5月23日(金)飲み過ぎて 踊りすぎて 頭痛がして
5月22日(木)記念日が 多しとなぜか 尻尾つき
5月21日(水)引き分けは 今後に何を もたらすか
5月20日(火)成功した 僑胞に弱い マスコミたち
5月19日(月)私には 参加者全員 同じ顔
5月18日(日)何事も 見た目から入る 悪い癖
5月17日(土)期待をし 花博を見て 納得する

5月23日(金)

 いやあ、頭が痛い。原因は飲み過ぎと踊りすぎ。踊りすぎて、飲んだ酒が体の中を駆けめぐって今最低な状態。

 で、本日は職場の韓国歌謡をこれから学ぼうとする皆さんと一緒に、一次会は焼肉屋、二次会は
ノレバン、三次会はディスコのフルコース。ノレバンでは、アン・ジェウク風に髪の毛を前に垂らして歌ってひんしゅくを買い、「それ、オンタイトルにしか見えへん」と関西弁で突っ込まれ、ディスコに行っては「ステップが複雑でわからん」と突っ込まれ、一人で勝手に盛り上がってしまいました。ちなみに昨日のステップはタップダンス風だったのですが、気付きませんでした?ってこれ見てないよな。しかし、今になって思えば私、ダサすぎ。最低。10年後には典型的な職場で嫌われるオヤジになってるかも。

 私、日頃から顔色悪いのですが、そんなわけでますます顔色悪く、キーボードを叩く指もふるえながら打っておりますので、文章意味不明でしょう。打ち終わったからまた寝よう。今日(24日)は予定もないし、ちょうどよかった。



日記猿人参戦中!!システムが少し変わりました。投票は自分のアドレスを登録しないといけなくなったようです。ただしそのかわりIEでも投票できるようになったようです。登録は少し面倒ですが、それでもよければを押すと投票されます。1日1票でいいです。
なおを押してくれると私のところにメールが来ます。遠慮せずどんどん押して下さい。5連打までOK!(アドレスを知られたくない人は押さないでください)
ホームはこちらです。
・感想、御意見、御要望はこちらへどうぞ。

検索設定


5月22日(木)

 私、男社会で男として生きていくのは出来ないような気がする。昔からどうも着いていけない。そんなわけで私に男らしさなんて求めないように。でもカミングアウトするわけではないので誤解しないように。カミングアウトと言えば、笹野みちる。どっかいっちゃった〜〜。独り言。

 今日はネタはあるのだが、少し冷却期間を置くこととして、こんなネタを。5月って記念日だらけ。5月1日、法の日と勤労者の日、5月5日こどもの日、5月8日両親の日と在郷軍人の日、5月14日釈迦の誕生日、5月15日先生の日、5月19日成年の日、5月31日海の日。さらに5月は家庭の月だそうです。

 何か5月に入ってしょっちゅう記念日関連の行事が行われているような気がする。ちなみにこのうち休日は5月1日(公務員除く)、5日、14日のみ。しかし成年の日には赤いバラがよく売れるそうです。用途はいうまでもなく。面白いネタだと思ったんですが、書いてみるとあんまり面白くないですね。

 そんなわけでやっぱり書こう。
キム・ジヒョン復活!!いよいよテレビに出てきました。いやあ、化粧濃いですね。でも、彼女のみ許す。やはり注目は尻尾でしょうか。しっぽつきです。何のことか分からないでしょう。ハ、ハ、ハ。売れてほしいな。いや売れなくてもいいからTVにたくさん出てほしいものです。

※特集記事はまた後日。「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。

5月21日(水)

 今日の東亜日報の1面は金賢哲の囚人服姿でした。すごい。

 さて、今日はサッカーの日韓戦でしたね。こちらでもKBSで生中継されてました。結果は引き分けでしたが、日本もあまり強いという感じじゃなかったですね。サッカーは点を取らないといけないのに、点が取れそうな雰囲気がない。これって結構まずいんじゃないのかな。そんな中でも今日の印象に残った点。

1.サブちゃんが見れたこと。
 いきなりボケまくってます。でも韓国にいてサブちゃんの君が代が聞けるとは思わなかった。感動した。
2.中田はまずまず。
 中田はいけます。それに緊張しているところが全くない。
3.得点力不足
 いい形は作るのに決定的なパスを受ける位置にFWが動いていない。結局、高木、カズを越えるFWがいない。
4.コ・ジョンスは要注意。
 韓国の14番、コ・ジョンスは要注意です。韓国には必ず出てくる嫌らしいタイプの選手です。
5.よく考えればお互いにこんなものではない。
 韓国は黄善洪、洪明甫、河ソクジュが出ていないし、日本も高木、前園がいない。前園は戻ってくるか分からないけど。
6.マイナスのパスが多い。
 攻撃に移ってみんながゴールに向かって走っているのに、マイナスのパスを送り、呼吸が合わないことが何回もあった。
7.カズ、城、前園、井原は韓国でもメジャー。
 カズは、釜本以後の最高のストライカー、城はオリンピックの予選の韓国戦で見せたオーバーヘッドキックのゴールの印象が残っている、前園はテクニックで、井原は日本のディフェンダーの代表として、紹介されていました。前園心を入れ替えろ!!

