91 きりぎりすなくや霜夜のさ莚に
  衣かたしきひとりかも寝む
 

○白い紗羅がうっすらと 地を覆うような霜の夜
ころころ淋しい こおろぎの声
寝床がわりにゴザを引き 
布団の変わりにコートを掛ける
凍った空気が身に沁みる 今夜も哀しく独り寝す。

☆こおろぎが鳴き、霜の降りる寒い夜に衣の方袖を引いて寂しく独り寝する

  きりぎりすなくやしもよのさむしろに ころもかたしきひとりかもねむ
  出典 新古今集

Go-Kyogoku no Sessho Daijodaijin
On a chilling mat,
Drawing close my folded quilt,
I must sleep alone,
While all through the frosty night
Sounds a cricket's (forlorn chirp).

恐ろしいマットに関して
近く私の折り重ねられたキルトを描くこと.
私は単独で眠らなければならない.
を通して冷やかな夜をゆったり過ごしなさい.
コオロギのもの(わびしいちゅっちゅっ)を鳴らす


後京極摂政前太政大臣 ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん
 (1169〜1206)藤原良経、九条兼実の次男。

歌を藤原俊成に学び、定家(つまり御子左家)の後見をした。
摂政・太政大臣に至る。

九条良経とも、後京極摂政、中御門殿とも呼ばれた。
和歌所の寄人も勤め『新古今和歌集』の撰者の一人。
また書も よくし、書道後京極流の祖でもある。
法性寺流の流れを汲み、重厚な和様で後京極よう/様とも言う。

三十八歳で急死。夜半に突然亡くなったことから、暗殺説もあり、
寝所で何者かに、天上から槍で刺し殺されたとされる。

『新古今和歌集』をめぐる怨みによるとする説もあるが、未詳。
暗殺当日は、みゆき/御行で邸を訪れた土御門院が別室にいたのだから、大胆な犯行である。
土御門院は悲しみ、国中に賊を探索させたが 結局犯人は見つかっていない。



この歌の詞書は「百首歌奉りしとき」
百首歌は百人一首と違い、全部一人で 百首を詠い上げること。

貧乏生活の歌かと思いきや「この歌 恋歌也。四季の題で恋の歌詠むも常あることなり」と
秋+恋の歌であったことが判明。
…それにしても見ているだけで寒すぎる歌だ。
とても三十六歳でトップクラスの太政大臣に選ばれた人の歌とは思えない。
初めてこの歌読んだ時 しみじみ風情とか、しっとり鑑賞とかより先に
「こいつ、翌朝凍死してないだろうな…」と妙な心配をしてしまったほど。

当時の情勢では北条武家が実権を握り、京の役職なんて 名目だけだったらしいので
本人もそれなり 貧乏生活はあったのかも。

  「わが恋ふる妹は逢はさず玉の浦に 衣片敷きひとりかもねむ」
「さむしろに衣片敷きこよひもや 我れを待つらむ宇治の橋姫」
「と山とてよそにも見えしはるのきる 衣片敷きねてのあさけは」
等が本歌かとされている。

  《きりぎりす》現在のこおろぎ。『和名抄』では木里木里須と表記されていて、
なんだか可愛い。

***************************************

92 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の
  人こそ知らね乾くまもなし


○海底深く しずむ石。 潮が引いても人目に触れぬ
  蒼い悲哀につつまれて 決して渇くことがない。
  風よ あの人に伝えておくれ 私の涙で濡れた袖
  海の中の石のよう 貴方のせいで乾かない


☆私の袖は引き潮でも見えない石のように、誰も知らないけれどいつも涙で濡れている

わがそではしほひにみえぬおきのいしの ひとこそしらねかわくまもなし  
出典 千載集

Nijo-no-In no Sanuki
Like a rock at sea,
E'en at ebb-tide hid from view,
Is my tear-drenched sleeve:--
Never for a moment dry,
And unknown in human ken.

海の岩石のように
干潮のE'enは視点から隠れた.
私の裂け目でびしょ漏れにされたスリーブである:--
ちょっと決して乾くな.
そして, 人間の理解では, 未知.


