10月15日(水)たまらない アンタあの子の 何なのさ
10月14日(火)またしても ラーメン大好き 小池さん
10月13日(月)粗大ごみ 自分の力で 片づけろ
10月12日(日)山登り 韓国人の ふりをして
10月11日(土)本人の 自由なんだし 好きにさせて
10月10日(金)へろへろに なってそれでも 歌うのだ
10月9日(木)地下鉄で 慌てて降りる 客多い
10月8日(水)冷え込みと 関係ないが 物忘れ
10月7日(火)大量に もらった椎茸 どう食べる
10月6日(月)仕切ったと 思えば一人で 余興もする
10月5日(日)結婚式 合間に昇った テレビ塔
10月4日(土)名古屋にて 小ネタばかりの 街歩き
10月3日(金)片言の 意思疎通と 遅いバス
10月2日(木)新しい 上司が赴任 歓迎会
10月1日(水)年末の 選挙のカギは 地域性
日記猿人への投票ボタンです。
私宛の訪問通知
10月15日(水)

 前々から「日本語は英語をカタカナにしてそのまま取り入れて、それで日本人は分かっているような気になっている」というような意見をたまに見かけます。韓国でも外来語が増えてきており、その意見は韓国人にだけは言われたくないと思いますが、スポーツ新聞などを見ていると、それも仕方がないと思えるようなことに出くわします。野球やサッカー用語を見ているだけでもそうです。

 今手元にある新聞から拾いますと、まずそもそも日本ではサッカーというのに、韓国では蹴球(チュック)といっています。アウェイの試合のことを遠征競技といいますし、メインスタジアムは主競技場、カウンターを奇襲攻撃、マンツーマンを対人防御、ゾーンディフェンスを地域防御、ウイングをナルゲ(翼の意味)、サイド攻撃を側面突破、ミドルシュートを中距離シュート等々、他にもいろいろあります。ウィングをナルゲと呼んでいるのには喜んでしまいました。こういうのは、日本で昔ストライクを「よし」と言っていたのに通じるものがありすごく好きなんです。

 このようにいろいろある中で私が最も好きなのは野球の「ヒット」を「安打(アンタ)」と言ってくれること。テレビを見ていると嫌でも耳に残ります。特に「アンタ」の「タ」を少し強めに言うのが何ともいえない。「打ちました。アンタ〜、アンタ〜。」たまりません。私は異常ですか?



日記猿人参戦中!!投票はアドレス登録制です。を押すと投票されます。1日1票でいいです。
なおを押してくれると私のところにメールが来ます。遠慮せずどんどん押して下さい。5連打までOK!(アドレスを知られたくない人は押さないでください)
ホームはこちらです。
・感想、御意見、御要望はこちらへどうぞ。

検索設定

10月14日(火)

 今日の昼にラーメンを食べました。韓国に何回も来ている方ならご存じかもしれませんが、韓国でラーメンと言えば食堂(ほとんどは粉食(ブンシク))で食べる場合でも、インスタントラーメンが出てきます。日本のような生ラーメンは出てきません。値段は1500〜2000ウォンで安いと言えば安いのですが、元の値段を考えると高いと思ったりもします。そのインスタントラーメンの中でも圧倒的なシェアを占めるのが、農心の「辛ラミョン」。数値を忘れましたが、韓国人1人あたり1年で何十食食べているらしく、最近のCMでは中国にも工場が出来ましたとか言って宣伝しています。最近では日本でもカップラーメンが発売されたらしいいですね。

