86 嘆けとて月やは物を思はする
  かこち顔なるわが涙かな

 
○まるで嘆けというように、月光までがよそよそしい
  孤独な部屋を照らされて、青白い闇にたゆたおう

  なんの 響も聞こえない、月の光と静寂の淋しい孤高の牢獄で。
  ふとした愁いにに囚われて、頬に流れる涙を拭う。
  自ら生まれた嘆きだが、冷たい月にかこつけて 
 今夜はしばらく泣いていよう

☆嘆けと月が物思いをさせる訳では無いが、月のためというように涙が出るなぁ

なげけとてつきやはものをおもはする かこちがほなるわがなみだかな
  出典 千載集
 
   Saigyo Hoshi
Is it then the moon
That has made me sad, as though
It had bade me grieve?
Lifting up my troubled face,--
Ah! the tears, the (mournful) tears!

そして, それは月である.
それで, 私は悲しくなった.
持っていた…私が嘆き悲しむように命じた.
私の煩わされた顔を上げること.--
Ah!涙, (悲しげな)涙!


西行法師 さいぎょうほうし (1118〜1190)俗名 佐藤のりきよ/義清。
佐藤やすきよ/康靖の息子。どうでもいい事だが 
父 康靖は某大型時代劇の有名役職 さえもんのじょう/左衛門尉 。

本人は徳大寺家の家人で 元北面の武士。 
北面の武士とは、院の北側にあった警護役。
他に西面の武士は 存在するが、東面・南面はないので テストではひっかからないよう 要注意。

鳥羽院に仕えたが 二十三歳で剃髪、すがる妻を 振り切っての出家。
我等の イメージする質素な坊様、貧乏生活、
泣き叫ぶ 妻子を捨てて自分の志を求道する
…ではなく、結構実家 が裕福であったらしいから、
憂いなく 妻を置いていったのだろう。
(のちに妻も出家している)。法名は円位。のちに西行と号した。

京都付近に住んだ後、高野山に入り伊勢に移った。
吉野寺で庵居生活をいとなむが、『西行物語』の逸話や、
『撰集抄』などから旅の歌人イメージが強い。

 あちこちと諸国を行脚したことから「西行」 という単語だけで、
諸国を廻ること、また廻っている 人を指すようになった。
広辞苑などで調べてみよう。
本人も「桑門(僧)に家なし、行脚して身を終わるべし」との
姿勢を一生崩さなかった。

またこの人に関わるエピソードも中々面白く、
ゾンビ…というよりゴーレム 作ろうとして失敗した話や、
崇徳上皇の荒涼とした 陵を立ち去れず、一週間そこにとどまって 回向した話
これを脚色し 『雨月物語』では 香川県坂出市の
 白峰御陵で 念仏する 西行の前に
崇徳天皇の霊が現れ、「この世の乱れは鬼道に 
心をかたむけた我の仕業」 と言って姿を消した話、
将軍源頼朝と鶴岡八幡宮で出会い、歌道や 
弓馬について 語りこんだ話など ことかかない。

2000年を迎えた現代、バレエの殿堂である 
ボリショイ劇場ではじめて純日本風の上演がされたが、
その演目が「時雨西行」。
道中 立ち寄った家に住む、高貴な遊女に 普賢菩薩の面影を見る…という筋書で、
衣装も墨染め法衣に笠に数珠。
ちょっと想像しがたいが、画期的な試みではある。
でも想像したらしたで、笑えるのだが
…最初は 剃髪姿で踊り狂う 坊さん姿をイメージして、
ちょっとひいてしまった。

後鳥羽院は『後鳥羽院御口伝』の中で、「西行はおもしろくして しかも 心も殊に深く、
ありがたくいでがたき方も共に あひかねてみゆ。生得の歌人と覚ゆ。
おぼろけの人まねびなど すべき歌にあらず」と賞賛している。

「願わくば花のもとにて我死なん そのきさらぎの望月の頃」と詠んだのは有名で、
実際七十三歳で桜の咲く頃河内の弘川寺で没した。
希望どおりの潔い終焉と、死の冷たさから ほど遠い雰囲気から、この歌は好きだ。



詞書は「月前恋と いへる心を詠める」
澄み切った月・淋しい月という歌はよく 見かけるが、
月がちょっと憎まれ役はめずらしいかも。
タイトルに従うと、ただの物思いではなく、恋に悩んでいる歌だとわかる。
意味はわかりやすいのだが、単語が 
普段聞きなれないものが多いので、訳はとまどうかも。

《嘆けとて》嘆けというように
《月やは物を思はする》月が物を思わせるのか(いやそうではないの反語) 
《かこちがほなる》かこつけるように「恋しく 恨めし くなつかしく の三つを
兼ねている」との註が『龍吟明訣抄』にある。  