二条院讃岐 にじょういんさぬき (1141?〜1217?) ぬえ退治で有名な 源頼政の娘。
父親の源頼政は武人でもあるが、有名な歌人でもあった。
平清盛政権に反乱を起こして敗死している。

讃岐は、はじめ 七十八代目二条天皇に仕えたが、天皇が二十三歳で亡くなったため 後鳥羽天皇中宮であった
ぎしゅうもんいん/宜秋門院任子に仕え、後に藤原重頼の妻となる。

晩年には出家。この歌で有名になったことから「沖の石の讃岐」とも
中宮妃に仕えたので「中宮讃岐」とも呼ばれた。

父娘で歌会に出席する事もあり、この歌も 父の
「ともすれば涙に沈む枕かな 汐みつ磯の石ならなくに」を踏まえており、
磯の石を沖の石と置き換えたところに、讃岐の手腕が褒められている。



詞書は「寄石恋」。
石に恋するという意味ではなく(当たり前)石に寄せる恋という心、
つまり恋を石に託して詠ったということ。

『二条院讃岐集』では
「わが恋は潮干にみえぬ沖の石の 人こそしらね乾くまぞなき」となっていて微妙に違う。
『千載集』編撰の折り、撰者の 藤原俊家が 手をくわえたのでは とも考えられているが、未詳。

でも、人様の歌を勝手に改作して編集なんてことしていいのだろうか…。

「沖の石」は単なる沖の方にある石という説と、父 源頼政の領地であった 
若狭の国(現在の福井県)矢代の沖合いにある「沖の石」と
呼ばれる大石を差しているとする説がある。

「潮干に見えぬ」は通常 沖の石は、潮が引いたら姿を表すものだが、
干潮になっても見えないという意味。
私のイメージとしては、「海底の石」ではなく、あくまで「沖の石」なのだから、
存在を示す先端部ぐらいは見えそうな気がする。
まったく姿を覗かせない石だと、乾く乾かない以前の問題になってしまう気がするし
(あくまで私見ね)

《人こそしらね》人は知らないが

*************************************************   

93 世の中は常にもがもな渚漕ぐ
  あまの小舟の綱手かなしも


○海岸を散歩し疲れて一休み。
 砂浜から見える 小船を綱引く漁師の声。
  大きなシャガレ声だけど、思い出を呼ぶ懐かしさ。
いたずらして叱る祖父の声。 手伝って誉める先生の声。
しみじみ一人、平和に浸る。
 のどかで心和む日々。ずっとずっと続くと良い。


☆世の中は常に変らずあって欲しい。渚で海人が小船の綱を引く、のどか長閑な情景のように 

よのなかはつねにもがもななぎさこぐ あまのをぶねのつなでかなしも  
出典 新勅撰集

Kamakura no Udaijin

Would that this, our world,
Might be ever as it is!
What a lovely scene!
See that fisherwoman's boat,
Rope-drawn, rowed along the beach.

それ…これ…我々の世界だろう
かつて…であるそれ
何とすてきな場面なのだろう!
そのfisherwomanのボートを見なさい.
ロープによって描かれて,
ビーチに沿って船をこがれる.


鎌倉右大臣 かまくらのうだいじん (1192〜1219) 鎌倉幕府第三代将軍 源実朝。
源頼朝の第二子、母は北条政子。

急死した兄頼家の後を継ぎ、十二歳で将軍になる。
二十七歳で右大臣になるが、その翌年二十八歳で兄源頼家の子 くぎょう/公暁に、
右大臣拝賀の礼で鎌倉鶴岡八幡宮に詣でた帰路、暗殺された。
(ココラ編は 日本史好きなら 有名事件)

鎌倉幕府の実権は、これにより北条氏に移ることから、公暁の逆恨みは、
北条氏に寄る差金とする見方が強い。

鎌倉にありながら京都文化に心酔し、和歌・蹴鞠を好む風流人であった。
将軍の跡目を継ぐ羽目にならなければ、優雅な趣味人として一生を おくれたであろうだけに、哀れ。

和歌は 藤原定家に師事を請け『詠歌口伝』(『近代秀歌』)を贈られている。
その歌風は万葉風であるとして、賀茂真淵や正岡子規に賞賛された。

また入宋を目指しちんなけい/陳和卿に巨大船の建造
を命じたりしたが、船はうまく進水せず失敗に終わっている。



この歌の詞書は「題知らず」であるが、
自撰和歌集である『金槐集』の中では、「舟」の題詠となっている。

趣味や詠み上げた歌、好んだ事柄を見ると 将軍というよりまさに、文化公家社会の人。
穏やかな平安を愛したのであろうが、そういう人がこういう歌を
詠んでしまうのが、歴史の皮肉。
二十八歳で暗殺しされるとわかって読むと、平穏の中に無常感が伝わってくる。

