:junnatsu@bc4.so-net.ne.jp
営業時間:平日の9時~18時 ただし事前に連絡いただければ土日祝日も営業いたします



  

橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133