to home バックナンバー

トップページに行って、カウンタを回していただけると幸いです(笑)。
・感想、御意見、御要望はyonezawa@butaman.ne.jpへどうぞ。

5月4日(日) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 7時になるかならないかの頃に、息子が早く起きたので、全員起床。起きたら、とりあえずすぐにご飯である。ただ、今度はご飯を早く食べると息子が外に行きたがるのであるが、やはり今日もそうだった。そんなわけで、8時半頃に近くの割と大きな公園に。まだ早いせいか、人もあまりおらず、閑散としていた。wifeは洗濯があったので、一旦帰る。1時間ほどいて、自分も息子を連れて帰ったのだが、アパートの玄関のところでもっと外にいたいとベビーカーを触ってぐずぐずいうので、もう一度公園に。今度はベビーカーに乗せて行った。

 ベビーカーに乗っておとなしくなったな、と思ったが、気がついたら眠っていた。9時半にして、昼寝。それならもう少し朝ゆっくりしていればいいのに、とも思うが、まあ、仕方がない。そんなわけで、自分もベンチの上で横になったりする。そこで、息子は1時間くらい眠っていた。起きてからは、今度は芝生とか、小さい遊具のところで遊ばせる。滑り台はまだ怖いのか、上まで上ることはできるが(と言っても階段4段)、滑りおりることはできない。それでもいろいろ触ったりするものはあって、楽しそうに遊んでいた。結局、午前中はずっと公園にいた。

 午後は妹が勤めているホームセンターへ買い物も兼ねて車で向かう。天気もよく車内はなかなか暑い。到着したが、息子が眠っているので、しばらく日陰で車を止め、息子が起きてから外に出る。外に出ると、ん?涼しい。暑い、暑いと思って、窓を閉めてエアコンをかけていたが、外の風の方がよっぽど涼しい。wifeと笑ってしまった。

 そんなわけで、そのホームセンターに入ってうろうろすると、妹を発見。しばらく、ご対面をさせて、こちらは包丁を物色。包丁があまりに切れないというので、wifeからも文句が出ていたのだ。いつか堺の包丁でも、と思っていたが、結局大阪では買わなかった。で、このホームセンターは愛知県に本社があるので、置いてあるのは岐阜県関市の刃物がほとんど。とりあえず、その中のよさそうなものを選び、購入。そして、妹がやっていたレジで精算を済ませて、アパートに帰る。今日はこんな感じで終わった。それにしても、車に乗ると息子もwifeもすぐに眠ってしまうので、いつも孤独なドライブ(笑)である。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 なし。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 韓国にいたときには、車を持っていなかったので基本的にドライブなどはありえないのだが、ニュースなどでよく週末の渋滞情報をやっていた。自分が住んでいたところのすぐ近くにソウルの高速道路の入口があり、そこから車で少し行ったところに、「マンナメ クァンジャン(ジャンソだったかな?)」というところがあり、そこ周辺の車の流れをやったりしていた。「マンナメ クァンジャン(ジャンソ)」は直訳すると「出あいの広場(場所)」ということになる。別に出会い系の人が集う場所ではなく、サービスエリアみたいなところなのだが、ほかにもいくつかサービスエリアがある中で、なぜかそこだけそういう名前になっている。要は、そこで待ち合わせをして、出かけてくださいという趣旨なんだろうが、そのネーミングに思わず「まんまやんけ、ひねりなさい、ひねりなさい!」と嘉門達夫風に突っ込みたくなってしまうのである。


5月3日(土) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 連休前半で一度流れたwifeと息子の富山来訪は、息子の体調が復活したこともあり、無事に実現した。いつもなら、朝から大掃除なのだが、前半に来るかもしれないということで一度掃除していたので、それほどしなくても済んだ。それでもwifeは不満だったようだが。午前中にいろんな用事を済ませ、必要な買い物もして、夕方に富山駅に向かう。駐車するのにちょっと戸惑い、改札をくぐる頃には、もうサンダーバードが到着してしまった。まあ、それでも何とか出迎えることはできて、よたよたと歩く息子とともに、車に乗りこむ。

