本文へスキップ

重傷以上の時は全ての検査を受けましょう

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. 重傷以上なら全ての検査を受ける

重傷以上の時は全ての検査を受ける

1.事故受傷直後に心がけること

医師病院との関係は、とにかく助けてもらいたいという思いから「受け身」になりがちですが、患者本人と家族の安心のためにもできるだけ積極的に意思表示をしていくという姿勢は大切です

救急対応の総合病院なら、救急搬送されたときに全身をくまなく検査してくれるだろう、そんなふうに考えていませんか?現実はそうでもないのです。

外見から一目見て分かる外傷や症状については検査後即治療にはいることができますが、一見して分からない症状は患者または家族が伝えない限り、他の部位までじっくり検査をしてくれることは少ないと思った方がよいでしょう。

ですから患者に意識があればその時一番痛いところだけを訴えがちになりますので、
家族としてはその他に辛いところはないか、事故前と変わったところはないか、など、漏らさず聞いてあげてください

患者が意識不明の場合でも、家族から主治医に「全ての検査を具体的にして欲しい」ということを伝えて、
可能な限りCTやMRIなどで検査してもらうようにしましょう。もし異常があれば早めに治療計画を立てることができるのです。

また、検査結果は客観的な証拠として残すことができますから、後日損害賠償請求の際に「事故との因果関係の有無」が問題になったときにも重要な証拠として示すことができるのです。


関連項目

橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133