56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に
  今ひとたびの逢ふこともがな


○冷たく湿った空気が重い。
動きの鈍る躰持ち上げ、灰色の染みがにじむ天井を見る。
偏狭な自分が嫌になり、執着捨てたはずなのに
命が絶えてしまいそうな今、せめて最後の思い出に
もう一度だけ、あなたに会いたい。


☆病によって、この世ではないところに行きそうです。あの世での思い出に
   もう一度だけ会いたく思います

あらざらむこのよのほかのおもひでに いまひとたびのあふこともがな
   出典 後拾遺集

すぐ.--
私が保つ1つの好きなメモリ
現世を超えて.
そして, 私のためのどんな方法もない.
ちょうどもう一度…あなたに会う?
Lady Izumi Shikibu
Soon I cease to be;--
One fond memory I would keep
When beyond this world.
Is there, then, no way for me
Just once more to meet with thee?

すぐ.--
私が保つ1つの好きなメモリ
現世を超えて.
そして, 私のためのどんな方法もない.
ちょうどもう一度…あなたに会う?


和泉式部 いづみしきぶ (976?〜?)大江雅致の娘。
母が冷泉天皇中宮 昌子内親王の乳母であった関係から、ともに仕えた。

平安きってのプレイガールで有名。 浮気者、というよりは
 その時 その時 で真剣なんだろうけど、
兄弟二股までやってるんだから、…タフな方。
当時でも、その行動は眉を顰めるものだったのか
藤原道長に「浮かれ女(尻軽)」といわれ、
紫式部に「けしからぬかたこそあれ(立派な人物に相応しくない、
良くない行動だ)」と評されている

初め父の下僚であった 橘道貞と結婚。
 道貞が和泉守となり、父が 式部丞だったので和泉式部と呼ばれるようになった。
道貞との間に 小式部内侍を得る。
昌子内親王が病に罹った時に、見舞に訪れた内親王の
 義理の息子に当る ためたか/為尊親王に見初められた。

これを機に夫と離別し、父兄弟には勘当される。
二年後、為尊親王が二十六歳で夭逝、
 次いでその弟「そちのみや/帥宮」こと あつみち/敦道親王と恋愛。
この頃、帥宮二十二歳、式部三十歳前後。

個人的にこの帥宮ってキライ。
 「あなた以外の恋人が、遠くに行くことになったので 心のこもったラブレターを届けたい。
あなたは歌が巧いので代筆してくれないか?」
と 恋人 和泉式部に頼むとは、何事?
承諾する式部も式部だ。正妻の住む屋敷にいきなり愛人を連れ込み、
一間を与えるという行為も、許しがたい。

式部をいきなり 邸に迎えたことで、正妻の親王妃が怒り、
邸を 出て行くという事件もあったが、
敦道親王も四年後、二十七歳で死去。

この 敦道親王との恋愛を記録したものが『和泉式部日記』。

親王との間にもうけた 一子は、のち法師となって 永覚と名のった。
式部はその後、藤原道長に召されて、
一条天皇中宮 彰子に娘の小式部内侍と共に仕える。
また、その後「武士四天王」の一人 藤原保昌と再婚。

今までの王子様タイプから一変し、今度の旦那様は 
大江山の酒呑童子退治や、大盗賊 はかまだれ/袴垂を戒めるなどの
逸話で有名な超豪胆タイプであった。
夫の任地である大和や丹後などへ共に下り晩年、誠心院の尼となった。



「心ちれいならず 侍りける ころ/比、人のもとに つかはしける」
病気のときに好きな相手に贈った歌らしいが、
よほどラブラブな相手でない 限りもらう方も正直重い。

与謝野晶子は 最初の夫 橘道貞に贈った歌と見ているが、詳細不明。
様々な恋の遍歴を重ねた上での、特に相手を指定しない感慨の歌とも。

『応永抄』『改観抄』などでは五句目が「逢ふよしもがな」となっている。

《あらざらむ》あらずあらむの略。
日本語版「to be or not to be」(ハムレットの有名な台詞)といった所
《この世の外》この世じゃない所、あの世

*****************************************

57 めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に
雲隠れにし夜半の月かな


○何気なく入った喫茶店、湯気立つ紅茶の窓の向こう。
幼馴染の君が居た。
「東京へ行くの」と言ったきり、会えなくなった君がいた。
慌ててレジでお金を払い、白いコートを追いかけたけど
すでに激しい人込で、君の姿はもう見えない。
雲に隠れた月のよう、君の姿がもう見えない。


☆久々に出会い、そうともわからぬ間に雲隠れした月の様、貴方は見えなくなり
帰ってしまった。

めぐりあひてみしやそれともわかぬまに くもがくれにしよはのつきかな
出典 新古今集

Lady Murasaki Shikibu
Meeting in the way--,
While I can not clearly know
If 'tis friend or not;--
Lo! the midnight moon, ah me!
In a cloud has disappeared.

