5月30日(金)なるべくなら おかずは残さず 食べましょう
5月29日(木)外国の 会議で仕事は 少しつらい
5月28日(水)温泉と あって温泉でない ここ大田
5月27日(火)一芸に 秀でることで よしとしたい
5月26日(月)旅行者が うらやましいと 思うけど
5月25日(日)休日に あなたはいつも 何します?
5月24日(土)怖いのは あなたの顔と 地震かな

5月30日(金)

 昨日始まった会議のテーマは環境である。各国全く異なるテーマに関心があるようである。そんな中、韓国の現在のトピックスは食べ物のゴミ(いわゆる生ゴミ)の処理方法に関するものである。韓国は生ゴミのゴミにしめる割合がほかの国に比べてかなり高いそうである。それでその処理にかなりのコストがかかっている。

 この原因は韓国の文化によるところが多い。食堂にいくと大抵はキムチ等のおかずが5種類くらいは出てくる。高級な店や焼き肉を食べにいくとその数はさらに増える。で、結構それが残り、それらがゴミになるということである。

 この問題の根本の解決のためには、この食習慣を変えないといけないため難しい。そのおかずをケチると相手に失礼に当たるという考え方もあり、なかなか変えるのは難しいのだが。結局、不必要に多く盛りつけたり食べる方もなるべく全部食べるようにとすることが必要になってくる。

 そういう生ゴミの問題が生じるため、それに対する対策について会議内で発表された。ただ、そのあと主催者側が用意した食事はもろにおかずがたくさん残りそうな盛りつけであった。会議に出てその話を聞いたため、なるべく食べるようにしたが。少し矛盾を感じた。

 ソウルでも、とあるタッカルビ(鳥のカルビ)のチェーン店では、おかずをセルフサービスにして食べたらではなく、おかずを残したら千ウォン払わなければならないというところもある。いずれにせよ、これまで容認されてきたものを変えるためには、かなりの労力がいる。そんなわけで、韓国の食事は量が多いですが、なるべくたくさん食べましょう。



日記猿人参戦中!!システムが少し変わりました。投票は自分のアドレスを登録しないといけなくなったようです。ただしそのかわりIEでも投票できるようになったようです。登録は少し面倒ですが、それでもよければを押すと投票されます。1日1票でいいです。
なおを押してくれると私のところにメールが来ます。遠慮せずどんどん押して下さい。5連打までOK!(アドレスを知られたくない人は押さないでください)
ホームはこちらです。
・感想、御意見、御要望はこちらへどうぞ。

検索設定


5月29日(木)

 私は会議の随行でここ大田へ来ている。国際会議なので、発表などはお国柄というか特徴がある。韓国の発表者は会議資料で事前に発表したものをそのまま読む。だから、同時通訳は楽。でも、それなら発表する意味がないのでは?と思うこともある。ただ、逆に資料とは、違うことを急にいう人もいたりして、そういう人には通訳の人が本当にかわいそうになる。

 それにしても、いつもながら同時通訳をする人にはいつもながら感心する。今回は国際会議で日本語の通訳の人もいた。しかし、英語で発表があった場合にはまず英語を韓国語に訳したものを日本語に翻訳する。だから時差が存在する。時差が存在するため、結局伝言ゲームのようになるため、最後の日本語はわけが分からない。やはり英語が分からないとダメかもしれない。

 あと、私の考えであるが、私が出席した韓国主催の会議はどれも豪華である。ただ表向きは豪華なのだが、本当に必要なことが誰に聞けばいいのか分からない。案内してくれる人はたくさんいるのだが、会議の日程等について知っている人が全然いない。担当しか知らないようだ。しかしながら、知らないまでも親切にいろいろ聞きに行ってくれる。だから、文句をいうわけにも行かない。そんなときは我慢するしかない。

 で私は、何がいいたいんだろう。今まで書いたことはどうでもいい。何があっても冷静さを保つということが大事だ。何があってもびっくりしないように。


5月28日(水)

 出張で大田(テジョン)に行った。会議に参加するお客さんを空港で出迎え、バスで向かったが道が混んでおり思いのほか時間がかかった。そんな中、3時間ちょっとかかって無事に大田へ到着。大田では儒城温泉(ユソンオンチョン)に泊まった。大田といえば、いろいろな研究都市である。私にはシン・スンフンの故郷ということしか思いつかないが。

 ところでガイドブックにも書いてあるが、温泉と言っても日本のように浴衣で街を歩くようなそんな雰囲気はない。ホテルや旅館が多く、温泉マークがたくさん目につくだけ。韓国の温泉は一般的にこのようらしい。しかし、いずれにせよ仕事で来るよりも、個人的に来たほうがいい。ちなみに地下のナイトは工事中であった。


5月27日(火)

 この頃韓国は景気が悪く、大きな事件になった韓宝グループの不渡りに始まり、その後真露グループ、ミドパを抱えている大農グループが調子が悪く、不渡り防止協定みたいなものの対象グループになってしまった。真露は酒の方は好調で、特にプレミアム焼酎の「チャムナムトン マルグンソジュ(楢の木の樽の澄んだ焼酎)」は人気があり、今日の新聞でも韓国能率協会とかの賞をもらっていたのだが、ほかの部分が業績が悪く、具合が悪いらしい。韓国は財閥が大きく顔を利かせており、大きいところは何でもする。真露にしても、酒だけではなく、私が知っている限りアパートも作っているし、百貨店もある。別によその国のことだからどうということはないのだが、韓国では一芸に秀でることをよしとする考え方がないのかなという風に思う。