 で、味ですが初めて食べたときは「これはダメだ、辛すぎる」と思ったのですが、だんだん慣れてきて、最近はうまいと感じるようにまでなってしまいました。インスタントですから自分でも作れるのですが、何回食べても店で食べる方がおいしいです。溶き卵が入っているのがポイントなんでしょうか。スープの味も違うような気がする。あれは不思議です。それと日本のインスタントラーメンと決定的に違うのが、麺にコシがあること。多少ゆですぎても、日本の麺のようにふやけません。これだからうまいのかもしれません。まあ、どう見ても栄養があるようには見えないのでそこそこにした方がいいのかもしれないですが、結構食べてしまいます。たまにはサッポロ一番味噌ラーメンのように、玉子や椎茸、ニンジンなど、季節のお野菜を入れて食べるのがいいのかも。


10月13日(月)

 ずっと前から、私のアパートの部屋と隣の部屋との間に壊れた食器棚が置いてあった。そもそも、自分の部屋と隣の部屋の間に置いてあったのが気に食わなかったが、それでも放っておいた。それが、数日前から自分の部屋の方に寄ってきていた。何度も元に戻したが、今日帰ってきたら自分の部屋の前に散乱していた。カチンときた。隣の部屋に電気がついていたので、ベルを押して確かめようとした。でも出てこない。何度ベルを押しても出てこない。結局、警備のおじさんに言って片づけてもらった。これが本意じゃなかったが。隣の部屋は大学生の男が共同で住んでいるようで、たまに出前をとっては皿を洗わずに出してあるし、ろくでもない。翌朝、窓が開いていたので確かめたら、確かにあの食器棚は自分たちのものだったそうだ。
このどアホが!自分のゴミくらい自分で片づけい!


10月12日(日)

 今日は職場の運転手さんと職場のもう1人と一緒に山登り。今週末は久しぶりに充実しているな。ちなみに韓国で登山をするのは初めて。結構私は楽しみだった。逍遥山(ソヨサン)というソウルの北側の東豆川市にある山である。

 待ち合わせの駅に行くと、運転手さんは家族(奥さんと息子2人)も一緒だった。子供は小学2年生とまだ3、4才。この2人が行くんだからそんな険しくもないんだろう。列車を乗り継いで逍遥山駅で降りる。そこから登山口までひたすら歩く。子供も元気だ。どういうわけか、私は子供に好かれてしまい手をつないで行くことに。私、日本の子供にも好かれたことがないのにどういうわけ?結局、その子供たちは私のことを日本に長く住んで言葉がたどたどしくなってしまった韓国人と思っていた。それは違うということを理解させるのも難しいので、そのまま韓国人ということで通した。

 登山口を通っていよいよ登山コースらしい道へ。お寺の横を通って登っていく。結構人も多い。おじさん、おばさん、小学生の集団、家族連れなどいろいろである。運転手さんの小さい方の子供は、山道を石を一つ一つ手を使って登り、親がおぶってあげようかとかいっても、いやだといい、必死に登っていく。相当に頑固。でも元気だ。さすがに登り切る頃には疲れていたが、それでも標高500mちょっとの山を70%くらいは助けを借りずに登り切った。途中、運転手さんの奥さんが作ってきたキムパブ(のり巻き)とサンドウィッチで昼食。サンドウィッチはなかなかうまかった。やはり子供はそっちの方が好きなようだ。私は、昨日くまこさんからもらったもみじ饅頭を持っていって、子供にあげると、子供は喜んで食べた。なかなか好評だった。

 登りはよかったが、下りは結構しんどかった。登りと下りは使う筋肉が違うので、途中で少し足が震えだした。踏ん張りがきかなくなった。ただそれも道が少し良くなったので途中で消えた。

 山を下りきったあとは、麓の店でドンドンジュ2杯とトドックイという辛いつまみで休憩。あのつまみは辛かった。キムチも辛かったが。それから、相変わらず子供は元気。遊んでいる。少しそこにいて、ソウルへはバスで帰った。ソウルの北側まで800ウォン。運転手さんも言っていたが、登山は安上がりで時間を過ごせるから韓国人に人気があるとか。確かにそうだ。でもゴミは持ち帰りましょう。果物の皮も「これはいいんだ」とか言って、運転手さんの奥さんがぽーんと投げる。確かに自然にかえるかもしれんがいいのだろうか、こんなんで。そんなわけで、1時間くらいバスの中で寝ながら帰った。おかげで少し風邪をひきかけたが今は大丈夫。何とか持ち直したようだ。


