to home バックナンバー

トップページに行って、カウンタを回していただけると幸いです(笑)。
・感想、御意見、御要望はyonezawa@butaman.ne.jpへどうぞ。

1月26日(日) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 友人の家の新築祝いに行って来た。噂には聞いていたが、すごかった。3階に、専用のオーディオルームがあり、プラズマディスプレイに、当然の5.1chサラウンド。そして、居間にも、天井からボーズのスピーカーが吊り下がり、36インチのハイビジョン用テレビに、D-VHSデッキとDVDレコーダー。当然のAVアンプ。しかも、それをあまり使いこなしていないと言うのだから、思わず「くれ」と言いそうになってしまう。一応、行く前からそれくらいの設備があることは聞いていたので、自分で編集した韓国音楽のクリップ集を持っていって見た。元のソースがあまりよくないことと、テレビが大きく、画像が鮮明なこともあって、自宅のテレビでは問題ないが、ここで見ると、市販のDVDとは画質の差が歴然。なるほど。やっぱり自分はアイワのテレビデオでいいや(笑)。

 料理も中国の火鍋とやらを作って食べる。うまかった。大量に作りすぎて、火鍋は余ってしまったが、明日も食べてもらうことにすれば問題ないだろう。

 (今日の公共交通機関旅行)
 JRで富山−小杉間往復。

 (今日のKNTV)
 なし。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 韓国では今日のような感じのものはチプトリ(チプトゥリの方が発音的には近い)という。自分も一度現地で引っ越したので、実にいい加減なチプトリをしたことがある。その時は、何も準備せずに、キムチポックンパブだけを出して、ひんしゅくを買った記憶が。で、今日は、ティッシュペーパーをお祝いに持っていった。よく持っていくのが、粉石鹸(大きく泡立つ様子から、お金がどんどん増えていくようにとの意味がある)やトイレットペーパー(長い紙が巻いてある様子から長く住めるようにとの意味がある)などの生活必需品である。ただ、どちらも持って行くには、個人の趣味とかあるかなと思って、ティッシュペーパーにしたが、意味を何も伝えぬまま、帰ってきた。

 そういえばと思って過去の日記を見たら、自分がやったときにもティッシュペーパーをもらってましたね。で、その時も、意味がよく分からぬまま、終わってました。6年間、進歩がないのか、自分。
1月25日(土) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 今週末は富山にいる。用事は明日なので今日は特にやることがない。そんなわけで、だらだらと朝起きる。ただ、昨日の日記を書くわけでもなく、ただひたすらだらだらと過ごす。こんな休日も久しぶり、でもないか。ここ最近はずっとだらだらしているような。で、ちょっとキャッシュバックのキャンペーン中のJoshinへ行く。駐車場はすごい混雑。1階は止める場所がなく、2階へ行く。目的はあるCDを買うことだったのだが、ここにないことは前にチェックして分かっていたので、結局今日は入らなかった。

 で、久しぶりに地元のレコード屋さんへ。買いたかったのは、「football time」というCDで、探したところ、難なく発見することができた。あとこれには入っていないのだが、リバプールのサポーターが試合前に歌うという「You'll never walk alone」という曲が入っているCDも見つけたのでそれも購入。早速、車の中で聞くことに。で、その感想。「You'll never walk alone」の方は、スタジアムで歌われているそのままのものが録音されており、歌詞カードも何もなく、ちょっと後悔。だって、歌詞わからんやん!そして、「football time」の方はというと、ワールドカップの公式アンセムや国際試合の入場テーマ曲など、なじみの曲がずらり。そして、よかったのは、終わりから3曲目の高校サッカーのテーマ「振り向くな君は美しい」と、終わりから2曲目の沖田浩之の曲「キャプテン翼のテーマ」。ダッシュ、ダーッシュ、ダッシュ、キック、エーンド、ダッシュと実にべたな曲で頭に染みついて離れない。やっぱりアニメはこんな感じの歌がいいね。最近のは、普通のヒット曲だしね。思わず、キャプテン翼を読みたくなってしまった。

 (今日の公共交通機関旅行)
 なし。

 (今日のKNTV)
 なし。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 韓国サポーターと言えば、ワールドカップもあって、「プルグン アンマ(赤い按摩、ではなく悪魔)」である。今日、サッカー関係のCDを探していたときに、ワールドカップの韓国チーム応援のためのCDが日本で売られているのに少し驚いた。その中に、ユンドヒョンバンドの「oh! ピルスン コリア」も入っている。アン・チファンの曲も入っていたので、買おうかとも思ったが、やはり現地のものを買った方が安いだろうと言うことでやめた。それにしてもである。私は、「赤い悪魔」という名称が嫌いだ。何故かというと「赤い悪魔」と言えば、ベルギー代表だからだ。こんなこと言っては何だが、こんなところまでパクらなくてもと思ってしまう。
1月24日(金) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 今日のお昼休みに、元上司から飲みのお誘い。アポなし飲み会、3日連続じゃないか、と思いながらも行く。もう1人声がかかっていた人もいたのだが、そちらの方はとてもとても飲みにいけるような状態ではなかった(忙しくて)ので、元上司との2人での飲み。場所はちょうど1週間前、先輩と韓国人との3人で飲みに行った店。安くて無難なので今日もここになってしまった。

