本文へスキップ

むちうち(頚部挫傷)の場合の慰謝料は?後遺障害(後遺症)が残った場合の等級は?

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. ムチウチ症の損害賠償

むち打ちの場合の損害賠償

こちらではむち打ち(頚椎捻挫など)の慰謝料や後遺障害について説明しています。
(このページの目次です)

1.むち打ち症とは何か

鞭打ち「むち打ち症」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって頚部(首)の急激な過伸展、過屈曲運動が起きるために生じた頚部(首)の損傷で、症状がちょうどムチのしなるような状態での首振り現象から生ずるのでこの名で呼ばれています。

しかしむち打ち症という医学上の病名はなく、「頚椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頚部症候群」などと呼ばれます。


むち打ちの症状は多種多様で、自覚症状には頭痛、頚部痛、頚部運動制限、眼精疲労、視力障害、耳鳴り、上下肢のしびれ感、首・肩の凝り、めまい、吐き気疲労感等が見られます。

しかしこのように自覚症状が多彩なわりには、レントゲン検査、脳波検査等の結果に現れる他覚的所見に乏しいのがむち打ち症の特色です。


2.むち打ちの治療期間(症状固定までの期間)

むち打ちの治療期間は1か月とか3か月などと言われることがありますが、事故の大きさ、症状の程度によって様々で、実際には数か月や1年以上の間症状に悩まされている人もいます。

ですからどれくらいが治療期間の目安と考えるべきかは難しいのですが、半年以上治療を継続しても症状があまり変わらないのであれば、「症状固定」として後遺障害の申請を検討した方がよい場合が多いです。

症状固定とは、医学的な面からは「これ以上治療を続けても大幅な改善が見込めない状態になった状態」とされていますが、それと同時に、損害賠償の面から見ると、「損害額算定の基準点」と考えられます。

言い方を変えると、加害者(の保険会社)からの支払いは
「入通院治療に関する費用(傷害部分の費用)は症状固定の時点まで。症状固定以降は後遺障害に関する費用(賠償金)となる」ということです。ただし後遺障害に関する費用である後遺症慰謝料逸失利益は、後遺障害等級が認定されることが条件となります。

 → 【関連項目】症状固定とは何か。誰が決めるのか




3.むち打ちの慰謝料はいくらになるのか

むち打ちに限らず、交通事故による怪我の慰謝料(入通院慰謝料)は、治療期間や入院、通院の日数によって決まってきます

治療費、休業損害など全ての合計が120万円以内なら、自賠責基準でよしとします。120万円を超えると任意保険基準か裁判基準になるので、被害者は裁判基準で計算をして請求します。

自賠責基準の慰謝料とは、「治療期間の日数」と「実通院日数の2倍」を比較して、少ない方に4,200円をかけて計算した金額です。

 → 【関連項目】自賠責の慰謝料計算方法はこちら

裁判基準(弁護士基準ともいいます)は、(財)日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「損害賠償額算定基準」の表を使って計算します。少し複雑ですが、計算方法はこちら↓ で説明しています。

 → 【関連項目】入通院慰謝料の計算方法

 ★なんだかよく分からない。自分の場合は? → こちらからメールか電話で相談する (相談方法の選択)


ーーーーーーもっと詳しくーーーーーー

Q.接骨院通院の場合の慰謝料は?

  • むち打ちで主に接骨院に通っていますが、整形外科(病院)に通院した場合と慰謝料は変わるのですか?

    A.慰謝料を考える上では、接骨院への通院も病院と同じです。接骨院への通院回数と病院への通院回数の合計額を考えます。

    ですが、もしむち打ちが長引いで後遺障害の申請を考えなければならない場合は、接骨院ばかりの通院は要注意です。

    後遺障害の申請は後遺障害診断書を書いてもらわなければなりませんが、この後遺障害診断書を書けるのは病院の医師だけであり、接骨院の柔道整復師は書けないのです。

    そして後遺障害等級を取るためには、(接骨院ではなく)病院への通院頻度も重要な要素となってきますので、将来後遺障害の申請をすることが考えられるのであれば、接骨院にばかり通うのではなく、整形外科にも一定の頻度で通院しましょう。

Q.むち打ちは病院に通えば通うほど慰謝料が安くなる?