10月11日(土)

 今日は、ソ・チャンヒのコンサートに行ってきた。久しぶりにライブを見に行った。詳細は後日別ページにてアップします。一緒に行った友達の友達がソ・チャンヒのファンらしくいたく感動していました。私もソ・チャンヒは好きだったのですが、なかなか周囲にファンがおらず、おまけに世間での評価はダンス歌手。ちょっと違うんじゃないかと思いながらも、自分の中では忘れかけられていました。

 さて、その感動した友達の友達というのが、在日韓国人で今言葉を勉強しに来ているとのこと。彼女が日本名と韓国名を2つ持っていて、その学校に留学しに来たときに、それを周りの在日の人からとがめられたという話をしていて、興味深く聞いた。彼女はずっと日本名で通してきたから今さら韓国名に変えるのは、いろいろ知り合いに説明しなければならず、面倒だとのこと。それに韓国でも生活できそうにないし、できることなら日本人と結婚して帰化したいとそこまで言っていた。私の意見としては、それはそれで本人に選択権があると思うし、だから周りの人が「韓国人としての誇りが足りない」とか言ったとしても、全然気にすることはないし、その誇り云々自体が根拠のないもののようにも思う。そこまでいう在日の人は韓国で永住すべきだと思うし。

 在日の話が出たのでついでに書くと、私が最近在日の人の運動で矛盾しているなと思うのは日本で参政権を求めていながら、韓国の大統領選挙に在日の人が投票できないのはおかしいと言っていること。その2つの運動が同じ団体からでているのか、違うところから出ているのかは良く知らないのでこの批判は的外れかもしれませんが、何だかおかしいと思う。参政権が2つの国にあってもいいのでしょうか。実際、そういう国もあるのかもしれませんが。

 で、最後に触れなければなりませんか。引き分け。今日のウズベキスタン戦の前にマスコミは言っていましたよね。この試合は絶対に勝たなければダメだと。で、引き分けました。だから、ダメです。まだ他力ながらも望みが残っているからあきらめないとか言っていますが、さすがに今日の試合を見ていると今後に期待がもてない。何だか応援しても全然声が届かない感じで、自分が応援しているのが悪いような気がしてきたのでしばらく応援はやめようかな。そんな気分です。それにしても、今日10時半に帰ってきてテレビを見て、何で負けとんねん!と激怒してしまった。たかがサッカーと言える人がうらやましい。


10月10日(金)

 今日は、ネットで知り合いになった
オカトホさんとくまこさん等に会った。オカトホさんとは初めて、くまこさんとは2回目だ。会った場所は江南(カンナム)駅の近くのカルネステーションという焼き肉食べ放題の店。(何と韓国にカルネステーションがあったのですよ)私は東京で何回か行ったことがあり、そこの名前を聞いた瞬間、どこかで聞いたことのある名前だなと思いながら、10分ほど考えてようやく気付いた。そこへ私は遅れて行ったので、残り時間が45分くらいしかなく、慌てて肉とビールをジョッキに3杯。これはちょっとペースが早すぎでした。後でへろへろになった。

 続いて、OB麦酒勤務のくまこさんの友人の案内でOB麦酒の系列の店へ。おしゃれなビアホールという感じでしょうか。そこでも麦酒を2杯。かなりへろへろ。それでも、次に皆さんに期待を持たせてしまったノレバン(カラオケ)へ。当然のことながらエンジン全開である。R.efで玉砕しながらも、それをもろともせずに6曲くらい歌っただろうか。「ポムセンポムサ」を90%歌いこなせることが分かり、これはぜひもう1人マスターしている人間とともに歌わねばと心に誓った(誓うな、そんなもん)。誰か一緒に歌いましょう。韓国に来てノレバンに行こうとしている人、声をかけて下さい。


