本文へスキップ

交通事故の慰謝料請求にも時効がある?

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. 慰謝料請求の時効

交通事故慰謝料請求の時効について

交通事故に関する時効は、ひき逃げ犯の「刑罰の時効」や、被害者の「損害賠償請求権の時効」などがありますが、ここでは被害者の立場から、損害賠償請求権の時効について説明します。


1.慰謝料など損害賠償請求の時効

時効交通事故の被害者が加害者に対して「慰謝料」などの損害賠償を請求できる権利「損害賠償請求権」は、長期間行使しないでほったらかしておくと、時効で消滅することになります。

時効が完成する期限は
@被害者が交通事故による加害者及び損害を知ったときから3年
A交通事故日より20年

のどちらかです。

ひき逃げなどによって結局加害者が分からなかったというような特別な場合を除いて、@の3年の時効期間が適用される場合が多いでしょう。

ただ@の「加害者及び損害を知ったときから3年」は、以下の場合は「加害者が債務を承認した(支払い義務を認めた)」として、時効が中断されて新たに時効までの期間が始まると考えれますので、実際には
以下のいずれかのうち一番最後の日から3年、と考えてください。

  • 1.治療費や休業損害の一部など、被害者の損害の一部を支払ったとき
  • 2.保険会社から金額の提示や支払い条件の提案などの通知があったとき
  • 3.損害賠償のことについて加害者や保険会社と話をしたとき
  • 4.症状固定日(後遺障害等級が認定された時)

 → 時効になってもあきらめるのは早い?

2.保険金請求権の時効

保険金の請求とは、自分が加入している保険にお金を請求することです。加害者が被害者に治療費などを立て替えた後に自分の自賠責に立て替え分を請求する場合や、被害者が自分の入っている保険に傷害保険などを請求する場合がそれに当たります。

保険金請求権の時効は、以下のとおりです。

  • 治療などの傷害に関するものは交通事故日の翌日から3年
  • 後遺症に関するものは症状固定日の翌日から3年
  • 死亡事故に関するものは、死亡日の翌日から3年


自賠責保険の加害者請求は、加害者が被害者や病院などに対して
損害賠償金を支払った日の翌日から3年で時効が完成します


ーーーーーーもっと詳しくーーーーーー
Q.保険屋さんと話がまとまらないまま事故から3年経ちそうですが・・・
  • 損害賠償請求権(加害者や加害者の保険会社に請求する権利)の時効は3年です。
    被害者が自分の人身傷害保険に請求したり、加害者が自分の自賠責保険に加害者請求をしたりする「保険請求権」も3年で時効です。


    ではいつから3年か、ですが、法律的に言うと
    「相手が債務を認めたとき」から3年
    です。
    具体的には、「相手(加害者。保険会社も含む)から一部分でも被害者が支払いを受けたとき」「相手(保険会社)が賠償額の提案(金額の提示)の書面を最後にくれたとき(口頭でも可)」などです。この他に後遺障害等級が認定された場合は「症状固定日」から3年です。


    上記の全ての出来事のうち、一番最後のときから3年が時効です。


    ですから通常、
    加害者の任意保険会社と後遺症や金額の話し合いをしている限り、時効の心配はする必要はありません。

関連項目


橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133