本文へスキップ

交通事故で損害賠償請求できる範囲は?対象となる項目は?

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. 損害賠償請求できる範囲

被害者が損害賠償請求できる範囲

1.何が請求できるの?

交通事故の被害者が加害者に損害賠償を請求するためには、どのようなものが損害賠償の対象となるのかを理解して、具体的な損害額(請求額)を計算しなければなりません。

この費用認められる?損害賠償の対象となるものには、

財産的損害精神的損害
があります。さらに財産的損害は、
積極損害と消極損害
に分類されます。

損害賠償請求できる範囲 

積極損害とは、交通事故によって現実に支出した、または支出することになる損害のことです(治療費や車両の修理費など)。

消極損害とは、交通事故がなければ得られたであろう利益を失ったことによる損害のことです(交通事故で会社を欠勤しなければ支払われていたはずの給与など)。

※「示談金と慰謝料の違い」はこちらで説明しています→ 示談金と慰謝料の違いとは

精神的損害というのは、その交通事故によって被害者が感じた苦痛や不快感のことです。一般に慰謝料と呼ばれています。


積極損害は治療費や交通費などの実費

消極損害は得られたはずの損害

逸失利益も消極損害(逸失利益ってなに?)

慰謝料は精神的損害(どう計算するの?)



ーーーーーーもっと詳しくーーーーーー
●損害賠償請求できる人は誰?支払う義務義務がある人は?(誰が誰に請求する?)

●損害賠償で男女に差?

2.損害賠償の算定基準

請求の範囲損害賠償の算定基準には、代表的なものとして以下の3つの基準があります。

@自賠責保険の基準
A各任意保険会社の基準
B財団法人日弁連交通事故相談センターの基準


日弁連基準では、裁判例の集積を基に損害賠償額の基準を示しており、裁判基準とも呼ばれます。
※被害者は裁判基準で計算しましょう


関連項目


橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133