to home

1月28日(日)
 今日も滑る。午前中は、まだ天候がよくて、昨日よりはましだった。それでも置いてきぼりにはなるのだが、置いてきぼりの時間が少ないというのは自分でも分かった。昨日は先頭が見えなかったもんなあ。

 しかし、飯を食って元の場所に戻る際に、またすごい雪にスキー場でなかったら遭難するぞと思うような状態。それでも、昨日よりはちょっとましにけがもなく何とか滑り終えた。足がぼろぼろだ。

 帰りはまた同僚に送ってもらって自宅まで送り届けてもらう。疲れた。今後は、スキーをちょと自粛しようか。人と行くんならもうちょっとうまくならないとなあ。

(今日の公共交通機関旅行)
 今日もなし!

1月27日(土)
 今日は、月曜の朝書きである。しかも、朝風呂後である。早起きして日記を書くというのは何とも。。

 白馬まで職場の同僚などとスキーに行って来た。途中、148号線を南下し、長野県に入ったところでものすごい雪に。自分は運転せず、車に乗せてもらっていたので、直接どうということはなかったが、それにしてもすごい雪だった。視界が全くきかない状態に。何でも長野とか、関東方面は大雪だったと言うではないか。言われてみれば、そうだがニュースを知らずにいた身としては、何とも不思議な感じだった。

 そんな天候の中、午後からスタート。いきなりゴンドラへ上の方へ。ものすごい雪で、圧雪されていない新雪がゲレンデにも積もっている。おまけに結構急な傾斜ではないか。いきなりこんな所かと思ったこともあり、下手な自分は一人置いてきぼりに。完全に気が滅入ってしまった。困ったなあ。

 とりあえず、その日は一応一通り滑ったものの元の場所に戻るにも急な坂を下らねばならず、格好もむちゃくちゃのチャレンジャースキーで何とかたどり着いた。一緒に行った同僚に申し訳なかった。もっと滑りたかったろうに。

 結局、12時から滑って、3時にはあがった。それから宿に着いて、4時30分頃から宴会。飲みまくった。スキーで負けても飲みでは負けん。というわけではないが、よく飲んだ。夕食前にすでに缶ビール6本。すいません、ちょっと飲み過ぎです。

(今日の公共交通機関旅行)
 車で行ったのでございません。

1月26日(金)
 また、結局朝に書いている。スキーに行くから早起きしてこれではまた、余裕のない生活ではないか。

 何だか、午後5時少し前からものすごくだるくなった。風邪でも何でもないのだが、集中力が一気に切れてしまった。東京で会った電車事故、助けに入って巻き添えになった1人は韓国からの留学生だというではないか。何とも。ある意味、美談ではあるんだけど、亡くなってしまってはかける言葉もない。

 土日はスキーに行って来ます。

(今日の公共交通機関旅行)
 帰りに総曲輪の本屋によってご飯も食べてきたので、西町からバスに乗って帰って来た。西町の8時頃は人がいなくて何とも寂しい。

1月25日(木)
 教訓。もう朝に日記を書くのはやめよう。余裕がなさすぎる。朝慌てる必要がある。あほや、全く。

 今日は帰りがちょっと遅くて9時15分くらいだった。当然「女子万歳」は途中から見ることになる。あとでビデオを見るからいいのだが。それにしても、出演者が何か吹っ切れたかのように笑っているなあ。何があったんだろう。ん?「女子万歳〜」ってチェ・シラが叫んでるぞ。うーん、まるで最終回のようだな。あれ、パク・ソヒョンが逮捕されたぞ。展開がやけに早いな。おーっと、あの無愛想男が父親に結婚を認めてくれといってるぞ。えっ、もう結婚式?展開が早すぎる。

 チェリムがブーケを投げて、チェ・シラが奪い取る。ああ、テロップが流れて。「今までごらんいただいたみなさんに感謝申し上げます。」

 え、やっぱり。今日は最終回だったとさ。最終回って今日は最終回だぞって意気込んで見るからいいんだよな。知らずに見ていたとは。しょうがない、ビデオを見直そう。最初にテロップが「最終回 30歳の宴のはじまり」。。。。はじめから見るべきだった。