  • 追突事故にあってむち打ちになりました。
    3か月ぐらい病院に通っていますが、友人に聞いたら「自賠責の120万円には治療費やMRIの費用も含まれているから、あまり通うと120万円を超えて、そのあとは通えば通うほど慰謝料が少なくなるよ」と言われました。
    慰謝料は通院1回あたり8,400円だと思っていたのですが、通うほど減って損してしまうのでしょうか。


    A.治療期間が長引いて通院回数が増えてくると、通院1回あたりの慰謝料額は減りますが、慰謝料総額が減るわけではありません。

    法律で決まっているわけではありませんが、治療費や休業損害、慰謝料などを含めた全ての損害の合計額が120万円以内なら、通常は自賠責の基準で慰謝料を計算します。
    自賠責の慰謝料は「治療期間の日数」と「実通院日数の2倍」を比較して、少ない方に4,200円をかけて計算した金額です。

    ですから一月に15日以下の実通院日数であれば、1回あたり8,400円、ということになります。

    損害の合計額が120万円を超えると、任意保険会社は独自に決めた「任意基準」で慰謝料の計算をします。
    この基準だと、例えば同じように2日に1回のペースで6か月通院したとすると、慰謝料は任意基準で64万3千円なので一月(通院15回)あたりは10万7千円、つまり通院1回あたりは約7,100円となります。

    これは「だんだん回復してくるのだから、通院1回あたりの価値は下がってきますよ」という考えに基づいています。
    ですから「通えば通うほど慰謝料は減る」ということではなく、「1回あたりの慰謝料額が減る」ということです。

    なお120万円を超えた場合、被害者としては任意基準ではなく、被害者に有利な「裁判基準」で計算して慰謝料を請求していくべきです。


4.むち打ちでの後遺障害

症状固定以降の分の補償を得るためには、後遺障害等級を獲得する必要があります。

むち打ち(腰椎捻挫の場合も同様)の後遺障害等級は、
12級13号か14級9号になります。もちろん後遺障害に該当しない「非該当」もあり得ます。

分かりやすくするため金額で比較すると、後遺障害「非該当」なら後遺障害部分についての賠償額はゼロですが(その他に通院治療に対する慰謝料はありますが)、
14級9号が認定されれば後遺障害部分だけで75万円から200万円以上
12級13号なら後遺傷害部分だけで224万円から1000万円近くにまでなる可能性があります(被害者の年収や年齢などによって変わります)。

ですから後遺障害等級が何級になるのかは非常に重要です。

 → 【関連項目】後遺障害等級は誰が決めるの?


5.等級の認定基準

むち打ちの後遺障害等級12級13号と14級9号の違いは、自賠責の認定基準では「頑固な」が付くか付かないかだけの差になっています。

等級 認定基準 説明
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの 他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの 神経系統の障害が医学的に推定され、説明がつくもの


説明の方では「証明される」のか「推定され、説明がつく」という違いが見られます。

これは基準をあいまいな説明にしていることにより、等級獲得だけを目的に治療を続けている人を廃除し、より自然な治療、回復経緯を示しても症状が残った人に対してのみ、正確に等級認定できるようにしていると思われます。

とはいえ、症状が残っているのに「後遺障害のことなんてよく知らなかった」ために後遺障害等級を逃してしまってはいけませんから、以下に、14級9号が認定されるための「自然な治療、回復経緯」とされる条件を記載いたします。

なお、12級13号の場合は以下の条件に加え、画像などで明確に確認できる「他覚的所見」が必要となります。


6.むち打ちで第14級9号を獲得するためには

以下の条件を備えていれば、14級9号が認定される確率はかなり上がってきます。

@ 事故態様(衝突や衝撃の大きさ)が後遺障害の症状を発生する程度であること


事故当時の車両の破損の状態や車両重量などから、衝突した時の衝撃はかなり大きかった、ということが分かれば、怪我の大きさとの関連性も想像できます。ですから被害者に過失が全くないので相手の車の修理代を考える必要はない、というような場合でも、破損状態を把握しておくことは大切です。

A 事故当初から病院への通院を継続していること


通院実績に乏しいと、認定されにくい理由となります。事故受傷直後から症状固定時まで、整形外科など病院での治療を続けてください。
接骨院や整骨院に通うことは構いませんが、必ず病院にも一定のペースで通院する必要があります。

