本文へスキップ

実況見分調書とは。事故現場の調査について

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. 事故現場の調査

事故現場の調査

1.実況見分調書が作成されるときは自分の主張を強く述べる

実況見分交通事故のトラブルでもつれるケースでは、ほとんどの場合事故の事実関係(過失割合)が問題となっています。被害者としてはできる限りの証拠保全をしておくことが必要です。

事故直後警察に連絡すると、現場へ駆けつけてきた警察官は事故がどのようにして起こったかを明らかにするために
「実況見分調書」を作成します。その際、被害者も加害者も事情聴取を受けますが、自分が思ったことを正々堂々と述べることが大切です。

過失割合の判定はほとんどの場合、この実況見分調書を元に判断されますので、実況見分調書作成の際に、加害者の過失の方が大きいと思ったときにはそのことを主張するとともに、事故の目撃者を探し、その人の住所、氏名などを聞いて証言してもらうようにしましょう。


2.自分で行う証拠保全

被害者が死亡していたり、重傷を負っている場合は、一方の当事者の言い分だけを元に実況見分調書を作られることもあります。そうした状況から身を守るためには、事故直後からできる限りの証拠保全をしておくことが必要です。

事故時に身につけていた衣類、ヘルメット、靴などは絶対に捨ててしまわないようにしてください。血の付いた衣類などは目にするのもつらいものですが、洗濯せずにそのまま保管しておきましょう。

事故車も警察で保管してくれない場合は自分たちで保管しましょう。場所の都合などで保管できない場合は、
さまざまな角度でできるだけ多くの写真を撮っておきましょう

事故現場の写真も大切な証拠となるので、たくさん撮っておきましょう。路面のタイヤ痕、落下物、ガードレールの損傷など、これらのものは時間の経過とともにどんどん消滅していきますから、写真を撮ることは大切な証拠保全となります。

写真を撮るときは、あらゆる角度から何枚も撮り、
後で寸法が分かるようにメジャーなどを写し込んでおくと便利です。現場の撮影では、場所の特定ができるような目印を写し込んでおきます。

事故直後のパニック状態の中で、事故の状況について調べる余裕はまず無いと思いますが、この段階での具体的な行動がその後の運命をを大きく変えますので、是非やっておきたいことなのです。


関連項目


橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133