5月9日(金)みんなして リュックを背負って 歩いてる
5月8日(木)両親に カーネーションを 贈りましょう
5月7日(水)誘われて よせばいいのに 行ってしまう
5月6日(火)アグラーに なればあなたも スレンダー
5月5日(月)たまごっち COACHと情報 満載だ
5月4日(日)乱入も 成功すれば チョアチョアよ
5月3日(土)ポッポされ 私の人生 終わりです

5月9日(金)

 今日で語学の研修は終わりました。お疲れさまです(自分に)。で、今日のネタはリュックです。

 語学研修を終えて、駅まで歩く途中で大体帰る途中の女子中学生か、ひょっとすると女子高校生の集団に出会います。で、この光景は結構すごいです。同じ制服を着てみんなで腕を組んだり手をつないだりして歩いているのもすごいのですが、何がすごいと言ってみんなリュックサックを背負っています。今ソウルではどういうわけか、リュックサックが大流行で中学生、高校生の女子ではリュック率90%を越えているのではないでしょうか。それもみんな片方掛けではなく、しっかり背負っています。大学生でも性別に関わらず、リュックですし、OLでもたまにリュックの人も見かけます。こちらに着たばかりの頃、
明洞にリュックばかりを売っている店があり、こんなに売れるんだろうかと思ったことがありますが、やはりこれだけみんな背負っているのを見るとやはり売れているんでしょうね。ただ、あえて問題を提起しますと満員電車の時は手に持ってほしいですね。で、結局何が言いたいかと言いますと、別に何もありません。ただこの光景に感動を覚えただけです。

 私、しばらく日本に帰りますので、次の日記の更新は14日の夜になります。期待しないでお待ち下さい。でも、メールは読める体制にありますので送ってもらっても結構です。

※4月のアンケート(心の韓国ソング)、結果まとめました。

日記猿人参戦中!!
を押すと投票されます。 もし、メールが立ち上がったら、vote-372=とだけ1行目に書いて送れば、必ず投票されます。1日1票でいいです。
なおを押してくれると私のところにメールが来ます。遠慮せずどんどん押して下さい。5連打までOK!(アドレスを知られたくない人は押さないでください)
ホームはこちらです。
・感想、御意見、御要望はこちらへどうぞ。

検索設定


5月8日(木)

 今日、韓国はアボイナルといって、父と母の日です。子供番組でやたら親に感謝しましょうみたいなことをやってました。ところで、何で父と母、両方なんでしょうか。韓国語の先生が言ってましたが、昔は母の日しかなかったのですが、それでは父に感謝する日がないということで出来たそうです。面白いのは、カーネーションをあげる習慣はそのまま残っていることです。まあ、日本のように二つの日に分かれているよりは、子供にとっては面倒じゃなくていいような気がします。

※1日遅れで、
「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。

5月7日(水)

 まだ更新してません。夜にでも。

 そんなわけで、帰って来ましたが、よせばいいのに同僚の家に飲みに行ってしまいました。気がつけば日付が変わり、それでも翌日の授業に元気に出るところが素晴らしい。(どこが)


5月6日(火)

 今日から語学研修である。今日は寝なかったぞ。やっぱり絶好調だ。なぜか、最近日記を書くのが楽しい。おまけに語学研修はためになる。当然、語学の勉強にもなるし、それ以外にも韓国の風習等についても学べる。別に今日分かったことは風習でもないのだが。

 韓国人はあぐらをかく。男も女も。特にきれいなお姉ちゃんがあぐらをかいて、サムギョプサル等を食べている姿はすごい。はじめて見たときは衝撃的であった。で、今日先生がその理由を言っていた。何のことはない。姿勢が悪くならないからだそうである。韓国では正座は一般的に罪人しかしないという。で、それなら日本だと横座りになるのだが、これが姿勢にすごく悪いという。要するに片方に重心がかかって姿勢が悪くなるとのこと。それで、分かった。確かに韓国では背の高いすらっとした女性が多いのである。これはそこに原因があったのかと思った。姿勢を悪くしないようにしつける。いい国である。

 でも何で日本は正座するんだろう。私は正座が嫌いだ。そもそも正座が下手だし、ちょっと足の骨が変なのか正座すると骨に当たってとても痛い。しびれるとかのまえに痛いのである。だから葬式等に顔を出すのはいやだ。あんな長時間の正座に耐えられない。申し訳ないが。人が死なないことを祈るだけである。


5月5日(月)

 最悪です。書き終わった今日の長編日記を全部消してしまいました。でも、気を取り直して書きますと。

 今日は、南大門市場へ人参のエキスを買いに行ってきた。別に自分で食するわけではなく、親に頼まれたからである。私の母と妹が去年の夏に遊びに来たときに、ここに行き、えらく気に入ったようだ。実際、体にとてもいいそうである。ほんまかいな。おまけに親戚にも配り、親戚でも好評のようだ。で、今回の注文は3つの小瓶が入ったセット、10個。おいおい、頼むならそんなに買うなよ。