 ということで、興味のない人には全く面白くない日記でした。


「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。

5月20日(火)

 今、韓国を騒がせている女性がいます。イ・スンヒという女性。先日来韓しましていろんな番組に出演しています。何でも米国僑胞(キョッポ、在米韓国人のこと)で、東洋人としてははじめてプレーボーイ誌の表紙モデルになったとか。要はヌードモデルらしい。国内では、厳しい儒教の考え方のためか、絶対評価されないはずだと思っていて、実際写真等はテレビにも出てきませんが、異常な歓迎ぶりです。少なくともテレビでは。

 で私の場合、彼女には興味はなくて(顔がきらい)、僑胞が海外で活躍すると異常に大喜びするという風潮の方が気になります。先日、芥川賞をとった柳美里氏なんかはその典型です。賞のあと、彼女が来韓したり、「家族シネマ」のハングル版がでたり、彼女の作品を使った芝居が上映されたりと大変な騒ぎようでした。きっと日本より騒いでいたでしょう。

 私なんかは、本人がどう考えているんだろうという気持ちになります。彼らは、自分が韓国人だという認識を持って海外で活躍しているんだろうかと。ひょっとすると迷惑なんじゃないだろうかと。実際、韓国人の僑胞は世界のあちこちにおり、かなり数も多いように感じます。歌手になるのも僑胞の方が人気が出たりということがあるし、よく分からないのですが、もし私がその立場だったらやはり育った国の方に愛着を感じるだろうから、別に国籍が韓国だからといってそんなに大騒ぎされてもという気になります。

 ちょっと例えが悪いのですが、私の田舎でも似たようなことをやっています。10年くらい前まではほとんど富山出身のプロ野球の選手がおらず、たまに公式戦が来たときには新聞で、この選手は小学校のとき3年間富山の学校で育ちましたとか、取り上げます。そんなことどうでもいいじゃないか、選手がかわいそうだと私なんかは思います。少しいたからといってそんなに歓迎されても反応のしようがないし、かといって全く無視するとまた思いっきり嫌われるでしょうから。少しはほっといてあげたら?という気持ちになります。

 とある方からメールをもらったのですが、今年のミスユニバースは韓国系の人らしくて、それをKBSの9時のニュースで取り上げていたそうです。その人もそれがどないやねん!と書いてましたが、私も全く同感です。こんなことで騒がないで、僑胞の人たちの海外での生活が少しでも良くなるように活動してほしいですね。おえらいさんには(ミスユニバースの人は国籍も韓国じゃないと思いますが)。でも、この現象って愛国心の表れになるのかな?違うような気がする。


5月19日(月)

 昨日か、一昨日ですが、ミスコリア選抜大会をゴールデンタイムでやってました。平和です。こんな堂々とやって女性団体から文句は来ないのだろうか。それにしてもみんな同じ顔に見える。どうしてああいう化粧をして来るんだろう。ここで、一人だけすっぴんで来れば目立っていいと思うんだけどなあ。他の人はどう思うか分かりませんが、私は見る気になれません。でも、ミスコリアになればたいてい芸能界にデビューできるようだ。その時にようやく顔が分かったりする。やっぱり、力がないと成功はしないけれど。で、今年のミスコリアの年齢は19歳。とてもそうは見えなかった。今日は短め。

5月18日(日)

 最近、韓国の歌が好きないろんな人と話をする機会があり、考えることがあります。自分の好みと違う人が多いってこと。なぜかと考えてみると私の場合、ほとんど映像から入ります。こちらの歌謡順位番組で。私の目から見て、あまりルックスの面でセンスのいい歌手というのは少なくて、そのため本当はいい曲なのかもしれませんが、これはダメだと思ってしまう曲が多々あります。例えば、DJ.docなど。改めて聞くとかっこいいんですけどね。なかなか凝っていて。でもルックスが。最近は慣れたからいいのですが。

 別に韓国でもいろんな曲が売れているし、全ての人に好かれる曲というのもないのかもしれませんが、最近もう少し歌を深く聞いてみないといけないのではないか、という気持ちになっています。少なくとも、歌詞をもう少し理解しなければならない。単にルックスと聞いた印象だけで判断してはいけないのではないか?そんなことを思います。ただそれと同時にあまりにも子供じみた服装とかはやめてほしいですね。韓国の歌手の皆さん。


5月17日(土)

 カン・サネのコンサートについて
5月15日の日記に追加したので、ご覧下さい。

 今日は職場の社内旅行でソウルの隣、高陽市で開かれている世界花博覧会に行って来た。今月のはじめに始まったのだが、この博覧会、えらく評判が悪い。休む場所がない、トイレが少ない、中で売っているものは高い、さんざん並んで見たパビリオンに内容がない等々。新聞でたたかれまくっている。おまけにオープン早々に大雨が降り、排水設備がきちんと出来ておらず、あちこちに大きな水たまりが出来たとかで、それはそれはひどそうであった。そんなわけで行く前から逆の意味で期待して行った。

 着いて先ず感じたこと。花がない。私は花博覧会というからには、野外に花が咲き誇っているものだと思っていたので、拍子抜けした。よく見るとチューリップが全部咲き終わって花の部分が落ちていて、首なし状態だった。でもこの時期なら普通そうだよな。その後、パビリオンも見に行ったが、写真が飾ってあったり、一般人の生け花があったり、盆栽展のようであったりと、これではたたかれても仕方がないか、という感じであった。最後に一番大きい世界館というのにも行ったが、民間企業が出展しているだけであまり力が入っていない感じ。それでもあれだけたたかれている割にはまあまあ人がいたと思ったけどな。ちなみにこの花博、明日(18日)で終わりです。結局何人入ったんだろう。

 日記猿人のアドレス登録、何回しても翌日には登録が外されています。皆さんはうまくいってますか?


※過去の分で、「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。

ホームへ