本文へスキップ

交通事故の相談は専門の事務所に!人身事故の慰謝料の相場は?後遺障害等級は?など

TEL.03-5393-5133

〒177-0042 東京都練馬区下石神井1-8-27-305
橋本行政書士事務所

交通事故相談会行っています。練馬区、板橋区、杉並区、中野区、世田谷区、その他首都圏対応しています。

・ちゃんと補償してもらえる?
・まだ通院を続けていいの?
・後遺障害をきちんと評価して欲しい
・本当に相手に言われるとおりしていていいの?


そんな疑問や不安をお持ちではありませんか?

知らないまま、損をしないでください!

泣き寝入りはしない!

事故発生から解決までの一連の流れの中で起こる、多くの「分からないこと」


事故に遭って怪我をしてから全て解決するまでの一連の流れは
事故解決までの流れ
継続治療
 ↓
後遺障害の申請、認定
 ↓
相手方と賠償の内容を話し合い
 ↓
解決


となりますが、その間

・休業損害を請求するために
会社に「休業損害証明書」を書いてもらったり

・通院の交通費を払ってもらうために
保険会社に「通院交通費明細書」を求められたり

・「
タクシー代は最初の2か月分しか払えない」と言われたり、

・保険会社から「
今月いっぱいで治療費の支払い終わりとさせていただきます」と、治療が続いているのに治療費の打ち切りを言われたり、

とにかくよく分からないことや不安になることや腹を立てることがたくさん起こります
後遺障害等級の獲得

慰謝料の相場って?後遺障害の等級は?


「交通事故の慰謝料(示談金)の相場ってどれくらい?」とか

休業損害証明書を出せといわれたけど、書き方がわからない」

「後遺障害の等級に不満だけど」

後遺症の慰謝料は妥当なの?」

慰謝料の計算方法は?」

むち打ちが長引いているが・・」

「そもそも示談金と慰謝料の違いって?」
など、様々な疑問を持ってここまでこられた皆様もたくさんいることと思います。
入通院慰謝料
これら各場面、各項目での最も適切な対応を理解していたり、
来月または数か月先に相手方が言ってきそうなことを事前に把握できていたりすれば、安心して治療に専念できると思います。

まずは → 「交通事故の被害者になったときにするべきこと」

後遺障害等級の獲得


交通事故に遭って怪我をしてから、最終的に全て解決(=正当な損害賠償額の獲得)するまでの間で、最大の山場であり最も重要なことは、なんと言っても「
後遺障害等級の獲得」です。

もちろん後遺症なんて残らない方がいいのですが、症状が残っていたらきちんと後遺症として評価をしてもらい、相応の賠償額をもらうことがその後の生活のためにも必要なのです。
怪我の程度にもよりますが、後遺症のことは治療中から意識した方がいい場合が多いのです。

 【参考】弊所でお手伝いさせていただいた方から頂いたメッセージはこちら

知識を持とう


ここまでたどり着いてきたみなさまは、もう解決のきっかけをつかみかけております。現実を受け入れ、今後できる最良の方法を考えてまず一歩ふみだし、最後に実益をつかみ取りましょう。
心配いりません 
ただそうは言っても、交通事故をめぐる問題は、衝突の状況、怪我の程度や部位などそれぞれ全て違いますので、個別具体的な状況に応じて判断しなければなりません。。
そのためにも当事者であるみなさまが、ある程度の知識を持つことが大切です。

こちらでは、過去の事例などを参考にしながら、法律的な側面も交えて交通事故に関する情報をわかりやすく説明し、そのことによって被害者の方が、相手側との話し合いやその他の紛争解決機関などを利用した解決のための参考にしていただけることを願っております。




「知らない被害者は損をする!?」小冊子プレゼント
・交通事故なんて初めてでどうしたらいいのか…
・慰謝料は妥当なの?(計算方法は?)
・後遺障害(等級)て何?大事なこと?
・何が何だかわからない
・保険会社が…  などなど
そんな方は
「交通事故被害者のための
”損をしない”損害賠償請求ガイド」
(無料)
をご請求ください。
こちらをクリック ↓
小冊子プレゼント
早ければ早いほど効果があります!


悩むよりまず無料相談メールをご利用ください↓
 メール相談フォーム

●「何を聞いたらいいか分からない」方はこちら↓
 詳しい相談フォーム

●過去にいただいた相談メールへの回答もご参照ください→ 過去の相談メール

閲覧数

橋本行政書士事務所橋本行政書士事務所

〒177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-27-305

03-5393-5133


(c)フリーメディカルイラスト図鑑