click!

36 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを
雲のいづこに月やどるらむ


○ 夏の夜は短いね。雫のような星も消え、あっという間に明け方の空。
 煌煌冴えてたあの月も、いつのまにやら見えなくなった。
 うっすら霧立つ白雲の、そのまた向こうに姿を消した?
 残った物は限りない、朝の混じった藍色の空。


☆ 夏は宵の口だと思っていても、あっという間に朝になってしまう。
先ほどまで見えていた月も、雲のどこかにかくれてしまったのだろうか。

なつのよはまだよひながらあけぬるを くものいづこにつきやどるらむ
出典 古今集

Kiyowara no Fukayabu

In the summer night,
While the evening still seems here,
Lo! the dawn has come.
In what region of the clouds
Has the wandering moon found place?

夏の夜
晩はまだここに見えているが,
見よ, 夜明けは来た.
雲のどんな領域で
曲がりくねっている月は場所を見つけたか?


清原深養父 きよはらのふかやぶ (生没年不明)清少納言の曽祖父。清原房則の子。
これで「ふかやぶ」と読む。…わかりづらいが、役職名ではなく本名。
三十六歌仙の一人で、琴の名手でもあった。

晩年は洛北、山城の小野(現在の京都南東)に補陀洛寺を建立し、そこで暮した。



詞書は「月の面白かりける夜あかつき方に詠める」
ここでの面白いは「笑える」の意味ではなく、「趣きある」の意。
徹夜明けなのに、爽やかさんだね。

『応永抄』などでは、四句目が「雲のいづくに」となっている。
当初は、単に夏の夜がとりあえず 明けたことを詠んだだけの歌として
名歌の扱いをうけなかったが、後年 余情ある光景を幼子があどけなく
「お月様はどこにいってしまったの?」と さらりと まとめたような様子が再評価された。

たしかにあまり心に響く感じはないが、夏の夜が短いというのは今も実感できるし、
懐かしく明け方の夜空を眺めてみたい気分にさせてくれる。

この歌の狂歌 「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 腹のいづこに酒宿るらん」
(徹夜してふと気付くと朝方だ。あんなにあった酒は腹のどこのいったのだろう…)
と 酒呑みには「うんうん、わかるわかる」と得心されそうな歌がある。
今うなずいた人、これを得意札にしてみては?


《宵ながら》まだ宵のままで、ここでは「夜だと思っているうちに」

**************************************************

37 白露に風の吹きしく秋の野は
  つらぬきとめぬ玉ぞ散りける
 

○無限に広がる秋の草花。霧がやさしく葉裏を濡らす。
眩しく散らばる白珠は、紐のとぎれた朝露の欠片。
ひゅうと風の吹くたびに
ころころ、ころころ冷たく光る。
小さく太陽乱反射して、秋の訪れ見せつける。


☆ 朝露がたまっている秋の野に、風が吹く。その度に ゆれる露は
まるで紐の途切れてしまった水晶の粒のようだ。

しらつゆにかぜのふきしくあきののは つらぬきとめぬたまぞちりける
出典 後撰集

Bunya no Asayasu

In the autumn fields,
When the heedless wind blows by
O'er the pure-white dew,
How the myriad unstrung gems
Everywhere are scattered round!

秋分野で
時不注意な風が吹く
O'er…純白の露
無数はどう宝石を緩めたか.
いたる所に, 点在しているラウンドがある!


文屋朝康 ぶんやのあさやす (生没年不明) 生涯低い身分で、伝記不明。

親王家の歌合や皇后の歌会に出席していることから、
歌詠みとして重んじられていたらしいが、現存の歌は3首。歌人としては異色の存在。 

22の吹くからに…の文屋康秀の子で、この「吹くからに…」の歌も朝康の作という説もある。
…親父がパクッたって事は多分ないだろうから、 作者明記の資料がなかったか、
どこかで写し間違いがあったんでしょう。



詞書は「延喜の御時歌召しければ」
…とあるのだが、それより前の世代にあたる『寛平御時后宮歌合』に
すでにこの歌が記載されているので
『後撰集』のあやまりではないかとの指摘がある。

白露=玉で、白玉のこと。 我等 庶民は白玉というと、つい食べ物の 
みつ豆ぜんざい等 を想像してしまうが、
本来は真珠の意味。また、水晶を指すこともある。

この歌の『注解』がすごく美しく、一編の詩のようなので、そのまま引用させてもらう
「かの白露を ほうほうと ふきこぼしたる ありさまは、さながら水晶の緒を 
とけて さらりと散らせるごとし也。
かく詠吟するうちに 誠に珠ならば つなぎとめんといふ 心こもれり」 
ちょっと文語体だけど、意味は簡単なので
とばしたりせず読んでほしい。

