本文へスキップ

過失割合(過失相殺率)はどのように決められるのか

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

  1. トップページ
  2. 過失割合の判断基準

過失割合はどのように決められるのか(判断基準)

1.過失相殺の算定基準がある

過失相殺における過失割合の判断を迅速かつ定型的に行うことができるようにするために、裁判所や弁護士会は過去の裁判例などを参考にして、典型的な交通事故の形態について過失割合を判断するための算定基準表を作成し公表しています。裁判所や保険会社は、おおむねこの算定基準に沿った形で過失割合を判断しています。

 → 過失割合(過失相殺率)は誰が決めるのか


民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(全訂5版)
【東京地裁民事交通訴訟研究会編、別冊判例タイムズ第38号】
民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(2017年版)
【(公財)日弁連交通事故相談センター東京支部編】
交通事故損害額算定基準(25訂版)
【(公財)日弁連交通事故相談センター編】

2.算定基準表の見方

算定基準表による事故の形態は、次の5つに分かれています。

@歩行者と車
A4輪車同士
B単車と4輪車
C自転車と4輪車
D高速道路上の事故

これらの事故の類型ごとに事故当事者の過失相殺率(基本過失相殺率)が明記されています。また、基本過失相殺率を修正するための修正要素に該当する場合には、その修正要素ごとに5〜20%の加算または減算をすることになります。

なお、算定基準表に記載されている修正要素はあくまでも例示にすぎませんから、これ以外にも過失相殺に反映させるべき事由(例えば運転中の携帯電話など)がある場合には、修正要素として考慮する必要があります。

3.算定基準表の使い方

具体的な事故において過失相殺率を検討するためには、下の図のような流れで算定基準表を使っていきます。

1.事故類型の選択

  • 当該事故の形態を見て、算定基準表のどの類型に該当するのかを検討します。該当する類型がない場合には、どの類型に類似するかを検討します。

2.修正要素該当性の検討

  • 当該事故において、1.で検討した類型の修正要素に該当する事情があるか否かを検討します。

3.過失相殺率の計算

  • 最後に、該当または類似する類型に記載されている基本過失相殺率に修正要素ごとの割合を加減して、当該事故の過失相殺率を計算します。

双方の主張が違い、話がまとまらなければ最終的には裁判官の判断によることとなります。



橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133