10月9日(木)

 私は通勤に地下鉄を使い、乗り換えを経て9つの駅を乗っていきます。地下鉄を乗っていると韓国人の気質や生活態度が分かって面白いです。例えば、列に並ばない、ウォークマンの音もれが激しい、新聞は皆網棚に捨てて行き、それを狙って読む人もいる、盲目の人や貧乏な人が物乞いをする、突然ベルトやアルバム等を売り出す人が出てくる、等等です。ほかにもまだあります。

 そのほかに最近思っていることとして、慌てて降りる客というのがあります。毎日必ず2、3人います。突然、「ここはどこだ?あ、降りなきゃ」と言いながらドアが閉まる寸前でダダダっと降りていく。このパターンが多いです。いつももっと早く気づけよと思うのですが、一体これはどういう気質から来るのでしょうか。すぐに別の世界に入ってしまうのでしょうか。それとも寝ていたのか。考えれば考えるほど分からない。そういう私も今日の夜は気持ち良く寝てしまい、2駅寝過ごしてしまいましたが。でも慌てて走ることはなかったです。途中で起きましたから。

 あともう一つ、どこどこへはどの電車に乗ればいいですかと非常によく聞かれます。改札前ならいいのですが、改札をくぐってから、この電車はここへ行きますかと聞かれることもあります。ソウルの地下鉄では行き先により改札が違う所もあるので、あんた、間違えとったらどうするんだ、改札を過ぎる前に誰かに聞け、と思いますが、そう思いながらも私は親切に教えます。なんていい人なんでしょう、私は。自己満足。

 先日ですが、私の住んでいる3号線の蚕院(チャムウォン)駅で、水原(スーウォン)に行くにはどう行けばいいですかとホームで聞かれた。だから、改札をくぐる前に駅員に聞きなさい、そういうことは。3号線の南の方から水原に行くには1回の乗り換えで済む方法もあるのだが、かなり遠回りになるので早く行こうと思えば3回くらい乗り換えないといけない。それでも私は親切に教える。もっと簡単に行く方法はないですか、と聞かれたので、あんた身勝手過ぎるぞと思い、ここはあえて「ありません」と答える。それでも、私は最初の乗換駅までたまたま行く方向が同じだったので、そこまでは案内する。あとは知らない。あのおっさんはどうなったんだろう。


10月8日(水)

 昔から私は忘れ物や物忘れが多いのですが、今日も約束があるのを忘れてすっぽかしてしまいました。別に講演を聞きにいくだけなのですっぽかしてもどうということはなかったのですが、最近多いような気がします。今日は昼食の約束も危うく忘れるところでしたし。

 過去にした一番大きな忘れ物は、韓国人のカメラをなくしてしまったことがあります。その人のカメラを預かってその人の行動等を写真に撮っていたのですが、移動のバタバタでどこかに消えてしまいました。ああ、あれはどこにいったんだ。

 それにしても急激に冷え込んできました。夜はもうコートがほしいくらいの気温でした。あっと言う間に秋が終わって冬が来そうな気配。もう1ヶ月くらいは秋が続いてほしいのだが。


10月7日(火)

 1時間だけでも眠くならない薬はないものでしょうか。どうも最近語学研修を受けている最中は眠くて仕方がない。とにかく先生との相性が悪い。ゆっくりしゃべるし、生徒に喋らせないし。ゆっくり喋ってくれるのはありがたいという人もいますが、どうも私には合いません。私はすぐに催眠術にかかってしまう。本当に眠い。