方法におけるミーティング--,
私は明確に知ることができないが,
または'…tis友人…--
見よ…真夜中の月…私をahする.
中では, 雲は見えなくなった.


紫式部 むらさきしきぶ (973・978?〜1014?)
 藤原為時の娘。当初「藤式部」の名で出仕。

この方を知らない日本人はごくわずかでしょう。
 ご存知超大作小説 『源氏物語』の作者。
(一人でこの作品は 無理と多作者説もあり)

『源氏物語』は その登場人物の名前などから 『紫の物語』とも呼ばれた。

「紫式部」と称されるようになったのは、紫の上の名前から由来とも、
藤原公任が「この辺りにわか紫やさぶらう」
(屋敷のこの辺りに若紫はいたのでしたね) と
戯れて問い掛けたことからとも言われる。

幼少時 兄と並んで漢詩などを学ぶ際、あまりの利発振りに、
この子が男だったら…と父のボヤキも。
ちょっと兄の立場ない。

『源氏物語』は、今で読んでも 充分に面白い。
各々の章のタイトルの優雅さと、潔い女性陣は美しく、
千年を隔てた今でも登場人物たちは生き生きと動いている…が 
実は 主人公の光源氏がいまだに好きじゃない
というより、正直キライ。

自業自得の トラブル招いては、「私って何て悲劇の運命」と浸りきり、
自分の浮気に寛大で 女の浮気は執念深く許さない。
あっちこっちで騒動起こしては、収攬もせず 本人サッサとその場を退散…と
書くと、みもふたもないが名作です。一度は読んでみましょう。
(フォローになってないな、こりゃ)

一条天皇がこれを読み、「この人は日本書紀に通じている人物だ」と
 述べたことから「日本紀の局」とも渾名された

『紫式部日記』では、知ったかぶりだ 歌に心が無いだと
自分以外の才女をとにかくけなしまくっている。
まぁ 日記だから 誰でも 内心の鬱憤ばらし 書いたりするだろうし。



この歌は 「はやくより 童友達に侍りける人の、年頃へて
 行き逢ひたる ほのかにて七月十日の頃、
月にきほひてかへり侍りければ」と添書あり、
幼馴染に久しぶりに会って、すぐ月を追うように 帰ってしまったのを 惜しむ歌として作られた。

『紫式部集』の詞書だと、日付が「十月十日」になっているが、
深く追求しないでおこう。
どろどろの恋愛や、四季の歌が多い中、異色の「友達」を詠った歌。
「夜中月に巡り合ったら、それとわからぬ間に 
雲に隠れてしまった」 そのままに直訳するとこうなる。
月はここでは友人を 指しているとの添書きがないと、意味がとれず迷うかも。

『新古今集』『紫式部集』では五句目が「夜半の月影」
紫式部は、月影という言葉を好んで使用していたから、
本来はこちらであったかとされる。
うーん私も「月影」のほうが美しいと思う。

余談だがクマツヅラ科にムラサキシキブという観賞用植物があり、
紫でかわいいビーズ状の実をならす。
学名カリカルパ・ヤポニカ ギリシャ語で「美しい果実」という意味

**********************************************

58 有馬山猪名の笹原風吹けば 
  いでそよ人を忘れやはする


○あらひどい、逢いに来ないの貴方じゃない?
 有馬山から笹原へ、吹き降ろす風のよう 
 あっちでそよそよ、こっちでそよそよ。
 違う女に目移りし、向こうに行って戻らない。
 なのに私の心変わりを疑うなんて、あなたの神経疑っちゃう。
 私が貴方を忘れたり、するもんですか絶対に。


☆有馬山の笹は、風が吹けばあなたのようにそよぎますが、
私は簡単に他人になびかず貴方を忘れたりしません

ありまやまゐなのささはらかぜふけば いでそよひとをわすれやはする
出典 後拾遺集

Daini no Sanmi
If Mount Arima
Sends his rustling winds across
Ina's bamboo-plains;--
Well! in truth, tis as you say;
Yet how can I e'er forget?

Arimaを取り付けなさいならば
横切って風を彼のサラサラと音を立てるのに送る.
伊奈の竹平野;--
井戸!真実で, あなたとしてのtisは言う;
I e'erはしかしどうしたら忘れることができるか?