 今晩の夕食は、親がすき焼きを作ってくれていて、それを食べる。息子は事前に聞いていたとおり、食欲があまりないようではあったが、何とか食べていた。去年しばらく富山にいた頃に使っていた歩行器はさすがに小さくなっており、普通に床に座って食べさせたが、どうも落ちつかない様子ではあった。それでも、祖父母に遊んでもらって楽しかっただろう。結局、お風呂に入れて、今日は終わり。割と平穏無事だった。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 なし。
5月2日(金) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 今日も帰りは遅めでありまして、気がつけば、すでに夕方という状況。何と言うこともなく、終わってしまったのでありました。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 先週録画して残っていた「ベスト劇場」を見る。やはり面白い。
5月1日(木) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 上司が今日は休暇を取っているので、上からの指示もなく、黙々とたまっている仕事を片づける。何とか1日集中して出来たので、8時頃には無事職場を出ることが出来た。これだけ早い帰りは久しぶりなので(3月まではこれでも十分に遅かったのだが)、スーパーで買い物。あまり使っていなかったが、ポイントカードを持っているスーパーなのだが、今日で500ポイントたまって、500円分の商品券が発行された。いいこともあるもの。そんなわけで、気分良く家で飯を食い、「Jリーグナイト」を見ながら、久しぶりにtoto予想を。4月に入ってからは全く買っていなかったが、今回は買えそうだ。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 これもなし。
4月30日(水) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 今日も忙しい。今日が一つの小さなヤマの仕事があって、それは無事終了。ただ、たまっていた仕事をやっていたら、また帰りは遅くなった。どうしようかと思ったが、結局、帰り道にラーメン屋に立ち寄る。あまり体によくないなとは思いながら、それくらいしか楽しみがないので、ついつい寄ってしまう。車に乗っているので、酒を飲まないのが救いか。自分にとってはつらいところだが。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 なし。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 韓国にいたときに、職場の同僚で独身ながらもアジュンマ(おばさん)を雇っていた人がいた。どこまで頼んでいたのかは分からないが、部屋の掃除や炊事などもお願いしていたようだ。日本では、よほどの上流階級でないとそういうのは雇わないが、韓国では割と一般的にあるようだった。アパートの作りでも、大概玄関を入ってすぐ横にアジュンマが休憩したりするためと思われる小さな部屋がある。私はそこで寝ていたけれど。

 ところで、アジュンマがいれば、外食もしなくていいのかも、と思ったりした。でも、韓国なら野菜もキムチなどでたくさん食べられるので、あまり気にせず外食できるのだが。

4月29日(火) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 今日は何もするつもりはない。Jリーグがある日なので、サッカー三昧とするかと思っていた。まあ、そんな日ではあるが、久しぶりに電気屋でもと思い、ピットワンへ。ちょっと購入意欲をそそられる製品があったので、ずっと比較したりしていて、2時間近くいただろうか。結局、そのあと、ココイチでカレーを食べてから帰宅。サッカーを見ていたが、またどうしようもなくだるくなってきて、結局昼寝してしまった。3時間くらい寝ただろうか。おかげでだるい感じはかなり抜けた。読みたい本(仕事関係)もあったのだが、結局、読まずじまい。まあ、こんなものだ。仕事というのは、持ち帰ってきても、ろくにやったためしがない。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 「Vintage」。特に見所はなし。以前に録画したのもあったし。


4月28日(月) 6年前 2年前 1年前 携帯電話用

 朝、起きると妙に筋肉痛。それも胸とか肩のあたりが何とも言えず、だるい。別に重い荷物を持ったわけでもないのに何でだろう、と考えて思い当たったのが、子供だった。滑り台で遊んでいたときに、8kgを超える子供を何度も抱っこして滑り台の上に上げたりしていたっけ。そんなわけで、妙にだるいと思いながら、仕事。相変わらずやることはかなりあって、朝から忙しい。連休モードで休んでいる人もいるにはいるが、そんな感じでもない。

 結局、今日も残業していたが、8時くらいにどうしようもなくだるくなってきたので、そこでやめて帰った。明日は休養に専念しよう。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 「NONSTOP MVP」。As OneとMAYAをチェック。MAYAは意外なことに、反戦の歌だったような気がします。こういう歌はあまり表には出てこないんだけどね。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 そういえば、朴讃浩対松井の対決というのがあったようだ。パク・チャンホは野茂と同時期(1年先だったかな?)にメジャーに行って活躍し始めたパイオニア的存在。日本同様、彼の登板する日には、必ず中継されている。そこでネタ的にはその中継である。当然、パク・チャンホが出ているときは、中継する。その時は、勝利投手の権利を得てマウンドを譲った。しかし、リリーフが出てきて、同点に追いつかれてしまった。そうなると勝利投手の権利はなくなり、パク・チャンホに勝ちはつかなくなる。すると、そこで中継は終わってしまったのである。いくら、パク・チャンホにしか興味がないとはいえ、あれはあまりにも露骨だ。日本のニュースでやっている松井全打席とかいうのよりも、ある意味ひどいかもしれない。韓国的ですごくいいのだが。

to home