ここでの 「かなし」は「かな愛し」でいとおしいとか、しみじみ心を動かされるといった意味。
「悲し」と解釈して、寂寞感のみの歌と読むのは誤りと、定家の解釈にもある。

季節ネタでも、恋愛ネタでもない珍しい分類の一首。
「陸奥はいづくはあれどしほがまの 浦槽ぐ船の綱手かなしも」
「河の上のゆついはむらに草むさず 常にもがもなとこをとめにて」
などの歌が本歌とされている。
何度か出ているが、本歌とは「本歌取り」。
元歌を改良してより良い歌にするという技法で
(場合によっては、元歌の方が良かったりもするが…)
今ならものまね作家と罵られかねないが、
その作品価値は充分認められていたのである。

第一、本歌といわれても ほんの一箇所ぐらいが似てるだけの場合もあるし
、歌枕や単語なんてもう共通物だし 似ても当然だろうってフシもある。
その基準がいまいち分かりづらいが、
ワンフレーズでも似ていたら、本歌取りと呼ばれてしまうことが多い。

話題は戻るが、常にもがもなの「もがもな」って、なんだか響きがのどかでユーモラス。
もがも が願望を表す終助詞で、そうあって欲しいという意味。
意味はわからなくても、頭に焼きつく単語だ。「もがもな海人」で暗記してみよう。

《なぎさ》渚、海などの波打ち際
《常にもがもな》本文でも書いたが、常に変わらずあって欲しい
   
**********************************************

94 み吉野の山の秋風さ夜ふけて
   ふるさと寒く衣うつなり


○ 夜が更けて、吉野の里に秋風が吹く。
はためく枯葉は流れ去り、折れた小枝が揺れている。
寒寒とした山里に、乾いた槌音 とこっ とこっ トン。
着物の艶だし柔化の為の、叩く砧の秋の声。
冷たい空気に晒されて
冬の準備だ とこ とこトン。響く砧の秋の音。


☆夜も更け吉野山に秋風が吹くにつれ、里は寒くなり砧を打つ音が響いている。

みよしののやまのあきかぜさよふけて ふるさとさむくころもうつなり 
出典 新古今集

Sangi Masatsune
From Mount Yoshino
Blows a chill, autumnal wind,
In the deepening night.
Cold the ancient hamlet is;--
Sounds of beating cloth I hear.

吉野山から
寒気, 秋の風を吹く.
深まっている夜.
冷たさで古代の小村はそうする.--
私が聞く布を打つ音.


参議雅経 さんぎまさつね (1170〜1221) 藤原雅経、または飛鳥井雅経とも。

藤原頼経の子で、ややこしいことに 父の呼名は 難波頼経ともいう(同一人物)。

頼経は源義経と関係があったため、伊豆に流されていたことも。
はじめ邸が二条万理小路にあったので「二条」と称したが、
後に近くにあった井戸(飛鳥井)が家名となり、飛鳥井家の祖となった。

飛鳥井家邸宅後は、現在崇徳天皇を祀る 白峰神宮となっているが、
蹴鞠の飛鳥井の由来から、サッカーの神様としてあがめられ、
「きゅうぎ/球技とうこん/闘魂のおまもり/守」が売られている。

室町幕府に冷泉家とともに重用される。
飛鳥井家は歌・蹴鞠の二道で、後鳥羽院や将軍源頼家も、雅経を蹴鞠の師とした。

藤原俊成・定家父子に師事し、後鳥羽院により和歌所の寄人も務めている。
若い頃賀茂の神社で歌を作ったところ、その神社の宮司の夢に明神が現れ、
雅経の歌の出来を認めそれ以降官途が開かれるようになったといわれている。
『新古今和歌集』の撰者の一人。



この歌の詞書は「とうい/擣衣のこころを」。擣衣とは、砧で衣を打つこと。
砧とは「衣板」から転じた言葉で、衣服を叩くことで 艶出しや軟化をする秋の風物詩。

木だけでなく、石の板である場合も。
私的な感想としては、服を叩いたら布が弱まるだけじゃ…と、考えてしまう。
もっともそれは、軟らかい現代の服を着慣れているからで、
当時の農民の衣装などはごわごわの 繊維などから造られていたから、
必需行為だったであろう。
御貴族様の衣装は衣装で、着重ねでこわばりそうだし。

この歌は『八雲抄』で
「近き人の歌の詞を盗み取ること」が難とされている。
九十一番目の歌の「きりぎりす…」のパクリだというのだが…似てるかな?