 今日も日本からの観光説明会のレセプションに出席。昨日のようないかしたおやじはいなかったが、私が今まで見た中でも一番お金がかかっている豪華なものだった。そもそも挨拶によれば日本から140人あまりが来ていたらしく、韓国側からも同じくらい来ていたでしょう。韓国側は商品目当ての旅行業者がほとんどなのですが、あれだけの人に案内を出すだけでも結構大変でしょう。おまけに最後に椎茸を一箱ももらってしまった。困った。どう料理したらいいんだろう。一緒に来ていた人間にあげればよかったな。


10月6日(月)

 朝、名古屋を出発し、11時45分には金浦空港を出て午後から出勤。ちょっと仕事をやって5時過ぎにはある説明会に参加する。開始が30分くらい押して6時に開始。やはり5時半開始は早すぎたか。今日の説明会1人司会を仕切っている人がいてこの人がなかなか面白かった。質問を受けて担当に聞かずに自分で答えたり、時間が余ったから質問をしてくれだとか、面白いおやじだった。

 極め付きはその後のレセプションにて。途中でサックスを吹きはじめる。こんな場で余興があるとは思わなかった。そしてそれで終わるかと思ったら次は手品を始める。何だか周りの客がどんどん減っているような気がした。みんなひいているぞ。しかし、彼はまっったく気にせず手品をする。次から次からネタが出てくる。なかなかいけるおやじでした。


掲示板ができました。

10月5日(日)

 朝早く起きてナゴヤドームを見にいった。名古屋駅から中央線に乗り、大曽根駅で降りる。大学時代に半年くらいドームのすぐそばに住んでいたことがあるので、地理勘はある。ただ20分くらい駅から歩かねばならない。結構歩いてようやくたどりついた。途中に大きな歩道橋ができていてそれがドームまで続いている。たどりつくと、何人かがドームのまわりを散歩したり、ジョギングしたりしている。ただそれ以外は当たり前だが閑散としている。前の道路は依然として片側1車線である。試合の時は大渋滞するんじゃないかなと思えた。

 その後大学時代のサークルの同期の結婚式のため、当時のメンバーが何人か集まった。集合場所は栄といえばお決まりの中日ビル1階。とりあえず、男3人が集まって昼を食べに行く。うち1人はサークルのメンバーではなかったが、もう1人の学部の同期ということだった。ただ初対面にしては簡単に親しめる、ぼけられる人間でよかった。

 女子大方面の西川家といううどんすきの店で昼食セットを食べて、結婚式会場の東急ホテルへ。行ってみて驚いたが、いいホテルだ。入るとどーんと4階吹き抜け。こんなホテルがあったなんて知らなかった。学生時代には全く縁のないところだったから。そして3階のチャペルの結婚式に参列した。ところで、我々男3人は実は呼ばれていない。だから、式はチャペルだからいいにしても、披露宴は参加できない。式のあと、結婚する彼女に渡す色紙を書いて、そのあと3人でどうやって時間をつぶすか考えた。で、結局テレビ塔に行くことに。わたしもそうだが、連れのもう1人も学生時代名古屋に住んでいながら、行ったことがないと言っていた。

 てくてく歩いてテレビ塔へ。よせばいいのに、背広に革靴姿で階段を歩いて上る。ら旋階段で外が見えるので結構怖い。連れの1人は「俺、恐所高怖症なんだよ。」とわけの分からないことを言いながら上った。でも割と短かった。テレビ塔の上で、2人の子供はこんな子供になるという写真の機械やプリクラで遊ぶ。いい年の男が3人で。相変わらずである。

 それから結婚式の会場に戻り、花嫁を祝い、そして残ったメンバーでご飯を食べに。夜も西川家へ。かにずくし。会話はほとんどボケあいだった。久しぶりにボケまくって楽しかった。私はボケようとするとき目の表情が変わるらしいのだが、それでも皆ボケに反応してくれるからありがたい。最終的にはソウルに来るようにと自分が言ったのが発端となって、ソウルツアーの日程まで決めて終わった。旅行プランクラブの血が騒ぐ。