 それにしても最終回だから遊びすぎ。遅く結婚した方がいいの例で、チェ・ジンシルを出したのは面白かったなあ。「ジンシルとかいう女優は5歳下のかっこいい男を捕まえた。」「それならうちのダヨン(チェ・シラ)は6歳下のかっこいい男を捕まえさせる。」何をいってるんだか。

 チェ・シラは結婚する約束をして裏切られた女性の設定だったが、理由は違うとはいえ、チェ・シラ自身もかつてそんなことがあったっけ。そういう役をやらせるとは韓国という国は恐ろしいなあ。

(今日の公共交通機関旅行)
 金沢出張のため、はくたかに乗る。帰りもはくたか。職場からの帰りはバス。公共交通機関ではないが、金沢駅から乗ったタクシーにはおじゃる丸と小町ちゃんのシールが。ちょっと感動してしまった。

1月24日(水)
 今日は、何も書くことがないなあ。朝、危なく寝坊しそうになったくらいで。ロシア語講座に行って、帰ってきて「女子萬歳」を見る。ああ、うまく行きそうだったのに。そんな気持ちになる。ただ風呂に入って気がついたら寝ている。危ないなあ。ストーブは一応、切っているのだが。

(今日の公共交通機関旅行)
 帰りはロシア語講座の先生に送ってもらったので、公共交通機関の利用はなし。

1月23日(火)
 仕事でちょっと区切りがついて早く帰ってきた。帰り道はなかなか寒かった。まあ、それはさておき。。。

今、富山県内で起きた誘拐事件がマスコミを騒がせている。しかし、これがよくある子供の誘拐事件と異なり、24歳という成年男子の誘拐事件ということと、金をその場で要求していることなど、ちょっと変わった面があり、職場なんかでもむちゃくちゃな言われ方をしている。まあ、自分も最初はそう思ったから人のことは言えないのだが。

 ただ、我々が馬鹿話で言っている分には、あまり好ましくないとは言え、本人には迷惑はかからないのだが、犯罪の被害者ということもあり顔を載せてもいいという感覚があるのか、いやがっている本人の写真を無理矢理撮っているようなところがある。ある新聞には警察の中で事情聴取を受けている被害者の写真を窓の外から盗撮したような写真が掲載されていた。また、実際に被害者も服を頭から被ったりしているのだが、それを写しているとまるで容疑者のような扱いである。マスコミの扱いに疑問を感じる。と、僕は思っていただけである。

 そう思いながらも、学生の頃の写真と思われる写真が載った新聞を職場で見て、同僚に「こんな写真ありかなあ」と言っていたところ、その同僚が「それよりもマスコミの報道が容疑者のように取り上げていて、問題じゃないか」と言った。思っていることを口にできることと、思っていてもちゃかしてしまう自分とは雲泥の差があるなと思った。

(今日の公共交通機関旅行)
 今日は帰りに本屋に寄るため、富山駅まで行き、富山地方鉄道で1駅乗って帰ってきた。帰り道は雪で寒かった。

1月22日(月)
 今日も寒かった。仕事は相変わらず煮詰まらない。大丈夫なんだろうか。どうも、帰ってきてからも飯を作って、食べてしまったらもう動く気がしない。ひたすら眠くなるのを待つのみ。嫁さんにもしかられた。電話で目が覚めた。半分寝ていたような感じだった。それでもおかげで目が覚めて、日記を書いている。

 そういえば、さっきサラリーマンでボーナス5千万円という人が出ていたな。ああいうのは特殊なんだろうけど。真の資本主義が近づいてきているな。これまでの日本は資本主義といいながら、半分社会主義のような安定した世界だったしな。10年後に自分は無事に生きているのだろうか。今の生活を少なくとも維持できているのだろうか。実感はないが、甚だ不安である。

 それにしても、ウマクケンプ(音楽CAMP)はSBS人気歌謡よりもいいな。

(今日の公共交通機関旅行)
 例によって、職場から家までの帰りのバス。前の職場で同僚だったMさんと同じバスになった。また、飲まなければ。

to home