1月15日(木)虫のいい 話を好む 20代
1月14日(水)切り札と して取り出された 砂時計
1月13日(火)わけもなく 悲しいはずが ないんだが
1月12日(月)彗星の ように現れ 売れてます
1月11日(日)フィクションと 現実に起きた 悲しさと
1月10日(土)市内にある 峠を2つ 見て回り
1月9日(金)寂しさと 弱さと怠けと 逃げ癖と
1月8日(木)売り物の 本に誤植の 雨あられ
1月7日(水)何となく 違和感のある この寒さ
1月6日(火)縦よりも 横書きに流れ 変わりつつ
1月5日(月)災難は 忘れた頃に やってくる
1月4日(日)書くことに 困ってしまう 寂しさも
1月3日(土)客づらを すべきところで できないと
1月2日(金)初詣 飲んでその後 しりとりに
1月1日(木)正月の 憂鬱のタネは これにあり
日記猿人への投票ボタンです。
私宛の訪問通知
1月15日(木)

 日本語を勉強している人が多いせいか、地下鉄やバスに乗ると日本語の教科書を広げている学生をたまに見かけます。今日はたまたま私の横に女子大生と思われる人が座りました。結構上級クラスのようで、見ていたノートを覗いたら、「〜といえば、〜を思い出す」とか構文もかなり上級者向けだったようです。作文もかなりできているように思えました。ちなみにその横で私は韓国の伝統芸能について書かれた資料を見ていました。横の人が気付くようにあえて目立つように広げていましたが、気付かなかったようです。まあ、別にそんな可愛くもなかったし、いいのですが。それにしても韓国のまじめな大学生はみんな同じような顔をしている。

 まあ誰でもそうだとは思いますが、こういう場面で横に可愛い子が座ったりすると親切な日本人を装って声をかけたくなるのが人情というものでしょう。お面の下は狼だったりしますが。私も一度そういうことをやってみたかったりしますが、小心者のため未だにやっておりません。そんな虫のいい話があるものか、と思いながらも自分だけには虫のいい話が転がってくるとか少し思ってます。でもなあ、相手が大学生だと結構やばい年になってきてるよなあ。



日記猿人参戦中!!投票はアドレス登録制です。を押すと投票されます。1日1票でいいです。
なおを押してくれると私のところにメールが来ます。遠慮せずどんどん押して下さい。5連打までOK!(アドレスを知られたくない人は押さないでください)
ホームはこちらです。
・感想、御意見、御要望はこちらへどうぞ。

検索設定

1月14日(水)

 ソウル放送(通称SBS)という放送局があります。民放なのですが、最近視聴率がおもわしくなく競合するKBSとMBCとは明らかに水を開けられています。そのためか、SBSは切り札を繰り出しました。95年に放送されて驚異的な視聴率をとった「モレシゲ(砂時計)」というドラマの再放送を夜の9時50分からというゴールデンタイムにぶつけてきたのです。とにかく韓国人にこのドラマのことを聞くと「本当に面白い」「それが放送されたときには街から人がいなくなった」等々、評判は大変な物です。題材は光州の学生運動らしいです。ただ暴力的なシーンが多いので、一部削除されて放送されるという話が新聞に載っていました。

 それで1回目を見ました。まず、放送開始時間が10分近く遅れていたのであせりました。ビデオを撮ろうとするときは、本当にテレビの開始時間のアバウトさにはまいります。今日はたまたまそれまでに家に帰って来れたのでよかったですが、逆に早く始まったりすることもあるので困り者です。さて、筋の方ですが、今日は主人公の学生時代を中心にやっていました。ちょっと内容が良く分からない部分が多かったです。ただ、主人公の親友の幼少時代を「ナムジャセッ ヨジャセッ」のホン・ギョンイン氏が演じていて、なかなか感動的でした。なぜ、彼はピンデになってしまったのでしょう。

 そんなわけで久しぶりにドラマを連続で見てみようかと思います。水、木、土、日の放送なので大変ですが。
1月13日(火)