*****************************************
87 村雨の露もまだ乾ぬ槙の葉に
  霧立ちのぼる秋の夕暮


○木の枝は折れ誰もいない。秋の薫りが充満し ひそかに
 枯葉揺れている。ざっと過ぎた通り雨。
 雨露 小さなしずく/滴となって、杉や榎の葉に光る。
 まだ乾かない槇の葉に 谷から霧が立ち上り 白い靄で覆い尽くす。
 煙る白霧 雨上り 蒼穹の空も隠しゆく。

☆ 通り雨の露もまだ乾かない木の葉に混じり、霧が立ち上る秋の夕暮れだ

むらさめのつゆもまだひぬまきのはに きりたちのぼるあきのゆふぐれ 
出典 千載集

Jakuren Hoshi
Lo, an autumn eve!
See the deep vale's mists arise
Mong the fir-tree's leaves
That still hold the dripping wet
Of the (chill day's) sudden showers.

見よ…秋前夜
深い谷の霧が起こるのを見なさい.
モミ木の葉をMongする.
それはまだびしょ漏れを保持している.
(日の寒気もの)急激なシャワーについて


寂蓮法師 じゃくれんほうし (1139?〜1202)俗名 藤原定長。
阿闍梨(苗字ではない。偉い坊さんの役職)俊海の 
息子だが、父の兄 藤原俊成の養子に。
後に俊成に 定家という実子が生まれたので 三十三歳で出家した。
定家の義兄にあたる。
なんだかこう書くと、継子いじめみたいだが 
自ら家を出たとあり、定家との交流もあった。

定家は日記である 『明月記』で寂連の死んだ 日時を記載している。
坊さんの役人というのも オッケーだったのか、和歌選定役である 
和歌所の寄人となり、
御子左家の 有力歌人の一人でもあった。

六百番歌合で六条家の 藤原顕昭と鋭く対立し、論争をまじえた逸話は有名。
『新古今和歌集』の撰者の一人に任じられたが、完成を待たず没した。

それなりに恵まれた一生のようだが、家族という団体に縁が恵まれず、
この歌を詠む前年に、 真昼間に武士の妻を襲ったところ、
夫に見つかり小袖を 引っ掛けただけの半裸の格好で
逃げ出して野次馬の前で 斬られたという息子の 不祥事に悩まされていた。



「五十首歌奉りしとき」の詞書。
五十首歌とは1201年の『老若五十首歌合』。
十人の歌人達が 春夏秋冬雑 の課題で各十首ずつ、
計五十首の歌を出したときの中の一首。
  
まきの葉に降る 村雨・露が置き渡る全体の光景・立ち上る霧 
それぞれに風情を感じる見方と、
人里離れた秋の山をすっぽり覆ってしまう 
霧の繊細な雄大さをメイン と見る見方がある。

どちらでも幽邃的で清涼とした 秋の一瞬の空気が伝わる。
雨に濡れた土と葉の香り、要所に露の光る 常緑樹、しっとりとした霧、
一幅の完成された日本画のようで、どことなく寂しげな個々の単語を、
秋の夕暮れで統一した風情ある歌。

まったくどうでもいい事だが、昔の宝塚の芸名で、百人一首から取った人が幾人かおり、
霧立のぼるという方もいた。他には有馬稲子・天津乙女など。

《むらさめ》群雨・叢雨・村雨と書き、さぁっと降りすぎる通り雨
《ひぬ》乾ぬ かわかない
《まき》漢字で書くと真木。槇の木に限定しておらず、杉・桧等の常緑樹の
    総称。ここでは秋だけど、緑って所がすがすがしさを感じさせる。  

***********************************************  
88 難波江の蘆のかりねの一夜ゆゑ
 身をつくしてや恋わたるべき


○大阪湾で一夜の恋。軽い気持ちでナンパされ 
旅先ホテルで軽く寝た。
芦の短い一節にも満たぬ 短かな一夜の恋人同士。
だけど かりそめ/仮初のこの恋を 私は一生忘れない。
命ある限り貴方を想い
身を尽くしても恋い続ける。

☆難波江に生える刈った芦の一節のように、短い夜の契を一生恋しく思うだろう

なにはえのあしのかりねのひとよゆゑ みをつくしてやこひわたるべき
出典 千載集

Kwoka Mon-In no Betto
For but one night's sake,
Short as is a node of reed
Grown in Naniwa bay,
Must I, henceforth, long for him
With my whole heart, till life's close?

ある夜の目的だけのために
アシの節のように, 短い.
Naniwa湾の中で成長する.
私は今後は, 彼を切望しなければならない.
私の全体の人生の閉鎖までの心臓をもって?