 そんなわけで今日行った店へは、これが4回目くらいである。4回も行けばいい客である。それに話も早い。まず毎回相手をしてくれる少し日本語を話す
アジュシに「オレガンマニエヨ(お久しぶりです。)」と声をかけ、握手をする。そして、「いつもの10個お願いします。」といい、日本の住所を書いて郵送してもらう。4回も行けば、値切るのも少し気が引け、一応値切ったもののダメだった。そのかわり、海苔を10袋サービスしてもらった。しかし、このセット1つで3万ウォン(約4万5千円)もする。ただ、日本の通信販売等ではこれを1万5千円くらいで売っているそうだ。誰だ、そんなに儲けているのは。

 南大門市場もそこそこに、梨泰院へ。行った理由はほしい旅行カバンがあったから。例により、街を歩く。しかしどうしたことだ。呼び込みのアジュシが声をかけてこない。たった1人しか声をかけてこなかった。どうした梨泰院!いったい、梨泰院で何が。理由は分からない。

 で、カバンを探しに行ったが目当てのカバンがなく、あきらめる。しかしこのままでは引き下がれない。梨泰院にたくさんあるCOACHの店へ。このCOACH、日本では米国から輸入してかなり高く売られているらしいが、ここでは韓国でライセンス生産しており、日本の3分の1ほどの値段で買える。しかし、私の目的はこれを買うことではなく、人から聞いたこのCOACHの店がなくなるという不確実な噂を確かめるためである。

 店に入り、買わなくてもいいのに名刺入れを買い(これが1万3千ウォン)、アジュシに「COACHの店がなくなるというのは本当か?」と尋ねる。すると「ええ、本当ですよ。今月いっぱいで別のブランドに変わります。」とのこと。さらには「免税店ではそれ以降米国から輸入したものを売るので、価格はかなり高くなります。」とのこと。やはり噂は本当だったのか。

 で、今日はまだお知らせしたい情報が。たまごっちのことがいよいよ韓国にも本格上陸のよう。土曜日の東亜日報に載ってました。

 寝て、食べて、だだをこねて・・
 ピッピ(ポケベルのこと)ペット“人気”

 最近地下鉄や事務室等で若い女性がポケベルのように見えるものを熱心にいじくっている姿を見ることが出来る。よく見ればポケベルではなく、液晶画面があるゲームだ。画面の中にはませた恐竜やひよこが映っている。「ピッピペット」を育てているのだ。
 ピッピペットというのはポケベルの形のゲームの中の仮想空間にいる仮想動物。サイバーペット、デジタルペット等とも呼ばれる。本当の動物のように、寝たり食べたりだだをこねたりする。主人がご飯もやり、排泄物も片づけなければならない。そうしなければ死ぬ。
 日本で去年末おもちゃメーカーのバンダイ社が仮想ひよこを育てる「たまごっち」ゲームを売り出して、ピッピペット熱風を巻き起こした。国内では「露天商」等が台湾製の類似品である「スマート チック」2万個あまりを輸入して売った。最近(株)大元童話が「たまごっち」5万個あまりを輸入し、3日からソウルのロッテ、グランド、グレース等、百貨店と教保等大型書店で19,800ウォンで売る。
 たまごっちの輸入が増えてくると、ひよこの代わりに2つのピッピ恐竜が新世代層の人気を集めるようになった。ゲームパーティーのハローマミーは香港のU1社が三星のチップで作った製品。寿命は3カ月で育てる方法により、7種類の違う姿に成長する。ゲームのプログラムにより、恐竜のこどもがいろいろな理由で呼び出しをすれば、適切に措置をとってやらなければならない。おなかが空いて呼び出したあと、ご飯を食べなかったり、用がないのに呼び出したとき、主人が「礼儀教育」をすれば泣き出したりもする。先月15日から全国の韓国移動通信売場に20万個余りを売り出して、今月はじめには20万個を追加で売り出す予定。
 サジョネンジャン(意味不明)のドラゴッチはサジョネンジャンが日本のおもちゃメーカーであるナビス社と共同開発したもの。育てる期間が1カ月近くかかる。ハローマミーと価格、昨日はほとんど同じ。サジョネンジャン側は先月19日からソウルのロッテ、ギャラリア百貨店等で18万個を売って今月中に50万個が売られるものと見られる。


 実は私、先週の土曜日に以前見つけた明洞の店でハローマミーを買いましたが、その時の値段が2万5千ウォン。やられた。さらに悪いことには、私昼間は仕事があるので昼間は面倒を見れない。そんなわけで早くも死なせてしまいました。情けない。

 まだ、続く。どうも私がさんざん取り上げたドラマ「ピョルン ネカスメ」が日本のパーフェクTVで放送されているようです。「星に願いを」という題で。いいなあ。自分もはじめの頃は見てなかったからな。そんなわけでお役立ち情報満載でした。


5月4日(日)