 私がホームページを始めたきっかけは、
日記猿人でした。ここにあるたくさんの個人のページに刺激を受けて、そして自分の日々の生活の方が面白いじゃないかという、全く思い上がった動機でした。でも、その一方でもっと面白いページがあればいいのにと思うことが多々ありました。そう思いながら続けてもう1年と2ヶ月になろうとしています。その間にいろいろなところが出てきて、いつの間にか日記のほうから韓国関連のところの方が面白くなっていきました。その間に自分のページの方がつまらないじゃないかと思うようなページも現れ、やめようかと思ったこともありましたが、とりあえず韓国にいる間は続けようという目標を最初にたてているため、何とか今に至っています。

 なぜか分かりませんが今日は悲しいです。早く明日になってくれ。


1月12日(月)

 月曜日からとても疲れています。眠い、眠い。というわけで、帰って9時から熟睡。

 さてと、今一部で盛り上がっているのが、最近デビューしたSESという女子高生3人のアイドルグループ。少なくとも私が韓国に来てから2年間ではじめての可愛い系のアイドルグループといえるでしょう。
YAHOO!KOREAで検索するともう3つもページがありました。それにしても、何で今まで韓国にこういうグループがいなかったのでしょうか。私の全くの推測ですが、しょっちゅうメンバーが変わる最近の韓国歌謡界や次々と女性歌手が続々グループから独立してソロデビューするのを見ると、目立つ子を3人一緒にして売り出すのがもったいないということでしょうか。

 ところで、このメンバー構成は純韓国人1人、在米僑胞1人、在日僑胞1人と構成。中心は純韓の子のようです。在日の子は今高校1年生で中2まで日本にいたそうです。好きな歌手は安室奈美恵になっていました。それにしても僑胞好きの韓国ミーハー歌謡界は相変わらずと言ったところでしょうか。本当に好きなんですよねえ。僑胞が。これを見ていると何でも外国製品が好きというのも分かる気がします。


1月11日(日)

 朝、「西便制」というパンソリを題材にした韓国映画を見ていた。あまりに悲しい映画だった。見たときには読みとれなかったが、父親が娘のパンソリを上達させるために(恨を植え付けるために)薬を飲ませて失明させたり、パンソリが嫌になってやめてしまった弟が、かなり後に失明しながらもパンソリを続けている姉を訪ねて、一晩パンソリをやり合う、しかし、お互いに姉弟であることに気付きながらもそれを一言も言わずに帰ってしまう等、ちょっと悲しすぎた。ここまでどうして悲しくできるのだろうか。あまり見ていないけど韓国の映画などはこういうのが多そうだ。どうでもいいが、今OBラガーのCMに出ている人が、姉と一緒に住んでいた男の役で出ていたので、そこにも別の意味で感動してしまった。

 その後、午後から戦争記念館を少し覗いてきた。内容は、過去の戦争の歴史と、朝鮮戦争の歴史、そして軍の設備等の紹介などが中心である。外には朝鮮戦争時の武器や飛行機等が展示されている。私はこういうのにはあまり興味がないのだが、好きな人にはたまらないものだろう。それにしても、この国は攻められてばかりである。何とか必死になって守ってはいるが、かなりの痛手を負ってようやく止めるというのが多い。それと、何か月並みではあるが、本当に戦争なんてやりたくないと思った。自分はああいう場に行くと真っ先に死んでしまうようなタイプのような気がするから。大体そんなところですか。あ、ベトナム戦争への海外派兵の展示もあったけど、あれを見ていてベトナムの人間は頭がいいなと思った。数の不利を不利としないような戦術をとっている。なるほどね。


1月10日(土)

 ふらっとミアコゲ(弥阿峠)とアリランコゲ(アリラン峠)に行ってきた。アリランの中に出てくる舞台のアリラン峠であるが、現在はそこは特に何があると言うわけではなく、単にバス停があるだけのところだった。ミアの方は城壁が少し残っていたりしたのだが。何かもう少し知識を持ってでかければよかったが、少し無駄足のようになった。でも、日本だったら、何か分かりやすく表示してるよな。

1月9日(金)

 以前は私、酒に酔わない方だったのに、最近すっかり弱くなってしまい、どうも酔いやすくなってしまった。不思議だけど、最近急にそうなってしまった。何でだろう。まあ、冷静に考えてみるとペースが早いし、焼酎をたくさん飲むようになったからそうなのだが。