掲示板ができました。

10月4日(土)

 いろいろなものを買いに市内をうろうろ。まず11月にあるハングル検定の申し込みをしようと思い、名古屋駅前の三省堂書店へ。私は問題集も何も見ていないときは2級を受けようと思ったのだが、問題集を見てみるととても受かりそうにない。ちょっと甘く見すぎていたようだ。だから、準2級を受けようかとも思ったが、何だか急に受ける気がなくなってきて、やめた。また読んでみたい本もあったのだが、本の名前をきちんと控えてこなかったので、分からなかった。ただ、内容を見ていた限りではなかったような気がする。

 それから、帰りの空港に向かうバスの時間をチェックし、ヤマギワでドリカムのベスト版を買う。自分でいうのも何だが、私にドリカムは似合わない。でも、いいのである。理由はあるのだ。

 その後、地下鉄で大須へ向かう。自分が持っているモバイルギアの電池を買うためだ。名古屋駅で地下鉄を待っていたときのこと。柱にもたれかかってCDの歌詞カードを見ていた。電車が来たので、さあ乗ろうとしたときのこと。人が皆並んでいるではないか。しかも、ラインにそって2列に。私は普段韓国人が列に並ばないのを見て憤慨するのだが、自分もそうじゃないかと思い、とてもショックだった。別にどうということもないんじゃないのかもしれないが、本当にショックは大きかった。何でだろう。

 何はともあれ、地下鉄に乗り大須についた。雨が降っていたのでコンビニで傘を買い、大須観音にお参りをして、まずは腹ごしらえを。御幸亭という大須では有名な洋食屋で味噌カツを食べた。久しぶりだ。赤だしも久しぶり。この店は値段が高いのが難点ではあるがうまいのでたまにはこういうのもいいだろう。

 それから、電池を買い(よく考えれば電池は韓国にもあったかもしれない)、ネットカフェの場所を聞き出してそこに向かった。ホームページの更新をしたくて、パソコンを持ってきたことは持ってきたのだが、ホテルの回線がパルス回線でうまくつなげなくてメール等が見れなかったからである。しかし、行ったところはパソコンが故障中。困った。そのため、いったんホテルに戻りモバイルギアでメールを見た。ただbutamanの方は調子が悪く見れなかった。そしてまた出かけたが、やはりハングル検定は受けようと思い直し、ホテルを出て、本屋で準2級で申請。

 その後、栄に行き、またネットカフェを探してあちこち回ったが見つからず。とりあえず、モバイルギアを公衆電話につなぐための電話コードを買いに、アサヒドーカメラへ。そこではコードがないと言われ、ならどこに行けばあるかと尋ねたら、カトー無線にはあるんじゃないかというので、カトー無線へ。確かにそこには種類もたくさんあった。

 それで帰ればよかったのだが、ふと見るとインターネット体験コーナーというのがあるではないか。店員が自由にお使いくださいというので、自由に使わせてもらった。なぜかメールの受信がうまく出来なかったが、新しくオープンした
自分の掲示板の紹介をいくつかの掲示板に書き込み、そこを出た。

 モバイルギアでメールを見ようとしたが、公衆電話との接続がうまくいかず、挫折。喫茶店等で時間をつぶし、街角の大画面のテレビを見てもどこもサッカーの中継を流してないな、と思いながら大学時代の同期と会って飲みにいった。店は予約してあり、手羽先だったらいいなと思いながら歩いていくと、予約してあった店は「世界のやまちゃん(手羽先が売りの店)」だったので泣けてきた。

 8時近くにその友達のポケベルに、「カザフスタン1ー1日本」というメッセージが入り、絶望的な気持ちになった。8時半にそこを出て、コーヒーを飲んだ。ゼミの同期だった女の子が、今定職がなく、株を買ったりパチンコ屋によく行っているとかいう話をしだして、何とも複雑な気持ちであった。そんなんでいいのか、あんたの生活は!と言いたいところだったが、彼女のあまりの大ボケぶりに笑ってしまった。人の人生だし納得した。

