to home

1月14日(日)
 今日はお昼に自分と嫁さん、飯田橋さんとソウル時代に知り合ったSさんと会った。なんばでうどんを食べた。有名な店らしい。メニューは豊富であった。これまた、共通の部分があって話は盛り上がっていたように思う。面白かった。Sさんの旦那からの電話もあったし。そういえば、うちの親からも電話があった。こっちは雪が大変だから、早く帰ってこいと。知らんっちゅうに。

 その後は、その近くのケーキ屋へ。目指すところは嫁さんが知っていたのだが、方向音痴につき、怪しい通りをいくつか歩いた。なんばというのはこういう雑多な町である。まあ、知ってはいたが。WINSがあるというのも初めて気づいたし、銭湯もあった。そんなところを見ながら、ケーキ屋でケーキとお茶をするのである。うーむ、うまかった。

 帰りはサンダーバード41号で。電車自体は空いていたが、ホームで待っていると山陰から雪にまみれて入って来た特急を見たりして、雪のすごさを感じた。実際サンダーバードに乗ってみるといつでもなく琵琶湖沿いからもう雪である。そのうちどんどん雪が強くなり、敦賀のあたりが一番ひどかった。富山に帰ってきたらもうやんでいて、ちょっと拍子抜けした。でも、今はまた降り始めている。おかげでスカパーの韓国チャンネルが写らない。明日の朝もだめかな。

1月13日(土)
 夜、東アジア競技大会のボランティアに対する説明会があったので、大阪に行った。もたもたしていて、結局14時14分のスーパー雷鳥で行った。シティ・ハイクOSAKAという割引切符を使って。平日と休日の料金が異なっていて、休日の方が安く設定されている。これは、大阪地域までは特急で行けて、しかも環状線を中心として大阪市内の中心部がフリー区間となり、さらに1日分の地下鉄等の1日乗車券が付くというものである。ただ、この切符は1泊2日に限られるので使う機会がなかった。今回が初めてである。

 ま、それはともかくとして、説明会会場の森の宮に向かう。自分はこの大会の語学ボランティアに応募していたのだ。会場には、運営ボランティアの人も含め、たくさんの人が来ていた。また、出張であるが、私がソウルにいた時代に一緒の職場にいた飯田橋さんも来ていた。説明も聞いていて思ったが、ボランティアってそんなに楽しいものなのか?って思った。別に自分は楽しいから応募した訳じゃなくて、言葉を活かしてみたいと思ったからなのだが。経験者の話にそういう話が多かったので、そういう気持ちになった。あとになって、事務局の説明で運営スタッフのプロになってほしいということは言っていたけど。

 まあ、そんなことも説明会は終わった。その後、飯田橋さんとその職場の関係者の人と近くで飲んだ。お互い、韓国について共通の知識を持っているのでくだらない話など楽しかった。まじめな話もうなずける部分が多いし。そんなことで、ちょっと酔っぱらって帰った。森ノ宮から嫁さんの家までの時間が長かった。

1月12日(金)
  歓送迎会があった。それほど飲みはしなかったが、上司に嫁さんが妊娠していることを報告した。あ、ここでも報告している。

1月11日(木)
 夜、急遽飲みに行った。急遽、飲みに行ったにしては、寿司屋とバーで1万3千円くらいかかった。寿司屋は1時間ほど遅れていったにもかかわらずである。惜しいことをした。寿司は確かにうまかったけどね。それと、今日のおじゃる丸はよかった。

1月10日(水)
 実は、水曜日にロシア語を習っている。5月頃からやっているが、週1回で予習や復習もろくにしてないから全然身に付かない。生徒も私を含め、男2人。先生もおじいさんだし、全くよくやっているという感じである。今日は、なぜかおばさんが一人飛び入りで参加していた。でも、不純な動機にはなりえない。純粋に勉強するだけである。健全だ。

1月9日(火)
 仕事で、ちょっと忙しかった。でも帰りはそんなに遅くない。飯は家に帰って食べる。肉豆腐もどきを作ってあったからだ。でも、あんまりうまくないな。

1月8日(月)
 今日は、特に何もせず、大人しく富山に帰った。サンダーバード25号で帰る。何度か帰っているが、この季節は琵琶湖が見えなくなるあたりで、風景が変わる。あのあたりで雪で白くなるのである。最近はあまり雪が降らないと思っていたが、こうして見るとやっぱり日本海側と太平洋側は全然違うと感じる。ここが日本海側の魅力であり、ハンディでもあるのだが。遊びに来るならぜひ、冬にも来ていただきたい。

1月7日(日)
 B邸で朝8時くらいに目覚める。B氏はいそいそと朝食の準備をしていた。まめやなあ。と思いながら、朝食をごちそうになる。ご飯とインスタント味噌汁だけのものだったが、麻雀明けにはそれで十分である。お茶碗一杯をごちそうになり、地下鉄駅まで車で送ってもらい、名古屋駅に向かった。