繊妍で清浄な秋の朝と透徹した空気の中転がる露。
刹那の風景が、その場にいるように伝わってくる写真のような歌。

《風の吹きしく》しきりに吹くと風の仕組めるの掛詞

*****************************************

38 忘らるる身をば思はずちかひてし
  人の命の惜しくもあるかな


○ 「一生貴方を愛すると、神様ここに誓います。
この誓いを破ったら僕は死んでも構わない」
記憶に残るせつなさも、熟した秘密もすべて嘘。
忘れられていく私は、ふるえながら こう笑う。
「大丈夫、私のことなら気にしないで」 
でも、神誓破るあの人が罰されないかと不安が過る。
私のことは、どうでもいい、貴方の無事をいのるばかり。


☆忘れられるわが身は構わないが、誓いを破棄するあなたの命が惜しく心配です。

わすらるるみをばおもはずちかひてし ひとのいのちのをしくもあるかな
出典 拾遺集

Ukon

Though forgotten now,
For myself I do not care:
He, by oath, was pledged;--
And his life, who is forsworn,
That is, ah! so pitiful.

現在, 忘れられる.
私としては, 私は気にかけない:
誓いによって, 彼は誓約された;--
そして, 彼の人生.(その人生は使用しないと宣言される).
すなわち, ah…とても哀れ


右近 うこん (生没年不明)右近少将季縄の娘で
あったことから、父の(一説では兄)役職名をとり、右近と呼ばれる。
…ちょっと失礼な命名だよな。人事部長とか、営業課長なんて名前で代々語り継がれたら、私は厭だ。

でもこの父、鷹匠でもあったから 鷹飼いなんてつけられなかっただけ 個人的には ヨシだろう。
当時、宮仕えする女性は 大体こういう 男の親族の出身地
や役職を 元にしたネーミングで呼ばれていた。

んで、特に働きもせず専業主婦で暮らしていた 姫君たちは、そういった呼び名を普段必要としないため、
家では一の姫二の姫三の姫…扱いで、文献上では○○のむすめ(女)表記 で残されることが多かった。

この父親は物語にもなっている『かたの/交野少将』
(現存しないため内容不明だが、清少納言達世代に好んで読まれていた)の異名を持つ美男子。

その血を継いだか本人も 恋多き女性だったらしく 『大和物語』『後撰集』などから、
源保光・藤原敦忠・源順・藤原師輔・藤原朝忠達と関係があったと伺えるが、
その後誰かと結婚したという記述は見えず。 後醍醐天皇の皇后七条穏子女房を勤めた。



この歌は「題知らず」
振られても、あなたの身が案じられます…ってけなげで女らしい歌だけど、
ウラには「私をこのまま、振る気?そう…いいのよ。
でもあなた貴方神様との誓い破ると、神罰当るわよ…ふふふ」と
いった怨念が見える気がするのは、気のせいか?

ふられた立場で送るなら、人間心理としてただひたすら心配・涙というより、
どっかで罰があたるぞ 覚えてろという
気持ちが自然と含まれていたのではないだろうか。
当時は、神罰本気で信じていたしねぇ。 この歌から再度交際が始まったとか、
相手が哀れに思い丁寧な返事を書いてよこしたという記録はない。

もっとも既に男が「裏切った状態」にあるらしいので、幾らかやましく思っていたところに
この内容が届いたら、返事は書きづらい。ちなみにこの歌、もらった相手は藤原敦忠。
タタリか天罰かは知らないが、当時としても若いうちの三十八歳でお亡くなりになっています。

歌のの句切れを カルタ遊びの影響で三句目にしがちだか、ここでは二句切れで見ると訳しやすい。

****************************************

39 浅芽生の小野のしの原しのぶれど
あまりてなどか、人の恋しき


○ 恋しい思いは、春の芽のよう。
凍てついた土が溶けはじめ、
新緑の芽が知らない間に、ポツポツ ポツポツ生えてくる。 
  貴方を好きな、この気持ち。
ずっと隠してきたけれど、せつなく いつしか 溢れだす。
  どうして偲びきれぬほど、あなたに恋をしてしまったのでしょう。


☆浅く芽をだす、篠原の篠ではないけれど、しのびきれぬほどの恋をいつ
してしまったのだろうか。

あさぢふのをののしのはらしのぶれど あまりてなどかひとのこひしき
出典 後撰集

 Sanji Hitoshi(サンジ?…翻訳ミスか)

Bamboo-growing plain,
With a small-field bearing reeds!
Though I bear my lot,
Why is it too much to bear?
Why do I still love her so?

竹成長平野
小さい分野がアシを産出していて!
私は自分のロット(運命)に堪えるが,
なぜ堪えることができないくらい多いか?
したがって, 私はなぜまだ彼女を愛しているか?