 そして11時少し前にホテルに戻り、スポーツニュースを見る。テレビ愛知(テレビ東京系列)のスポーツニュースが11時からだったので、見たがトップニュースがNHL開幕戦。それからゴルフ、野球等。サッカーはどうしたんだ、引っ張るなあと思ったらようやくサッカーのニュース。でもJリーグから。おいおい代表はどうなっているんだと思っていたら、ようやく最後に引き分けましたと言葉だけで伝える。そうか、テレビ東京さん、映像もらえなかったのね。それにしても引っ張らないでくれ。何で自分の国の代表がW杯をかけて戦っているのに、よその国のスポーツがトップなんだ。と怒りが込み上げる。

 その次はCBC(TBS系列)のスーパーサッカーである。映像があった。見ると日本のディフェンダーがカザフの攻撃に翻弄されている。どうしたことだ。攻撃も秋田のヘディングは見事だったが、あとは外してばかり。中田もなぜあれをポストに当てる。そして、同点のシーン。言葉が見つからない。あれは誰が悪かったのかもよく分からなかった。自分は加茂擁護派だったが、こんなことならもっと早く代えておけばよかったと思った。ただ韓国がUAEに3対0で勝ってくれたことだけが救いだった。

それから、中京テレビ(日テレ系列)のうるぐすへ。スーパーサッカーを見ている間に試合のニュースは終わったようだったが、12時半からカザフスタンで緊急記者会見があるという情報が。その時に監督が代わると感じた。誰だろう。とりあえず岡田コーチか。それとも噂になっているジーコか。答えはTBSが一番早かったように思うが、岡田コーチだった。暫定的なものなのか、固定されたものなのかは分からなかったが、今チームがカザフスタンにいて、次がウズベキスタンであれば現実的に見て岡田コーチしかいないだろう。

 とにかく、これで流れが変わってくれることを願う。今までのプレーは悪い流れに巻き込まれていただけで、真の実力はこんなものではないことを願う。今日UAEが3点差で負けたことが、最後になって効いてくれることを願う。ショックの大きい試合を2試合も続けていながら、まだ自力でW杯に行ける可能性があることは幸運だ。そう信じる。


10月3日(金)

 いろいろな用事のために名古屋に行った。名古屋はいつ以来かな。去年の1月以来かな。夜7時頃発の大韓航空に乗り出かける。いつも国際線はアシアナかJALしか乗らないので、新鮮だった。ほとんどのアナウンスを韓国語と日本語でしていたので少し驚いた。

 乗り遅れている客がいるようで出発が50分くらい遅れた。私の横の席には韓国人男生徒と日本人女性のカップルが座った。お互いに片言の韓国語と日本語で話していた。どうしてあれで意思疎通ができるのか不思議だ。しかしかえって言葉が通じないほうがお互いを美化できるということもあるみたいだし。だんだんお互いの言葉が分かるにつれて、苦労するでしょう、きっと。

 名古屋空港には出発が遅れた割には20分くらい遅れで到着して、バスで名古屋駅前のホテルへ。最近、都市高速が空港の近くまで延びたので30分くらいであっという間に着いてしまった。しかし、思ったのはバスが安全運転をしていること。ソウルのバス、タクシーに慣れてしまうと(でもこわいが)、とてもゆっくり走っているような感じがする。メーターを見ると80kmくらい。ソウルなら100kmは超えるぞ、絶対。

 そして、ホテルに着いて部屋に入り、持ってきたパソコンをつなごうとしたがうまくいかなかった。どういうわけかパルス回線との接続がうまくいかない。ああ、せっかく持ってきたのに。


10月2日(木)