大弐三位 だいにのさんみ (999〜1082?) 本名 藤原賢子 のち結婚して 高階賢子。
べんのつぼね/弁局・ないしのすけ/典侍と呼ばれる事が多いが、
藤原宣孝と紫式部の娘 であったことから
藤三位とも、祖父が越後守であったため、越後の弁とも称された。

幼くして父と死別し、母とともに祖父 藤原為時に養われる。
母紫式部ともに彰子皇太后に仕えたが、十四才ごろ母と死別。
十六才頃には祖父 為時が出家し、身寄りをなくした。

行く末が見えないのに、孫をほっぽって 
世間を捨てた祖父さんに、ちょい不満を感じるが
他人の立場で 文句をいえる筋でも無いので、しょうがない。
はじめ 藤原定頼や兼隆らと恋愛をし、兼隆の子を産んだのと同じ頃、
後朱雀天皇に 後冷泉天皇が産まれたため、
その乳母となった。

その後たかしなのしげあきら/高階成章の妻となる。
成章が太宰大弐で本人が三位の位であったことからこう呼ばれた。

『源氏物語』の薫の宮を模した 狭衣大将の『狭衣物語』の作者説もあったが、
現在は六条斎院宣旨作者説が有力。



この歌の詞書は 「かれがれなる男の おぼつかなくなど 言ひたるに 詠める」
足遠になってた男に、「この頃来ないけど、心変わりでもしちゃった?」と
聞いたら、「お前のほうこそ(心変わりが)あやしいものだ」と言われ
この歌で切り返したとある。
疑われて、こう切返す機転が気持ちいい。

上の句と下の句の意味が結びづらく、詞書をしらないと 意味がわからないかも。
全国の有馬さん・猪名さん・井出さん・笹原さん等得ぜひ これを得意札にしてみよう。

《ありまやま》兵庫県の有馬山
《いなの》は本来、「猪名野の」で猪名川流域。
ごろが悪い為「の」を一つはしょった
《いでそよ》ええそうですよの意と、風のそよそよという擬音を掛けている

*******************************************

59 やすらはで寝なましものをさ夜ふけて
   かたぶくまでの月を見しかな


○ほんのつまらないことで、アイツとケンカ。
   今日来るって約束どうなるの?
   謝って。そうすればすぐに許してあげるから。 
   ちょっぴり文句を言いながら、笑って迎えてあげるから。
   夕方になっても電話は鳴らない。夜になってもメール来ない。
   ぐずぐずしないで、寝ちゃえばよかった。晧々冴えたあの月が
   沈むまで 寝ないでずっと待っていたのに。


☆約束がなければすぐ寝てしまったものを、来ると言った言葉を信じて月が西に
   傾くのを見てしまった。

やすらはでねなましものをさよふけて かたぶくまでのつきをみしかな
出典 後拾遺集

Akazome Emon
Better to have slept
Care-free, than to keep vain watch
Through the passing night,
Till I saw the lonely moon.
Traverse her descending path.

より良い眠ったために
呑気…無駄な腕時計を保つ.
通過夜を通して
私が人里離れている月を見るまで.
彼女の下り経路を横断しなさい.


赤染衛門 あかぞめえもん (958?〜?) 江戸時代の武士のようだが、
れっきとした女性の名前。
赤染時用の娘とも、平兼盛の娘とも言われる。

これは母親が 時用と別れた後、身ごもった状態で 兼盛に嫁いだ為。
兼盛が 元妻に娘が生まれたと聞いて、引き取りたいと申し出たが、時用に拒否された。

赤染時用の苗字プラス時用の役職、衛門尉だったのを併せこう呼ぶ。

大江まさひら/匡衡と結婚したので、匡衡衛門とも呼ばれた。
大江匡衡は ノッポでいかり肩で率直に訳すと…いわるゆ ブ男であったといわれるが、
七歳で書を読み九歳で 漢詩を作った秀才の人。 
宮中の女房達に からかわれても、冷静に歌で対処し、
返歌をできない女房達が 恥じてその場から逃げたりと、
大人の対応ができる人で、夫婦仲もむつまじかった。

はじめ源雅信の娘 倫子(のち藤原道長の妻)に仕え、
のち道長の娘 中宮彰子に仕える。
『栄華物語』の作者として有力だが未詳。
紫式部が珍しく、悪口だらけの自分の日記で この人の歌と性格を誉めている。

浮気な友人 和泉式部を諌めたり、別れた その夫にフォローしたり、
子供のために任官を歌で訴えたりと、行動がとかく 
良妻賢母の女性らしさに満ちている。夫の没後、尼になった。