また、事故から継続治療し、6か月以上経過しないと事実上後遺障害の申請をしても等級は認定されません(非該当となります)。

ですから医師が5か月ぐらいの時点で診断書に「治ゆ」などと記載してしまうと、そのことを理由に後遺障害等級が認定されにくくなってしまいます。

同様に、症状固定までの間に、
1か月以上通院しなかった時期があるような場合も「治ゆ」と推定される要素となってしまいますので、やむを得ない理由により間が空いてしまったのであれば、その理由を説明する必要があります。

B 事故直後から症状固定までの症状の訴えに連続性、一貫性があること


例えばカルテや経過診断書などの記録上では、事故直後は腕や足の打撲の痛みしか訴えていなかったのに、2か月後から頚部の痛みの記載が現れた、というような場合は、頚部の痛みと事故との因果関係を否定されてしまいがちなので、理由を補足説明した方がいいでしょう。

また、事故直後から頚部の痛みを訴えていても、上で述べたように治療のペースがあまりにもばらばらだと連続性に疑問がもたれますので、通院の回数、状況も連続性、一貫性の確認には非常に重要なこととなります。


C 後遺障害診断書の記載上、自覚症状と画像所見、神経学的検査所見に整合性があること


むち打ちの場合、レントゲンやMRIなどの画像で異常が確認できないことも多いですから、当然のことながら後遺障害診断書の書き方が非常に重要です。

後遺障害診断書に書かれた、自覚症状と画像所見や検査所見に整合性があることはもちろん重要ですが、そもそも後遺障害診断書に自覚症状や検査所見がきちんと記載されているかどうかが問題です。
いかに検査結果が正確に記載されているか、いかに自覚症状が具体的に記載されているかを確認し、検討する必要があります。

大変僭越ですが、医師は怪我を治すことについての専門家ですが、治りきらずに残ってしまった症状を事細かに証明することには必ずしも慣れていません。ましてや「後遺障害等級を取るための効果的な後遺障害診断書」を書こうなどとは考えている医師は少ないと思います。

ですからご自分で後遺障害診断書の内容を検討し、場合によっては後遺障害診断書の記載内容について医師に相談させてもらうとか、患者側から医師に必要な検査項目の要望を出す、というくらいの準備をしておくことが望ましいです。


7.第12級13号を獲得するためには

12級13号が認定されるためには、上記14級9号の条件の他、明確な画像所見があることと、その画像所見が事故に起因したものと考えられること、が必要です。

画像とはMRIやレントゲン、CTなどで、これら眼で見て確認できる所見を他覚的所見といいます。

12級13号と14級9号の認定基準の表現は14級が「局部に神経症状を残す」のに対して12級は「局部に『頑固な』神経症状を残す」の違いだけですが、認定実務上は、12級にはヘルニアなど
何らかの器質的な異常によって神経根が圧迫されていることが確認できる(他覚的所見がある)必要があります。
そしてこの所見が、事故を原因としていると考えられることが必要です。

事故以外の原因とは、経年性(年齢によるもの)がほとんどです。40代ぐらいから経年性のヘルニアが発症する可能性があると考えられています。

病変部分以外にも骨棘があるとか数か所に渡って膨隆が見られるなど、経年性と関係性のある要素も参照されるかもしれませんが、
被害者側としては外傷性か経年性か分からない以上「外傷性のものである」という前提で、症状を証明していくことになるのだと思います。


8.後遺障害診断書はどう書いてもらうか

@まず、事前に自覚症状を文章にまとめる


自覚症状は、「左手がしびれる」とか「右腕が痛い」というような大雑把な書き方ではなく、「右腕内側の肘から親指にかけてしびれがある」という感じで細かく記載しましょう。そうすると検査所見や画像所見との整合性が取れやすくなります。

また、日常生活での動作の中で感じる痛みや不都合も書くと、第三者がイメージしやすくなりますのでよいでしょう。

例えば単に「首が痛い」と書くよりも、家事従事者であれば「洗濯物を干すときに顔を上げると、刺すような痛みを感じるので、上を向かずに干さなければならない」とか、「壁掛けの時計を見上げると首に我慢できない痛みを感じるので、体ごと振り向いたり上の方を向いたりしなければならない」などという書き方です。