 その元上司というのは、歩く日経トレンディのような人で、といってもよく分からないだろうが、要は流行や社会情勢に敏感で好奇心が旺盛なのである。とにかく話題が豊富なので、いろいろと面白い話も聞けるし、うなずける話も聞ける。あっという間に時間は過ぎて、気がつけば先週同様、閉店間際のあら汁が出てきてしまった。外に出たら、とても寒く、道はかなり凍って横滑りしている車もあった。

 (今日の公共交通機関旅行)
 行きは歩きで、帰りは自転車にしようかと思ったが道が凍っていたのでタクシーにした。

 (今日のKNTV)
 「ウマクケンプ」。イ・スヨンが1位候補で、もう1つの候補はテレビに出ないブラウンアイズ。順位決定の前の最後に、イ・スヨンが歌い、これはイ・スヨンで決まりかと思ったが、結果はブラウンアイズ。イ・スヨンはまたしても2位。さすがは、シルバーコレクターである。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 昼間、日本語ぺらぺらの韓国人の講演を聞いたが、自己紹介で「テイです(漢字は鄭)」と言っていた。日本人の司会者まで「テイさん」と紹介しているし。公式の場では正式に呼びましょうや。まあ、こんな感じで、日本語がぺらぺらで、日本とのつきあいが長い人の中に、自分の名前を日本語読みして言う人がいる。旅行ガイドさんなんか特にそう。「パク(漢字は朴)」でいいのに「ボクです。」とか、地名の「スウォン(水原)」なんか、「スイゲン」とか「ミズハラ」とかいう人が多い。それに対して、日本人が、自分の名前をそんな風に言うなんてありえない。だから、何だかちょっと悲しい気分になるのである。そこまで、相手に迎合しなくてもいいのにと。

 いや、待てよ。日本人もそうすればいいのか。例えば中村さんなんかが名乗るときは、「チュンチョンです。」なんて言ってみよう。でもそうすると、うまく発音できなくて、「ああ、タッカルビのうまそうな名前だねえ。」なんて言われるかも。そんなおちかい!チャチャチャ!

1月23日(木) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 全くそのつもりはなかったのだが、帰り際に別の課の友人のところに寄ったら、また別の友人が合流してきて、軽く飲みに行くことに。うーん、昨日から炊いたご飯があったのだが、今日も食えない。でもまあ、この仲間で集まれば、気を遣うこともなく馬鹿話ができるのでいい。そんなわけで、餃子の店で軽くやって帰ってきた。帰ってきたら、昨日から履いている新しい靴のために靴擦れしていた。血豆みたいなのができていた。

 (今日の公共交通機関旅行)
 行きは歩きで、帰りはバス。

 (今日のKNTV)
 「ショー!ミュージックタンク」は特に見所なし。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 (ちょっと他人のネタをぱくっています)日本人の名前で、韓国人が聞くと面白い名前は何だろうという話題になったことがあって、過去にも書いたけど、梶間さんとか尾島さんなんてのは、面白いんじゃないかと自分では思っていた(「カジマ(行くな、行かないで)」「オジマ(来るな、来ないで)」。しかし、それを越える意外な名前があった。島田さん。「シマダ(ひどい、あんまりだ)」ということで。チャチャチャ!
1月22日(水) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 先日、貸した布団をもらいに、先輩の家に行く。何となくそうなるかもと思いながら言ったら、予想どおりというか、とにかく引き留められて、夕食をごちそうになってしまった。おまけに、酒まで飲んで、こちらとしては大満足。1歳にならない女の子もいたのだが、それでも10時くらいまで、おじゃまして、代行運転で帰ってきた。

 ちなみに、その女の子はもう手押し車を押して少し歩ける状態だったので、もう間もなく歩けるようになるかもという感じだ。あんなにむちむちしているのに、早いなあと思ったりもする。それと、なぜかBGMはtwo two。うーん、懐かしい、といっても全盛の頃にまだ私は韓国に行っていないのだが、それでも何故か懐かしい。そういえば、私は、two twoのヴォーカルのファン・ヘヨンちゃんに、写真を撮らせたことがあるというおそるべき過去の持ち主でもある。