 さばです。こんにちは。
 今日は、久しぶりにかなり飲みました。なぜかというと、事務所の新しい次長の歓迎会があったからです。焼き肉屋でやったのですが、肉もおいしくて久しぶりに栄養をとれた感じがします。あ、風邪の方は少しよくなりました。昨日の午後がピークだったみたいです。昨日ガツガツとカレーを食べたのも良かったのかもしれません。カレーで栄養をとるというのも変ですが、僕は風邪の原因は栄養が足りないからだと昔から信じているので風邪をひいたときこそ、いろんなものを食べるようにしています。どんなときでも食欲だけは落ちないとはいい体に親も産んでくれたものだと、感謝しています。

 話がそれましたね。新しい次長は、何だか余裕しゃくしゃくで、韓国なんか楽勝だよ、みたいな感じがして今後が楽しみです。ずっとこのまま行くのか、壁にぶつかって大人しくなるのか。まだ仕事ぶりを見ていないので何とも言えませんが、面白そうな人ですね。

 頭がいないのでこのくらいにします。明日の夜に名古屋に行きます。ただパソコンを持って行くつもりなので日記は明日も書けます。それではまた。


「帰ってきた名古屋の太陽」更新しました。 9月20日の日記9月21日の日記更新しました。

10月1日(水)

 風邪がひどくなりつつあってちょっときついです。私の風邪は鼻水が山のように出てくることが多く、すぐに鼻が真っ赤になってしまいます。そのあとは鼻の皮がボロボロ向けてくるという最悪の状態になることが目に見えています。ちょっと困ったものです。

 さて、今日日本語勉強中の友達と会ったのですが、日に日に日本語がうまくなっていくので驚きます。で、今日勉強中のテキストを見せてもらったのですが、正式な名前は忘れましたが、海外技術何とかかんとかというところが監修しているものでした。内容はインドから来たラオ君が働きながら、いろいろな場面に出くわすところを日本語で表現するというものです。内容はよかったと思うのですが、一つだけ苦言を。なんで、日本人が描く東南アジア系の人の顔は皆ドリフのひげダンスのような髭をはやしているのでしょうか。あまりに馬鹿にしてないですか。そうじゃない人もいると思うんだけど。何だか、韓国人と言えば毎日キムチや韓定食やプルコギを食べていると考えるようなものです。あ、キムチは当たっているかな。

 それと今日の話で出てきたのですが、韓国の地域性について。大統領選挙のやりとりがまっさかりなのですが、過去に大統領は全羅北道、全羅南道、いわゆる湖南地域からは出ていません。今、世論調査でダントツトップは金大中氏で、彼はその湖南地域の出身です。彼の強さはその湖南地域で圧倒的な固定票をもっているところで、今回はその他の候補にいろいろと問題が多く、湖南地方以外の地域でもそれなりに健闘しているので今回のような調査結果が出てきているようです。

 で、地域性なのですが、昔からそれは新羅、百済の時代から全羅道と慶尚道は仲が悪く、社会全体で見ると慶尚道の方が優秀だという意識があるみたいです。確かに両班(ヤンバン)と言われる階級の有名な家系はほとんど慶尚道のような気もします。話を聞いていると現在の企業の就職でも慶尚道出身の社長だと、慶尚道の人間を優先的に就職させるようです。もちろんその逆もあるわけですが、昔から全羅道の人間は差別を受けてきたと言えると思います。ちょっと話が飛躍しますが、こういう無意味な差別意識が現在の韓国の状況を招いたという気がします。自分が優秀だとして、現状や自分をを冷静に分析しない精神。これが問題です。その意味でも一度湖南地域から大統領が出て人々の意識がどう変わるかが見てみたいので、私は金大中氏が大統領になったら面白いなと思います。今韓国はいろいろなものが壁にぶつかっているような感があるので、一度大きな変動要因が必要だと思いますから。ただ私も選挙権はないので野次馬的に眺めているだけです。そういう見方が一番面白いとも言えますが。選挙は年末です。


ホームへ