しみじみした寒さという共通点はあるかもしれないが、特に似ているとは思えない。
本歌は「み吉野の山の白雪積もるらし ふるさと寒くなりまさるなり」という歌。
うーん本歌取りとパクリの見分け方、誰か教えて。
こっちのほうがよっぽど「盗みたる」に思えるよ。

《みよし野》みは接頭語で意味なし。奈良の吉野町のこと
《寒く》吉野の里全体の寒さと、風の寒さ、砧の音の寒さなどにかかる

**************************************************   

95 おほけなくうき世の民におほふかな
   わが立つ杣に墨染の袖

  
○ 私は比叡山に住む、徳のない一介のただの僧。
ですが 寛大な仏の慈悲は、余すことなく、全てを救います。
私も身の程わきまえず、
この世の人々の幸福と世間の平和を祈りましょう。
 延暦寺に住みながら、纏う墨染僧侶の衣装を広げ
すべてを覆い尽くすよう、幸せ世界にあふれるように、
ここから 私は願いましょう。


☆苦しみ多いこの世を救うよう、身分不相応だが墨染の衣をおおいかけることだ。

おほけなくうきよのたみにおほふかな わがたつそまにすみぞめのそで
出典 千載集

Saki no Daisojo Jien
Though I am not fit,
I have dared to shield the folk
Of this woeful world
With my black-dyed (sacred) sleeve:--
I, who live on Mount Hiei.

私は適任でないが,
私はあえて人々を保護していた.
この悲惨な世界について
私の黒で染められた(神聖)スリーブで:--
私.その私はHiei山で生活する)


大僧正慈円 だいそうじょうじえん (1155〜1225)
関白 藤原忠通(忠道とも)の第六子で、九条家の祖である 九条兼実の弟にあたる。
ここまでわかっているのに、本名不明。

ここでの名前は 慈円で諡は 慈鎮だが、道快・吉水和尚(僧正)の呼名もある。
十歳で父と死別、十一歳で出家した。

天台宗の僧で 延暦寺青蓮院門主 覚快法親王の弟子。
のち大僧正に至り、仏教界最高権威 である天台座主を 四度も務めた。

真宗開祖の親鸞上人は、若い頃慈円の教えを受けている。

また、九条家の一員として、政治にも関した。
藤原俊成や藤原定家、西行や後鳥羽院らと親交が深く、
特に西行からは、和歌の道を教わったといわれる。

後鳥羽院歌壇の中心メンバー。
後鳥羽上皇の倒幕の企てを批判するため、著したとも言われる、『愚管抄』の作者。
『愚管抄』は日本の政治を、末法思想と道理で説明する内容で、哲学書としても有名。
なんだかすごいお偉方のようだが、弟である一条院御門主が
「三千人の宗徒の上に立つ身なのだから、歌にふけるのは慎むべきだ」と諌めたら
「皆人の ひとつのくせはあるぞとよ われには許せ敷島の道」
(みんなひとつずつ位、くせはあるよ。歌ぐらい許してよ)と返したとの話もあり、
なんだか人間的で微笑ましい。


 
この歌は「題知らず」。大僧上にありながら、謙虚な歌…と
素直な人なら言うだろうが、ひねくれもんの私は 仏教会トップで、身の程わきまえずなんて
謙遜通り越して嫌味だわなんて思っていた。

が、この歌偉くなってから詠んだものではなく、青春時代山に篭り自分の修行だけに
あけくれるか、人に交わり衆生の救済を目指すか迷い、
結局人のために役立とうと決意した時の歌だとわかり
好感度がかなりアップした。

もっとも『幽齋抄』では、天台座主になった時の歌と見ているので、
初見の感想もありらしい。

ここでの「我が立つ杣」は比叡山延暦寺のこと。
最澄が「我が立つ杣に冥加あらせ給え」と詠ったのが始まりで、
以降坊さんが我が山とよんだら、無条件で比叡山を指すようになった。

杣は本来きこりのことで、転じてきこりの住むところという意味。

《おほけなく》身分不相応に、身の程知らずに
《うき世》本来は憂き世、でつらい世の中という意味だが、ここでは浮世で    
      仏教界に対しての俗世
《墨染》僧の着る黒い衣装のこと。ここでは住み初めの意味も掛けている