 途中までなごやん氏と一緒だったが、彼の本拠地、今池で彼は降り、私一人になった。名古屋駅までついたら、近鉄の改札口に向かう。嫁さんの家に向かうため、大阪行きのアーバンライナーに乗るためだ。11時発の座席を確保して、近鉄百貨店をぶらぶらする。おきまりの星野書店とタワーレコードをのぞき、雑誌を一つ買って乗り込んだ。

 車内はさほど込んでおらず、自分の横にいた人も開いていた前の席へ移動した。私はそれと時を同じくして(そうでなくてもやっていただろうが)、ホームページ再構築に向けた日記の作成にかかる。座席についている小さなテーブルを設置し、その上で、JORNADA680を立ち上げ、ちまちまと打つ。マシンが小さいからちまちまとと言う表現がぴったりである。(ちなみに、この文章も1/14に大阪から富山までの特急サンダーバードの車内でちまちまと打ったものである。)

 何とかある程度目処をつけ、2時間後に大阪に着く。今日は上本町で降りた。嫁さんとそこで待ち合わせである。しかし、電車を降りるやいなやものすごい疲労感におそわれる。麻雀疲れとちまちま打ち疲れだろうか。とにかくしんどい。しんどいので、地下の焼き肉屋でクッパを食べて何とか疲労を紛らわせた。

 つもりだったが、今日の目的の「ワンワールドフェスティバル」の会場に着いた頃にはまた疲れていた。嫁さんの仕事の関係の人にも何人かあったが、今思えば疲労ありありの顔で応対していた。申し訳ない。ちなみに、途中雪もちらちらしていた。大阪では初雪じゃないのだろうか。

 結局、そのままどこにも寄らずに嫁さんの家に帰った。それからは何をしていたのだろう。飯を食って、それからあ、ドラマを見ていたっけ。韓国の新空港へ向かう橋を巡って、日本人と韓国人の葛藤を描いたドラマ。題名はよく覚えていない。

 高島政伸が主役で、韓国の有名女優、金志修(キム・ジス)が出ていたことと、その主役の高島に、韓国人の俳優がいきなり日韓関係について問いただして、「日本人は本音を言わない」とか、会っていきなりそれを言う人はそういないぞ、と思う展開だったことくらいか、覚えているのか。まあ、結論はハッピーエンドでよいのだが、あの橋は日本がかなり支援して作ったかのような印象を与えていた。果たしてそうなのだろうか。そこがちょっと気になった。それにしてもひどい疲労の1日だった。爆睡!

1月6日(土)
 今日は、名古屋に向かう。大学時代のゼミの仲間が集まって新年会のようなものをするからだ。わざわざ富山から出ていくものもいれば、仙台や、静岡から駆けつける人間もいる。大学卒業後も、なんだかんだ言って名古屋には年2回くらいは行っているが、この新年会は年々楽しくなってくる。大学にいた頃よりもずっと楽しい感じだ。

   ちょっと朝出遅れ(またか)、3時過ぎに名古屋駅に到着。新婚のB氏の家までは桜通線を終点まで乗って、さらにバスに乗って4時過ぎにたどりついた。B氏を含め、4人がすでに来ていた。一番乗りの仙台から来たなごやん氏は昼から飲んでいるらしい。さすがである。

 夕方になって、飲みに近くの飲み屋に行く。B邸から眺める景色はなかなかいい。東山タワーから名古屋駅の方まで東山線沿線の高層建造物が一望できる。部屋もいいし、購入したと言うことだから、かなりしたことだろう。地下鉄駅近くの居酒屋で手羽先を食べる。うまい。名古屋に来るとやはりこれだと思う。どて煮を食べなかったのがちょっと残念ではあるが。

 結局10時くらいにB邸に戻り、麻雀が始まる。自分は本当にたまにしかしないので、手積みがうまくいかない。そのため、時間がかかり、半荘2回で終わってしまった。もう少しやりたかった気もするが、もう自分も含めて体が動かないようだ。そのまま、睡眠である。

1月5日(金)
 早くも寝坊した。起きたら8時15分。余裕のある生活が来るのはいつの日か。仕事は結構、忙しかった。久しぶりに残業したぞ。いつも暇なもんだから8時15分頃まで仕事したら、充実した気分だった。8時15分って起きた時間じゃないか。

 昨日からNHKの英会話入門っていうラジオ講座を聞き始めた。だっせー。でも、少しは話せるようになりたいしね。といいながら、早くも寝坊で挫折したけど。

1月4日(木)

 今日から仕事始めである。が、雪がかなり降った。まあ、それでも余裕を持って家は出たつもりだった。しかし、財布を忘れていた。取りに戻ったら、結局いつものように、いやいつも以上に遅い時間の出勤になってしまった。必死に競歩並のスピードで20分弱歩き、何とか1分前にたどり着いた。

 1人だけ汗だくである。でも、それでも何事もなかったかのように振る舞う私は本当に嫌な奴である。だから、好かれないんだなあ。

to home