参議等 さんぎひとし (880〜951)本名 源等。 『袋草紙』に
「ミナモトトトノフ」の読み仮名があるが…間違っていないか?
嵯峨天皇の曾孫で、源姓を賜り 臣籍に下った源希の次男。

官職などは詳しく残されているが、歌人としての経歴不明で、他の歌もほとんど残っていない。
参議も役職名で、三司にまじ(参)わり(はか)議るの意味から来ている。
三司とは太政大臣・左大臣・右大臣のことで、参議は「三司」 つまり三大臣達の補佐役。



この歌の詞書は「人につかはしける」
こらえきれない 恋心を巧みに詠んだ当時の名歌として、いろいろな歌集に取り上げられている。

古今集に「浅芽生の小野のしの原しのぶれど 人知るらめやいう人なしに」
という別作者の歌があって、こ…これはもしやパクリ!?と
思ったが なんと傍線部 すべてが「しのぶ」に付く枕言葉。

歌詞前半部、ほぼ枕詞とは…手抜き…?
おかげでこの歌、その事を知らないと自力で直訳しづらく少々難解。
なかなか暗記がしづらい歌かもしれない。

「浅茅」とは、現代では「チガヤ」と呼ばれている植物のこと。
イネ科の多年草で野原に群生、花は穂状で白く「つばな」と称され、そのつぼみは食べられる。
ほのかな甘味があるらしいが、食べたこともなく 調理法も 不明なので
いきなり齧ってみたりはしないでね。

《小野の篠原》地名ではなく、小竹の生えている野原
《あまりて》こらえきれないで
《などか》なぜか、どうしてか

*************************************************

40 しのぶれど色に出にけりわが恋は
  ものや思ふと人の問ふまで


○ あなたの前で、いつもの挨拶。必要なだけの会話をし、
言いたい言葉を呑み 込んだ。
やさしい時間は大事だけれど、秘密のために、切り捨てる。
 必死になって隠してた、恋という名のこの感情。
 なのに、どうしてばれたんだろう。
「お前、あいつが好きなんだろ?」
 誰彼となく、尋ねてくる。


☆ 忍んでいた恋だが、表情にでも出てしまったのだろうか、誰を思っていると
人が問い掛けてくるようになってしまった。

しのぶれどいろにいでにけりわがこひは ものやおもふとひとのとふまで
出典 拾遺集

Taira no Kanemori

Though I would conceal,
In my face it yet appears,--
My fond, secret love:--
So much that he asks of me,
"Does not something trouble you?"

もっとも…私は隠すだろう.
私の顔で, それはまだ現れている.--
私の好きで, 秘密の愛:--
彼が私について尋ねるあまりに多く
「何かはあなたを煩わさないか?」

平兼盛 たいらのかねもり (?〜990)光孝天皇の玄孫にあたる。
ここで玄孫が読めた人、長寿一族か読書好きな人だね。「やしゃご」と読んで曾孫の子のこと。

三十六歌仙の一人。 あつゆきのおおきみ 篤行王の三男。 赤染衛門の父といわれる。
兼盛王と呼ばれていたが、臣籍に降り平姓になる。諸国の国司を勤めた。

壬生忠見との「天徳内裏歌合」での勝負は有名で、この歌もそこで詠まれている。



詞書は何故か「天暦御時歌合」。
文献の誤植かと思ったが天暦・天徳で両方正解。天暦とは村上天皇の治世をさしており、
歌合はその中の天徳四年に行われたことから、本来は天徳内裏歌合と呼ばれている。

テーマは「忍ぶ恋」次の41の歌と 必ず双璧で取り上げられる有名な歌。

この歌と41の歌、どちらかを勝ちとしなければならないのだが、判者であった左大臣 
源実頼はどちらも優劣が付け難かった。 そこで村上天皇に伺ったところ、
帝がひそかにこの歌を口づさんでいたのを、 近くにいた源高明が聞きつけこちらを勝ちとした。

単に歌の順番で、どちらがいいかを口に出している最中に聞きつけられたんだったら、
負けた忠見はお気の毒。勝敗が決まるまで兼盛は衣冠正しく座っていたが、
勝ちと聞いた瞬間大喜びで躍り上がり、他の勝負の結果を聞かずその場から退出した。

…この歌は訳しやすく、覚えやすい上現在でも通用しそう。
好きな子がいても、ばれないようしらんぷり。でも、目ざとい友達が大抵気付いちゃって、
からかってくる学園ラブコメ世界的だ。

ほのぼのしていて好きな歌だが、反面不倫を隠すアダルトな歌にも、とれなくもない。
(そうなると、イメージががらっと変わるのも趣き深い)

《いろ》顔色


戻る