 NIFTY-SERVEの光化荘というフォーラムのオフに行ってきた。このフォーラム、韓国歌謡について語るというフォーラムのようである。といっても私、そもそもNIFTYに入っていない。はっきり言って乱入である。参加のきっかけは私のページをよく見てくれ、よくメールをくれる方(コムさんとしよう)からの誘いである。実際今日会うまでは、メールだけで話をしたこともなかったのが、こういう誘いには必ず飛びつく私である。30日にメールを受け、今日は本当は約束があったのだが、うまい具合に約束が流れたため行けることになった。ただNIFTYのオフではあるが、韓国のPC通信である千里眼(チョンリアン)の日本語同好会の面々との合同オフということであった。

 で、約束時間に少し遅れ、待ち合わせ場所の大学路(テハンノ)へいった。約束の場所のKFCに行くととりあえず、全席埋まっている。どこが日本人の集団なんだろう。とにかく知っている人は誰一人としていないから。適当に見渡して電子手帳のようなものをいじくっているひとがいたので、これに違いないと思い、声をかけるとやはりそうであった。しかし、言っては何だが後から後からけっこう濃い人が来る。まあ、自分もその一人であったが。

 そういえば、コムさんはどこにいるんだろう。幹事の人に聞けば、食事の会場に直接来るらしい。なるほど、なるほど。ただ私の今日行った目的の半分は、その人に会うことなのだ。待たねば。

 そんなわけで夕食会場に。2つのオフ合同であるので、全員で50人くらいはいるんだろうか?会場の2階を借り切ってやった。やったと言ってもなかなか始まらない。1時間くらい待ってようやく料理がでてきた。まあ、それはともかく会場についてから30分くらいしてから、コムさんが来た。おお、この人か。何と言うべきか。はっきりいえば私が想像していた3つくらいのイメージの中の1つで驚いた。じゃあ、ほかの2つはどんなイメージなんだ。秘密。とにかくコムさんはなかなか活発で面白い人だった。私も、「何で引っ越ししたこと知ってるんだ」とか、お決まりのボケをかましていた。

 当然ながら、2次会はノレバンである。さあ、歌うぞ。というわけで1時間くらいしかいなかったと思うが、私は3曲歌った。韓国人と一緒の部屋に入ったが、しかし韓国の学生は本当に声がでかいな。もちろん男。でも、歌もうまいんだけどね。ちなみに今日の自己採点は、

「ウンミョン(運命)」COOL・・・90点
「イルクァ イブネイル(1と2分の1)」TWO TWO・・・85点
「ヨニン(恋人)」Roo'Ra・・・92点

であった。TWO TWOははじめてだったが、意外と歌える。これは収穫だった。やはり大ヒットしただけあって韓国人はよく知っている。まあ、これもよかったが、一番よかったのはコムさんが歌う「チョアチョア(好き好き)」のコーラスを裏声で歌えたのがよかった。今日は全体的に気分もよくて、気持ち良かった。 以上、分からない人にはさっぱり分からない自己分析でした。


5月3日(土)

 yahooの件は、解決しました。メールくれた方、御指摘ありがとうございました。どういうことかと言いますと、yahooと提携している検索エンジンが自動的に全世界のwebサーバーをまわって検索したため、私のページが表示されたと言うわけです。で、それに似たようなものでもっとすごい検索エンジンを発見してしまいました。それは
ここでgooという検索エンジンです。怖ろしいことにここでRoo'Raとやると私の日記が続々出てきます。こんなに書いていたのか。我ながら感動してしまった。これを使えば例えば自分のページが思わぬところでリンクされていたりするのが分かります。ただし言葉はかなり細かいところまで限定した方がいいです。韓国なんかで検索するときっと腐るほど出てくるでしょう。でもここおすすめです。

 で、今日の日記。今日は以前日記にも書いたクシャおじさんの教え子の人たちとの交流会というのがあった。くしゃおじさんの日記がいつの日記か分からなかったら上の検索エンジンで検索してください(リンク張るのが面倒なため横着)。で、寺などまわってこれが5時半くらいからだらだらと飯など食い、カラオケにいったりと。本当にだらだらと。教え子と言っても30代後半以上がほとんどですけど。

 で、もう例によって韓国人と飲むときのお約束で焼酎の回しのみが始まるわけです。おちょこをあけては相手に返し、それをまた返してという地獄のような飲み会。で、今日はさらに事件が起こった。2次会が終わって、店を出てみんなしてたむろしていると、中の一人(男性、年齢40代後半)が、「いやあ、今日は楽しかったです。」等と言いながら握手を求め、さらに頬にキス!!うわあ、何ということを。もうこれで人生が終わったような気分だった。今思い出すだけでも、いやだ。うわあやめてくれ(頭の中で思い出したモード)。

 実際、韓国では軽いキスのことをポッポといい、親の子供に対する愛情の表現として使ったりするのでそんな変な意味はないのだが。しかし、実際体験してみると、うわ、また思い出した。やめてくれー(逃れられないモード)。

 そんなわけで最悪でした。でも、頭を切り替えて5月4日は乱入モードだ。


※登板なかったですが、「帰ってきた名古屋の太陽」更新です。
ホームへ