12月16日(土)
 久しぶりの韓国だ。正確には4月以来だが、何だか1年ぶりくらいの感じである。

 金浦空港に着いて、入国審査などを無事に通過。両替してから出てきた。さて、どうやって市内まで出ようかと考えたところ、声をかけられた。悪玉子さんだった。空港に来るかもという話はあったが、そんなことはすっかり忘れていた。だから、驚いた。

 結局、驚いたまま、バスは渋滞で遅れるという注意も聞かず、単に外の景色を見たいという理由で600番のバスで梨花女子大へ向かう。最初の約束場所がそこである。ソウルで働いていたときにいろいろとお世話になったヌナ(姉の意味)と会った。職場の愚痴などいろいろ聞いていて面白かった。スターバックスもどきの所とKFCと2軒回って話をしていた。別れ際に最近みているチェ・シラ主演の「女子万歳」というドラマについて、人気があるのかと聞いたところ、かなりの人気らしく楽しみにして見ている自分もうれしかった。またほっとした。韓国人もあのドラマを面白いと思うんだなと。

 そんな感じで話を終えて地下鉄に乗って次の目的地、三成駅に向かう。地下鉄2号線を西側から回る。これも単に修復をした橋を渡りたかったと言うだけなのだが。まあ、かなり前に修復工事は完了していたと思うんだけど、自分はまだ渡っていなかったこともあるし。電車の中では、地上では持参のラジオで必死になってFMを聞こうと努力し、地下に入るとやむを得ず寝てしまうし。どうも、ソウルに着いたばかりなのにやたらと疲れている。昨日も飲んでいたということもあるし、空港内の移動だけでもなかなか疲れるようである。

 そうこうして、三成駅に着いた。とりあえず、待ち合わせ場所に指定されたKFCに向かう。三成駅周辺は「旅」という雑誌の韓国特集があった最近の号にも取り上げられた場所で、水族館などもできたそうである。水族館は時間的にもみれなかったが、雰囲気はずいぶんと変わったような印象を受けた。以前も現代百貨店があって、高級な雰囲気はあったものの、それ以上に一角のショッピングモールにいろいろな店ができていた。COEXも新しくなったようではあったし。(しかし、自分が話していることはずいぶん前に変わったことを言っているような気がしてならない。)

 KFCでは、悪玉子さんと江西区さんとが待っていた。姫さんは、用事があって後で合流らしい。歩いて北に向かって行って、飯を食うところを探す。肉かプデチゲかということになったので、より韓国らしいプデチゲにした。どうせ、肉は明日食べるだろうし。

 店をのぞいて見ると客は誰もいなかった。普通、こういう店は避けるものだが、ほかに店もないし、プデチゲも食べたかったしで、その店に入った。まず、マッコルリ(どぶろくのような白いお酒)とトゥブキムチを頼み、そしてプデチゲ。おなじみのスパムの入った鍋は相変わらずジャンキーな味わい。それにしても辛かった。しばらく辛いものを食べていないとこうなってしまうのだろうか。繰り返すが、それにしても辛かった。プデチゲを食べる前に、姫さんは登場していて、話を聞いているとやはり最近とても忙しいらしい。

 そこで、プデチゲで腹ごしらえをした後に、嫁さんと、その職場の同僚の人たちと合流である。場所はインターコンチネンタルホテルと聞いていたが、自分の知らない割と最近出来たと思われるCOEXインターコンチネンタルホテルであった。中に入ると、それはもう立派で立派で(的確な言葉が見つからない)いいホテルで、自分の汚い旅行カバンを持った出で立ちが大変似合わなかっただろう。

 まあ、何はともあれ、嫁さんの職場の人とも軽く挨拶を交わし、近くのHOFへ。何せ結局このときは10数名になったものだから、店に入って人数を言うといすを無理矢理動かして、豪快にも10数名座れる席を作ってもらったりした。しかし、そこはHOFであるにもかかわらず、生ビールが機械が故障しているとかで、飲めない。HOFの看板が泣くぞ、オイオイ。

 結局、レモン焼酎だとか、普通の焼酎だとか、ビールだとか、それぞれにいろいろと頼んで、座はまあそれなりに盛り上がっていたのだろうか。嫁さんの職場とつながりのある韓国の中央の役所の人も中に入っていて、韓国人にはありがちではあるが、自分にどれだけ力があるかを示すかのように話していた。でも別にそれが鼻につくわけではない。過去にどれだけ大きな仕事をしてきたかを相手に示すことは、ある意味で礼儀なのだろう。

 まあ、そんな感じで飲みながらその日は終わった。どうも位置関係がよく分からなかったが、COEXインターコンチネンタルの場所と現代百貨店の位置関係から見て終わりの頃にようやく分かった感じである。さすがに12時近くとなると、ソウルらしい寒さになっていた。そんな感じで1日目は終わった。

to home