 全然終わっていないのだが、心のつかえになっていたものをとりあえず乗り切ったから何となくすっきりした。本当はここですっきりしてはいけないのだが、すっきりしてしまった。それはチェックインだけ2時間前にして空港でもたもたしているのに似ている。ああ、今週も終わり。着々と帰国の日が近づいてきている。何か寂しいのお。


1月8日(木)

 昨日、寒くないとか書いていたら突然雪が降り出しまして、気がついたときには外が真っ白でした。雪自体はかなり吹雪いていて、午前中いっぱいはずっと降っていたのですが、それでもさほど積もらず、雪が止んだ午後にはもう大通りの道ばたからは雪が消えていました。実際に気温自体はさほど下がらなかったようです。だから、あながち寒くないというのもはずれているのではないのですが。

 ところで、最近報告書を書くのに書物を翻訳しているのですが、どうもこの本誤植が多いんです。何か韓国語を完璧に出来ない私から見ても明らかに、誤植というのがいくつもあります。地名を間違えられたりしたら致命的ですね。それは文脈上どう見ても違うということが分かったので良かったのですが。ただ、それだけならいいのですが、今日見ていたらどう見てもページが抜けているところがあったのです。しかしながらページは連番でついている。だから落丁ではない。全く必要な個所だったんですが、ちょっと出版元に問い合わせしてみようと思います。しかし、こんな本なんで内容についても疑わしく思うようになってきました。といっても他に拠り所がないというのが現状なんでちょっと。

 それから訳していて思いましたが、やはりハングルだけで表記されていると間違えやすいですね。例えば「調整」と「造成」とか、「収用」と「需要」とか。日本語読みを知っているだけにかえって間違えやすいです。それから読み間違えたりすることもよくあります。何せ棒一本で読みが変わってしまいますから。あと、たまに同音異義語で全く反対の意味になる言葉があります。何だったか忘れてしまいましたが、これなんかは漢字があればいいのにと思います。ハングル自体は悪い文字ではないですが、やはり読み間違えが多いのではないかと心配になります。


1月7日(水)

 すべきことがあるのに、今日も遊んでしまいました。またノレバンに行って、勉強もせず。それにしても寒くならないですね。今日は少し雪もちらついていましたが、それでも気温は下がらない。寒くないと言っても、道にある雪は凍り付いているんだけど、どういうわけか寒く感じない。不思議なもんだ。どうでもいいですが、伊藤みどりはどうしてあんなに不細工になったんでしょう。私、昔一時期ファンだったんですが。まあ、当時から可愛くはなかったですけど。本当にどうでもよかった。

1月6日(火)

 私にとっては今日が仕事始めでした。別に仕事始めだからどうということはありません。いつもと一緒です。違っているのは挨拶をすること。あれには、最初は当惑しましたけどね。なぜかやっています。今も日本でやっているんでしょうか。あれ。

 ところで、新しい年になって私が家でとっている東亜日報が縦書きから横書きに変わりました。慣れないせいか、ちょっと読みにくいです。ずっと縦書きに慣れてきましたから。韓国の新聞はハンギョレ新聞の成功から中央日報など、横書きにする新聞が増えてきています。何となく固いイメージは確かになくなりますが、私からするとかえって柔らかすぎるような気もします。多分この様子からすると今後も縦書きから横書きにする新聞が増えて行くんでしょうね。そういえば、横書きになったので新聞の開き方が右開きになってちょっととまどいました。いつもの癖で左からめくろうとしたのです。まあ、これもそのうち慣れることでしょう。


1月5日(月)

 帰ってきたのはいいのですが、いきなりヘマをしてしまいました。モデムを壊してしまったのです。原因は電圧を間違えたため。このモデムは110Vと220Vの切り替えで使えるようになっていて、日本へ持ち帰って110Vの状態で使っていたのですが、それをこちらで使おうとして、電圧を切り替えぬまま220Vのコンセントに差し込んでしまいました。スイッチを入れるとモデムからはジーッという変な音がして、「あ、そうだ」と思った瞬間にはもう遅し。コンセントからは白い煙が上がり、慌ててコンセントを抜きました。電圧を切り替えてもう一度コンセントに入れてもうんともすんとも言わず。そんなわけでインターネットは出来ないはずでした。