 (今日の公共交通機関旅行)
 行きは歩きで、帰りはバス。

 (今日のKNTV)
 「Red draft」というKNTVの音楽新番組を少し見た。ミーハーな私にとっては、アンダーグラウンドな世界はどうかなと思って、見続けるかどうかは少し分からない。ただ、最後のテロップを見て、ナレーターが阿部美穂子だということが分かって、ちょっと嬉しいような。依然として、韓国との結びつきはあるんだねえ、彼女。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 人の家の赤ん坊を見ていて思ったこと。日本人が聞くと、赤ん坊は「バブ、バブ」と言っているが、それを韓国人は「パプ、パプ」と聞いているのではないかということ。もちろん「パプ」とはご飯のことであるが、「まんま」並に赤ん坊には言いやすい言葉だし、人間の意志表示の最も基本的なもの。その言いやすい赤ちゃん言葉が一般の言葉として定着したのかな、なんて空想してみる。
1月21日(火) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 今日も日記を書けることがちょっと嬉しい。朝、久しぶりに、多分、今年はじめてだと思うが、とにかく歩いて職場に行った。いろいろ考えながらであるが、まあ、気分がいいものだ。今日も、仕事中に、落ち込んでしまうこともあったが、何とか乗り切った。でも、結局、9時半近くまで居残り。それから、バスで帰る。同じ方向の元同僚と会って、いろいろ話しながら帰る。その相手もいろいろと大変そうだった。で、帰って、間もなくご飯を食べて寝る。

 (今日の公共交通機関旅行)
 行きは歩きで、帰りはバス。

 (今日のKNTV)
 「MBC歌謡大賞」を今さらながら見る。初めの1時間ほどが予約の関係で切れていたが、始まったところがイ・スヨンから。テ・ジナとか、godとかいろいろ出ていたが、今年の10代歌手、ではなく、10大歌手にBoAが選ばれていた。この放送は韓国では大晦日の夜から、元旦にかけて放送されていたのだが、BoAのところでは、今日放送された日本の紅白歌合戦での場面です、と言って、その模様が放送されていた。韓国人歌手、BoAが日本語で歌っているところを韓国語の字幕付きで放送されるというなかなかお目にかかれない映像。さすがに、大賞はチャン・ナラだったが、一応、候補にはなっていたのでよしとしよう。やはり、KBSの扱いはひどかったなと思う。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 その今年の10大歌手の中に、ユン・ドヒョンバンドがいた。2002年と言えば、ワールドカップ、音楽界ではそれを象徴するのが、「ピルスン コレア(必勝コリア)」を歌ったユン・ドヒョンバンドなわけで、当然と言えば当然なのだが、最近の売れ方は、ちょっとイメージが違うかなと思う。自分がはじめてユン・ドヒョンバンドを見たのは、現地でライブを見たとき。と思って、過去の日記を引っぱり出したが、実際にはライブは見ていない。ライブのビデオを見ていたのだった。まあ、それはさておき、その時は、いわゆるテレビにはあまり出ないタイプの歌手で、ひたすらロックを追求するという感じだったので、今のちょっとミーハーな売れ方は、本人たちはどう思っているんだろうと少し気になる。別に彼らは普通にテレビに出ているが。ただ、きっと今年は落ち着くことだろう。そして、将来こんな時代もあったと韓国人から振り返られるに違いない。

1月20日(月) 6年前 5年前 2年前 1年前 携帯電話用

 自分が嫌で嫌でたまらないという気持ちがここ1ヶ月くらいずっと続いている。なぜ、人間は自分に対してここまで不満になれるのか。そしてそれは一向に変わることがない。こんな自分にうんざりしているが、ただ変わろうという努力もない。それを嘆いているばかり。ただね。こんなこと考えていると体ばかり疲れて来るんだよ。訳も分からずしんどいんだよ。だから、集中力もないし、ただひたすらだるい。そして、余計に仕事で失敗して悪循環。ひっそりと生きることができればどれだけいいだろうかと、時に思う。それにしてもだるい。

 (今日の公共交通機関旅行)
 行き帰りともにバス。

 (今日のKNTV)
 「SBS人気歌謡」。野人時代のアン・ジェモがカリスマという紹介のもと、登場。うーん、この間までこの番組の司会してませんでした?この人?えっ、勘違い?どうなんでしょう。と思っていたら、やっぱりそうだった。昔のVTRが紹介されて、あのキム・ミンと一緒に司会していたことを思い出した。キム・ミンは嫌いだった(笑)。今のキム・ジョンファは落ち着いていて好きだが、男をだましていそうで(偏見!)ちょっと怖い。

 (今日の小ネタ(小ネタ目録))
 ドラマで加湿器が置いてあるのを見た。そういえば、今頃のソウルはやたらと乾燥するので、自分も部屋の隅に水を入れたコップを置いたりしていたものだ。それに引き替え、冬の富山は。実家には除湿器が置いてあったりするし、場所が変われば全くの正反対。
to home