 しかし、問題はミドパでして、私はミドパの地下のパワーステーションでよくCDを買うので、それがなくならないか心配です。
※28〜30日まで出張しますので、次の更新は30日の夜になります。


5月26日(月)

 月曜は憂鬱である。職場に行くのが憂鬱なのではなく、職場に着いてから憂鬱になる。 土日ですっかり職場の雰囲気を忘れてしまい、そして職場に行って思い出す。ああ、溜息。

 そんな中、今日は私に一枚のはがきが。田舎にいる友達からだったが、内容は、6月にmy motherが韓国に行くから案内してやってほしいというもの。何でも職場旅行らしい。詳細がよく分からなかったので、あとから確認してみると2泊3日のツアーで来るらしい。何でも職場の若い人が韓国に行きたいと言ったらしく、その人たちはロッテワールド目当てで来るのだが、年齢の高い彼の母は遊園地もどうかということで、一人で行くのもどうかと困っていたらしい。

 そんなわけで私も予定がなかったので承諾。最近、初対面の人とソウル市内で待ち合わせて会うことが多い。今度の待ち合わせ場所はリッツカールトンホテルである。ツアーであんないいホテルに泊まれるのか。いいなあ。よく考えてみると私はこちらに来る前は出張で一回来ただけなのでホテルの部屋がどれくらいのものなのか今一つ分からない。出張で来れる人がうらやましいと思ったりする。

 うらやましいと言えば、黎明はやっぱりうらやましいと思う(独り言)。


※14セーブ目。
「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。

5月25日(日)

 よく、私は休日は何をしているのかと聞かれる。人から見れば、私は韓国のテレビばかりチェックしているのではないかと思われているかもしれない。それはある意味で合っている。週に3つあるベスト10番組は一応全てチェックし、芸能情報番組も1つチェックしている。さらに言えば、朝地下鉄のホームでスポーツ新聞もチェックしている。これだけである。これだけやれば十分だという声もあるが。何故こんなにやっているんだろう。自分でも分からない。どういうわけか、こちらに来てすごくよくテレビを見るようになった。一応見ていれば勉強になるしね、っというのは言い訳かも。はっきり言えば、面白いのである。決まり切っているのだが、たまに出てくるいいものを求めて見てしまう。ただ、テレビに出ない歌手をチェックできないという問題がある。これが今の一番の課題。

 で、私は休日何をしているのだろう。大体人に会ったり、街に出かけたりするとその日は終わってしまうのであるが。皆さんは何してます?趣味を持ってます?はっきりこれをして、趣味でこれをしてますって言えます?私は趣味と言えば、インターネットと韓国音楽鑑賞とでもいうのだろうか。昔から音楽鑑賞という言葉は高尚な響きがして好きではないが。こんな質問をされるたびに何か一つ理想的な言葉を用意しておけば良かったと思うこの頃である。でも、あいまいなままこれからも行ってしまうだろう、多分。

 しかし、韓国好きの人の世界って狭いですね。あちこちで知った人を見かけます。もっと底辺が広がればいいなと思ったりもする。終わり。


5月24日(土)

 昨日の飲み過ぎのせいで、今日はずっと家にいました。そんなわけでテレビ三昧。今日のMBCはよかった。韓国の歌謡界も元気になってきています。
キム・ジヒョンヌナも生で歌っていました。少しダンスでバテていましたが。それよりも驚いたのは顔の怖いパク・チニョンでしょうか。あの頭にかけるDJマイクで歌っている歌手をはじめてみた。

 ところで最近、また韓国では建物の崩壊の事故が相次いでいます。大きな事故にはなっていないのでさほど大きくは取り上げられていないのですが、アパートのある高台の土台が崩れ、アパートは無事だったもののその高台の下にいた人が生き埋めになって死亡したり、建物の解体作業途中に大きく崩れたりと非常に一歩間違えたら大変な事故になるものが起こっています。数日前には、地下鉄2号線が以前通っていて今危険ということで通行が禁止されている堂山鉄橋の一部が崩れました。なんでも、架け直しの作業中に、橋が崩れたそうです。地下鉄が走ってなくて良かったです。

 橋と言えば、3年くらい前の通勤時間に崩落した聖水大橋。通勤の途中でその橋が見えるのですが、もうすぐ工事が完了し車の通行が行われるはずです。橋が落ちたときはまだ韓国とは縁もゆかりもないときでしたが、あれには驚きました。その翌年には百貨店が崩壊する等、こういう事故が起こるのが韓国です。これが、韓国人にはすごく恥ずかしい点のようです。原因は技術の不足というより、工事現場の人のいい加減さと余裕のない工事施工によるものだと思います。ただ地震がないのが救いで、もし震度4〜5くらいの地震が起きると大変なことになるような気がします。ただただ地震が起こらないことを祈るのみです。


※またセーブあげたようですね。でも新聞休み。過去の分で、「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。

ホームへ