皇嘉門院別当 こうかもんいんのべっとう (生没年不明)源俊隆の娘。
崇徳天皇皇后 皇嘉門院聖子に別当役として仕えた。
別当とは 本官以外別の 職を担当する為に置かれた役で、
「べっとう」または「べとう」と読む。

本来は けび/検非いしちょう/違使庁・蔵人所・御書所・内蔵寮などの長官で、
のちにまんどころ/政所・侍所・公文所などの長官を指すようになった。
ご覧の通り、ほとんどが男性向け職業。
多分この方は、様々な宝物や天皇・皇后の装束を司る くらりょう/内蔵寮の担当。
っていうか、他は女性にはほぼ無理な仕事ばかり。

本名不明。晩年尼になっている。
この人、伝記がほとんどなくてわかっているのはこれ位。
書くこと少なくてごめん。



「摂政 右大臣の時家の歌合に 旅宿に逢ふ恋と いへるに詠める」の詞書。
摂政とは 藤原兼実のこと。 右大臣の時とあるので、
1166〜1186年代に詠まれたと分かる。

兼実は皇嘉門院の 異母弟にあたる関係で、交流が合ったらしい。
この時代で 貴族女性が 旅宿で一夜の恋を経験するのは、
かなり困難ということと 当時の難波が 交易で栄え遊女も多かったことから
遊女の悲しい恋の立場で詠んだと見る向きも。
うーんなんて情熱的な歌、まるでかの有名なハーレ○インロマンスのよう。
(きっとハーレ○インなら、この後別れた
二人は運命の偶然で、再び巡り合うだろう)

「芦」→「刈り根」→「ひとよ一節」→「澪標」→「わたる」と
 ほとんど連想ゲームのような
「難波江」の縁語の山。 また「かりね」は「仮の寝」と「刈り取った芦の根」の掛詞、
「ひとよ」は「仮の一夜」の意味と「刈り根の短い一節」の意味を掛けている。

また、「みをつくし」も大阪湾の水路を示す「澪標」と「身を尽くす」の掛詞。
短い歌によくぞこれ程というぐらい、技巧を凝らしている。
一読で訳すのは難しいが、女性の歌った恋でこういった
モエモエの恋愛って珍しいから印象に残るかも。
…この歌外国語訳難しいだろうなぁ。

《難波江》大阪湾の入り江辺り
  
******************************************
89 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば
  忍ぶることの弱りもぞする


○いっそ死んでしまえばいい 秘密が秘密であるうちに
  少し疲れた体を横たえ 静かに時が過ぎるのを待つ。
このまま生き永らえたなら、つのる恋に堪えられない。
留め緒の切れた首飾り 真珠の粒がバラけるように
忍ぶ心が弱くなり 周囲にばれてしまうだろう。
いっそ命よ絶えてしまえ 双眸閉じて また祈る。

☆ 魂よ絶えるなら絶えてしまえ。このままでは、秘密に堪えられず人目に付いて
しまうから
 
  たまのをよたえなばたえねながらへば しのぶることのよわりもぞする
出典 新古今集

Shokushi Naishinno
Life! Thou string of gems!
If thou art to end, break now.
For, if yet I live,
All I do to hide ( my love)
May at last grow weak (and fail).

人生! あなた…宝石のストリング
あなた…終わらせる芸術…現在, 壊れなさい.
しかし, 私は生きる.
私が隠すためにするすべて(私の愛)
5月はついに弱くなる(失敗しなさい).


式子内親王 しょくしないしんのう・しきしないしんのう(1153?〜1201)
後白河天皇の第三皇女。
高倉宮・萱斎院・四条斎院・おおいのみかど/大炊御門斎院とも呼ばれる。

六歳頃から 賀茂の齋院となる。
 「齋院」とは天皇の名代として 賀茂神社に奉仕する為、
遣わされた未婚の内親王または女王。
ちなみに「齋宮」は伊勢神宮に奉仕する役目であった。
齋院は鎌倉初期に廃絶、齋宮は鎌倉末期に廃絶した

天皇の即位ごとに 卜定で選定され 
原則としては天皇の譲位・崩御がなくては引退できなかった。
ちょっと違うが巫女さん=神様のお嫁様のような扱いで、恋愛沙汰は御法度。
職を辞した後も、一生独身の不文律があった。

ただし齋院は都に近かったこともあって比較的自由で、
世俗との交流もあり、歌合を催したりもしている。

式子内親王は十六歳頃に(二十歳頃の説も)病で退官。
やっと自由になれたかと思いきや、その後すぐ剃髪し尼さんになり、承如法と名乗る。

歌の師は藤原俊成で、その子藤原定家と 恋仲であったとする説もある。
年齢的には、内親王の方が十歳ぐらい年上。

内親王家の家人でもあった定家は、しばし 邸宅に訪れ『明月記』の中で
内親王の病状に一喜一憂している。
斎院で尼さんというと、儚げで流される女というイメージだが、橘兼中や僧観心の宮中での
陰謀事件に坐したことも。