A神経学的検査を受け、検査結果を記載してもらう


神経学的検査とは、以下のようなものです。

 ジャクソンテスト 頭部を背屈させ、前額部を下方へ押えるテスト。上肢に放散痛が生じた場合、神経根症を疑う。
 スパーリングテスト 頭部を後屈かつ側方へ屈曲させ、頭頂部を下方に圧迫するテスト。上肢に疼痛・放散痛が生じた場合、神経根症を疑う
 徒手筋力検査 筋力の低下が生じていないかを測定する検査。
5(正常)〜0(筋収縮なし)の6段階で測定し、筋力低下が生じている筋肉を確認する。各神経根の障害部位により、筋力の低下がみられる筋肉は異なる。
 腱反射 打鍵器により各神経を直接刺激し、反射異常が生じていないかを調べる検査。
神経根症状の場合、腱反射が低下・喪失し、脊髄症状の場合、腱反射は亢進(過剰反応)する。
 
 筋委縮検査 上肢または下肢の周囲径を図り、筋委縮が生じているかを確認する。
運動神経が障害され筋力低下が生じている場合、筋肉の使用頻度が減り、筋肉がやせ細る。

自覚症状と検査結果が整合する部分についてのコメントをもらいましょう。例えば自覚症状で左手中指、ひとさし指に知覚麻痺がある場合、検査で上腕三頭筋反射の低下などがあれば、自覚症状を裏付ける結果となります。

 → 【関連項目】神経学的検査をもっと詳しく

B画像所見との関連性、整合性を記載してもらう


MRIなどの画像で、例えばC5/C6間で突出が見られれば、「左肩が痛い、左ひじ内側から親指の先までしびれている」という自覚症状の裏付けとなります。このことについて医師にコメントを記載してもらってください。

 → 【関連項目】後遺障害診断書のポイントについてはこちらも参照ください


9.むち打ちでの経過診断書の注意点

病院では毎月、経過を記載した診断書を医師が作成して保険会社に送っています。

 → 経過診断書について

その診断書では、治療について「治癒・中止・継続」を選ぶところがありますが、ここで「治癒」とされた場合、後遺障害の等級が取れないことがあります。

例えば、頚椎捻挫や腰椎捻挫などで、保険会社から治療の打ち切りをされ11月30日に治癒とされたとします。しかし、症状が残っているので12月10日に後遺障害の診断を受けたとします。

すると、
「11月30日に「治癒」と判断される程度の症状であるから後遺障害には該当しない」と判断されてしまいます。医師は細かい事を考えず、保険会社からの治療費直接払いが終わったからという理由で「治癒」に印をつける場合があるのです。

書類審査だからこそ、こういった細かい部分が等級に影響を与えるのです。本来であれば、ここは「中止」とされるべきです

もっとも、後遺障害でいうところの「治ゆ」という言葉自体は、完全に元通りに治ったという事ではありません。後遺障害の認定基準でも「傷病が治った時に残存する」症状とされています。

例えば、明らかな後遺障害と言える骨の変形癒合が残っているときに、診断書で「治癒」に丸が付けられても、これが理由で後遺障害に該当しないと判断される事はありません。

結局、診断書の「治癒」が等級に影響を与えるかどうかは、それまでの経過によるところが多く、無難なのは「中止」という事になります。

ところで、良く質問があるのですが、ここで「中止」とされたとしても、その後、自費で通院を行う事は可能です。


<まとめ>

  • T 自覚症状は前もって書き出しておき、後遺障害診断書にきちんと記載してもらう。
  • U 必要な神経学的検査を受け、後遺障害診断書に記載してもらう。
  • V 画像所見があれば、コメントを記載してもらう。

関連項目


「知らない被害者は損をする!?」小冊子プレゼント
・交通事故なんて初めてでどうしたらいいのか…
・慰謝料は妥当なの?(計算方法は?)
・後遺障害(等級)て何?大事なこと?
・何が何だかわからない
・保険会社が…
などなど
そんな方は
「交通事故被害者のための
”損をしない”損害賠償請求ガイド」
(無料)
をご請求ください。
こちらをクリック ↓
早ければ早いほど効果があります!

こんな質問はずかしいし・・・」
「自動車の事故じゃないし・・・」
「正式な依頼は考えてないし・・・」
「もう後遺障害等級は決まっちゃったし・・」
メール相談フォーム

   

橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133