 しかし、準備がいいというか偶然と言うかカード型のモデムを私は一つ持っていたのです。助かりました。ほとんど使っていなかったのですが、こう言うときに役に立つとは。ちょっと面倒ですが、何とか使えそうです。新年早々失敗してしまいました。皆さんも電圧には気をつけましょう。完全に私は油断していました。


1月4日(日)

 田舎に帰ってくると書くことがなくて困ります。今日はぶらっと富山市内へでかけて、駅前のデパートでおみやげやCDを見てました。当然予測していたというか分かっていたことではありますが、富山では韓国のCDなんか全く置いてないです。かろうじてたまに李博士があるくらい。情けないぞ。ああ、日本に帰ってからはソウルにCDの買い出しに来なければ。

 結構この富山は住みよいことでは全国トップクラスにあるところなのですが、本当に住みよいかというと都会で暮らしていない人間にとっては、そのあたりが良く分かりません。私は都会の方がいいと思っている人間なので。田舎だと私のような単独で動く人間が行ってうろうろ出来るところが少ないと思うから。それから車がないと動けないというのもちょっと好きではない。私は電車やバスの方が好きだから。そんなわけでやはり書くことがなかった。さあ、明日からまたソウルへ戻るぞ。


1月3日(土)

 温泉なんぞに行ってきました。こういうところの旅館に行くと日本のサービスの質に驚きます。私はあそこまでやられると困ってしまうくらいに日本の旅館は客に対して尽くしますね。外国人が見るとあれはどう思うんでしょう。私なんかはついついいらない気を使ってしまって自分でお膳を下げてしまったりしてしまいます。慣れてないからでしょうね。普段は気を使わないのにこういうところに行くと客づら出来なくて困ります。まあ、だからどうというわけではないのですが。

1月2日(金)

 本日は初詣のはしごをして来ました。合計5カ所。地図を持たずに行っても正月には初詣の案内しか出てないですから、だいたいその辺という地理感覚さえあれば行けます。私は昔からあまり初詣をせず(家があまりそういうことをしなかった)、ひそかに憧れていたりもしたのですが、こうやって普通の過ごし方をするというのもいいものです。今日行ったところは県内では有名なところではありますが、一度も行ったことのないところが多く、結構満足できました。

 昼間はそれで時間をつぶして、夜は一緒に行った知り合いの韓国グループの2人(日本人1人、韓国人1人)と居酒屋に行って日本酒を飲んで刺身を食って。刺身はやはり地元のがうまいです。それからカラオケに行って韓国の歌を歌い。数はまあまああるのですが、いわゆる最新歌謡がないので結構つらかったです。昔の歌ばかりでしたしね。どうして、「南行列車」がないんだい。そして、なぜか最後はミスタードーナツへ行き、韓国語しりとりに。ハングルでやると「ン」でも別に終わらないので、言葉につまるまで続くという持久戦のしりとりになる。といっても、やっているうちにいくつか必殺技も出てきたりしていましたが。そんなところでした。あのしりとりはなかなか良かったです。


1月1日(木)

 まあ、こんなこと言ってはいけないのでしょうが、お正月の嫌なこととして年賀状を書くことがあります。出していないところから来たりしたときに年賀状を出すことです。私の場合、元々書く枚数が少ない上に今年は面倒でほとんど書いていないこともあって、今日たくさん書くことになりました。私は昔から筆無精、面倒くさがりであるのでこういう作業が最も苦手です。送られてくるきれいな年賀状を眺めながら、何を書こうかと悩むわけです。ですが、今年はどういうわけか書くのがあまり苦にはなりませんでした。理由は、1.絵を描かなかった、2.いつも日記を書いていて字を書くのが苦にならなかった、こんなところでしょうか。日記を書いていればいいこともあるんですね。まあそんなわけで年賀状をだらだらと3時頃までかかって書き終わりました。

 その後も何をすると言うわけでもなく、「踊る大捜査線」のスペシャルのビデオを見ておりました。なるほどこういうドラマなんですね。こういうドラマは韓国にはないよなあ。と、無理矢理韓国につなげて終わり。


ホームへ