与謝野晶子は内親王に傾倒していたようで、その歌集『小扇』の中で
「したしむは 定家が撰りし 歌の御代 式子の内親王は 古りし御姉」と詠んでいる。



この歌は「百首歌の中に忍恋」が詞書。
どの年代取っても、恋愛禁止の一生なのでこの人にとっての「恋」は人一倍の試練。

もし結ばれても祝福どころか、迫害されるしかない恋愛。
わかっていても止められない心はドラマティック。

本人にとっては針の筵だろうに、禁じられた故か かえって情熱的な歌が多く残されている。

これは定家との恋を歌っているという説がある一方、まだ内親王と 定家の二人が恋愛モードまで
入らぬ内に、内親王がこの歌を贈り、心を尽くした断りと 受け取った定家が、
恋を告げずにあきらめたという説もある。

こういった話から、定家との悲しい恋の物語が生まれた。
能の『定家』は蔦蔓で覆われた 石墓に案内された
 僧侶が、そこに連れて来た女に供養を頼まれる。
その墓こそ式子内親王の墓で、蔓草は定家の内親王への妄執であり、
女は内親王の化身・亡霊であった。
僧侶のお経で、定家の思いは浄化されるが、亡霊は再び定家の思いに
取りつかれながら、石に戻っていくという筋書である。
 
《玉の緒》本来は玉を貫く緒(紐)が、転じてたま魂の緒の意味となり命をさす

****************************************  
90 見せばやな雄島の海人の袖だにも
  濡れにぞ濡れし色はかはらず

 
○宮城の雄島の海人たちは 毎日海にもぐっても
  袖の色は変わらない
  なのに 毎日嘆いてる 私の涙で染められた
  この袖すっかり色変わり 涙で濡れ色この袖を
  あなたにそっと送り付け わたしの悲嘆を知るといい


☆雄島の海人の袖さえ色は変わらないのに、私の袖は涙で色が変わってしまった

みせばやなをじまのあまのそでだにも ぬれにぞぬれしいろはかはらず
出典 千載集

Impu Mon-In no Taiu
Let me show him these!
E'en the fisherwomen's sleeves
On Ojima's shores,
Though wet through and wet again,
Do not change their dyer's hues

私にこれらを示させてください彼に!
E'en…fisherwomen(女漁師)による
スリーブである.
小嶋の岸で
ぬれていて, 再び濡される.
それらの紺屋の色を変えるな.


殷富門院大輔 いんぷもんいんのたいふ 
(生没年不明・1131?〜1200?説も)藤原信成の娘。

母は式部大輔菅原ありよしのおんな/在良女。
式子内親王の姉に当たる 後白河天皇第一皇女 殷富門院亮子内親王に仕える。

ちなみに父 藤原信成は、式子内親王の従兄弟に当たった。
大輔とは官女のこと。殷富門院に仕えた官女…って随分たくさん
該当者がいそうな名前だが、そこはそれ。

重ならないように父の役職名で呼ばれたり、旦那の官位で呼ばれたり、
出身地で呼ばれたりしている。
なーんでそんなめんどくさい呼び方するのかなーと思うだろうが、
現代でも仕事場で社長とか、○○部長とか呼んでも、
フルネームで相手を呼ばないでしょう。
それと似たような雰囲気だったと思いましょう。
(私だって、本名がわかる方が気持ちいいと 思うし)
日本にはことだま/言霊信仰があって、
その人の本名を直接呼ぶ=支配するの感覚が強い為だろう。


詞書は「歌合し侍りける時に恋の歌とて詠める」
実際の恋愛沙汰ではなく、歌会発表用の歌。
誇張が目立ち秀歌とは言い難いと、近代では少々評価が低いが、
その修辞を巧みな技法と捉える向きも。

毎日泣いている…がその証拠を見せつけてやりたいという辺り、
女の粘り強さというか、情念が伝わってくる。
更に「色の変わった袖」もただの涙ではなく、
フフフ…血の涙ですっかり色変りしてしまったのよぅと解釈すると、一層妄執怖い。

しかし、この歌をもらったとしても泣かせちゃってゴメン、
というよりもらった相手は少々疎ましく思えてしまいそうだ…。

「松島の雄島の磯にあさりせし 海人の袖こそ かくは濡れしか」
という源重之の歌を本歌とし、それに対する返歌という形になっている。

《見せばやな》見せ付けてやりたいものだ
《雄島》宮城県の松島湾の島のひとつ

戻る