詞書は 「中関白少将に侍りける時、はらからなる人に 物言ひわたり侍りけりためて 
来ざるを つとめて 女にかはりて詠める」

つまり 当時の 中関白少将こと 藤原道隆が、同朋の女性こと 馬内侍と約束をしたのに、
来なかったので同僚の赤染衛門が代わってこの歌を詠んだ、とある。

その為かこの歌 『馬内侍集』にも 「こよひかならず来むとて来ぬ人に」と見え、
 『古来風体抄』でも馬内侍本人を作者としている。
赤染衛門と馬内侍 は はらから/同胞とも言いがたく、両名とも 名高い
女流歌人で代作を頼むとは 考えにくく不審。
まぁ全国規模で 赤染衛門作者説が浸透しているので、
こういう説もあることだけ一読欲しい。

言葉ひとつひとつが女性らしく丸みを帯び、恨み節にしては さらりとおだやかなのは
(赤染衛門が作者だとしたら)代作故か。
『応永抄』『経厚抄』などでは四句目が「かたぶくまでに」となっている。
かたぶくとは、傾くのこと。

《やすらはで》ぐずぐずしないで
《寝なましものを》寝てしまったものを

*******************************************

60 大江山いく野の道の遠ければ
   まだふみも見ず天の橋立

 
○転勤で、一人京都のお父さん。
「パパから手紙、来たかしら?」定くんが聞いてきたけれど
知らないの?京都行くにはおっきいお山と町を越え、
島を出なくちゃ行けないの。道がとっても遠いから、手紙もまだだし
遊びにも、そう簡単には行けないの。お山の名前は大江山。町の名前は
生野といって、近くにあるのは天橋立。


☆大江山を越える生野の道は遠いので、天橋立をまだ踏んでもいないしふみ文も見ていません。

おほえやまいくののみちのとほければ まだふみもみずあまのはしだて
   出典 金葉集
   
   Koshikibu no Naishi
As, by Oe's mount
And o'er Iku's plain, the way
Is so very far,--
I have not yet even seen
Ama-no-hashidate.

麻植のマウント
そして, o'er(古語・詩語overの略) Ikuの平野, 道
非常に遠くて, ある.--
私はまだ見てさえいない.
海部ノーはhashidate(ハッシュアイデイト?幾ら辞書引いても
載ってない〜と思ったら橋立のローマ字でした)する.


小式部内侍 こしきぶのないし (?〜1025) なんだか女性が連続登場、
 坊主めくりなら大喜びなのだが。

橘道貞と 和泉式部の娘。 物心ついた頃には
 父母はすでに離婚していたと思われる。
母と共に 中宮彰子上東門院に仕えた。 「式部」も「内侍」も女官の名で、
 母に対し小をつけただけの呼名なので、
祺子内親王家に同名異人がいる。

母に似て美人だったのか 「かたちすがた世に勝れて」と 恋愛経験も豊富。
関白 藤原教通や その異母兄頼宗、教道親王、頭中将公成 
この歌のエピソードの元となった定頼などの 
貴公子達が名が連ねるが、若くして病没。

歌の才能もあったが、二十五歳ぐらいで亡くなった為、残された歌は少ない。
藤原教通とは愛人となり、子を出産。
のち しげいのとうのちゅうじょう/滋井頭中将の愛人となり、
その子を出産した時に死亡した。 
母の和泉式部はいたく哀しみ、その歎きを歌に百数十首を残している。



「和泉式部 保昌にぐして丹後に侍りけるころ/比、 宮古に 歌合侍りけるに 
小式部内侍 歌詠みにとられ侍りけるを 定頼
 郷のつぼねにもうできて 歌はいかがせさせ給ふと 、
丹後に人をつかはしけむや 遣ひはまうで来ずや 
いかに心許なくおぼすらむなど、 たはぶれ 立ちけるをひきとどめて 詠める」

幼少の頃から、歌が巧かった小式部は、母が代作しているとの噂があった。
都で歌会が催されることになり、藤原定頼が丹後の保昌へ 嫁いだ
和泉式部から(代作の)手紙はまだ届かないのですか?とからかったのを、
瞬時に のうし/直衣の袖を捕らえて切返した歌。

咄嗟にこう詠われた定頼は「返歌に及ばず袖を引き放ちて逃げられけり」
  …逃げた(笑)

《大江山》京都府与謝郡の大江山。京都から山陰に通じる。おいのさか大江坂とも
《いくの》京都の生野と行くの掛詞
《ふみも見ず》文=手紙を見ていない、と踏んでみてないの掛詞
《天橋立》日本三景のひとつ。アマノハシタテと澄んで読むことも。
京都宮津湾にある、砂嘴で島の陸続きとなっている部分。
橋のような地形なのでこう呼ぶ。私は橋の名前かと思っていたが、間違い。
ちなみに三景の残りは宮城の松島と広島の厳島。


戻る