31 朝ぼらけ有明の月と見るまでに
吉野の里にふれる白雪

○あふ…もう朝? たしか、昼寝をしていただけなのに。
明るく透ける障子の向こう、薄白青の空と白く霞んだ明け方の月を思い浮かべ
かすかに背伸び、起きる準備。
からりと開けた窓の外、吉野を覆う全面の雪。
ほんのわずかな月光が、明るく眩しく冴え渡り朝のように見せていた。
妖しく嗤う三日月と、雪とが見せた月光魔術。


☆ 吉野の里に降った白雪が、朝方の月の光かと見まごう程眩しく
一面に反射している。

あさぼらけありあけのつきとみるまでに よしののさとにふれるしらゆき
出典 古今集

Sakanoue no Korenori

At the break of day,
Just as though the morning moon
Lightened the dim scene,
Yoshino's fair hamlet lay
In a haze of falling snow.

日の中断ときに
まさしく…朝の月
薄暗い場面を軽くならせた.
吉野の正しい小村は位置した.
低下するもやの中では, 雪が降りなさい


坂上是則 さかのうえ・さかのへのこれなり (生没年不明・?〜930説もあり)
蝦夷平定で有名な武将、坂上田村麿の子孫、坂上好蔭の子。三十六歌仙。

蹴鞠の名手で、仁寿殿で醍醐天皇が人を集め、蹴鞠の催しをした際、
206度蹴り続けても落とさなかったので、
褒美に絹を賜ったことも。
あの動きづらい衣装と弾まない鞠で続けられたのだから、
今だったら人気者のJリーガーになれたかもしれない。
一族を語るのに、坂上田村麿 までさかのぼるのを ごらんの通り、家柄ではあまり出世を望めず、
大和や加賀の国司で、身分は低かった。



詞書は「大和の国にまかれる時に、雪の降りけるを見て詠める」
本人が実際に、奈良県の吉野町へ出向いたときに詠んだ歌。

東京近辺の関東と、神戸近辺の関西にしか住んだことない私には
一面の雪=スキー場ぐらいの貧困なイメージしかないが、「雪」の単語が持つ寒さや静けさより、
朝と間違えるほどの眩しさを素朴に驚く様子が伝わり、ほほえましく感じられる。
建物の存在感が少ない、里の雰囲気が伝わってくる絵的な歌。

《朝ぼらけ》暁とほぼ同時刻、朝のほのぼのと明ける時間。
朝開きが訛ったという説も

***************************************

32 山川に風のかけたるしがらみは
流れもあへぬ紅葉なりけり

○山奥の川に、水をせき止める「しがらみ」ができている。
誰がこんな所につくったの?興味を持って近寄ると、人工の物では
ないみたい。風が集めた紅葉の束が、自然と溜まってできたもの。
流れることもできぬほど、吹き散らされた紅葉のかたまり団塊。
風の造ったしがらみ柵が、落ちるもみじを堰き止める。


☆山の川にできているしがらみは、自然と集められた紅葉が、流されることなく
かたまってできた物だったのだなぁ。

やまがはにかぜのかけたるしがらみは ながれもあへぬもみぢなりけり
出典 古今集

Harumichi no Tsuraki

In a mountain stream,
Builded by the busy wind,
Is a wattled-barrier drawn.
Yet 'tis only maple leaves
Powerless to flow away.

山の流れで忙しい風によって, 組み込まれた.
編み合わせられたバリアは描かれるか?
まだ…'…カエデだけが残すtis
遠くを流れることにおいて, 無力である.


春道列樹 はるみちのつらき (?〜920) はるみちのちからのかみのにいな/春道主税頭新名の長男。
(春道ちかなの/親名/すくね宿弥の説も)
…息子の名前は現代風で、かっこいいのに、父の名は どちらも時代劇 
大御所風で、まず一読できないだろう。
でも、つらき/列樹も読みにくいか。

文章生から大宰典となる。壱岐守にも任じられたが、赴任前に没したという。
歌は『古今和歌集』に三首、『後撰和歌集』に二首の、計五首残っているだけ。

歌も少なくマイナーだが、官位もぱっとせず、特に目立った伝記もない。
大和国に春道の森とか、春道の社といった名前が存在するので、
そちらの地方の出身かとも思われるが未詳。
文章博士つまり、史記や漢文を教える大学寮の教官や、地方国司を勤めた。
枯葉の溜まった山川を、自力で登る歌の様子から察すると、
確かに高貴公家よりは、国司クラスの人物像が浮かぶ。



この歌の詞書は「志賀の山越えにてよめる」
北白川から、志賀にでる山越えの際読んだ歌。
志賀の山越とは、山城国北白川から近江国志賀へと通じる道で、
一般では志賀寺参りに都人が利用した道路。
山中越ともいう。

この歌の解釈には二通りあり、
川のみなも/水面中が紅葉だらけで、
次々に木の葉が落ち満ちているとの説と、
浅瀬に紅葉が吹き溜まっているとの説。

紅葉だらけというと、柵というよりダムの規模になってしまうからか、
一般的には浅瀬説が有効。「風がかけたしがらみ」の
部分の擬人化が、中世以降高い評価を得ている。

《山川》ここでは山の中の川の意で「やまがわ」と濁って読む。
「やまかわ」と澄んで読むと山と川をそれぞれ指す
《しがらみ》川の中に杭や石を並べて、水の勢いを弱める為に作った物。
転じて引き止めまと纏わりつくものの意として「世間のしがらみ」等と現代でも利用される

******************************************************
33 久方の光のどけき春の日に
しづ心なく花の散るらむ

○ ぽかぽか、のどかな昼下がり。
のんびり、うらうら春のひ陽あびて頭上の桜を意識する。
広がる枝は、淡薄紅で心まで春色染めあげる。
なのに私の心とは反対に、桜花びら音もなく舞踊りながら地に落ちる。
地面を覆い隠すよう、あわただしくちり急ぐ。


☆ 光りのどかな春の日に、静かな心を持たず、桜の花は散ってしまう。

ひさかたのひかりのどけきはるのひに しづこころなくはなのちるらむ
出典 古今集

Ki no Tomonori

In the cheerful light
Of the ever-shining Sun,
In the days of spring;
Why, with ceaseless, restless haste
Falls the cherry's new-blown bloom?

愉快な光の中で
絶えず輝きのSun(太陽)について
スプリングの数日に;
なぜ, 絶えざる,落ち着かない状態で, 急がせなさい.
滝…チェリーの新しく吹かれた花



紀 友則 きのとものり (?〜907?)紀有朋の子で、紀貫之の従兄弟。
昇進に恵まれず、40歳の時まで、無官であった。

904年にようやく大内記に任じられる。内記とは、宮中の いわば記録係で、
詔勅の起草等も手がけるため、文章が上手な人が選ばれている。
『古今和歌集』の撰者の一人となったが、その完成を待たずに没した。



詞書は「さくらの花のちるをよめる」この歌、個人的に好き。
縁側で猫をひざに乗っけて、(猫を飼った事も、縁側の有る家に住んだこともないが)
桜を仰ぎ見ているような暖かい気持ちになれる。

散る桜に哀愁が込められているのかも知れないが、ゆるやかで耳に心地よい語調のなか、
春の陽気や希望が圧勝している、そんな雰囲気。

本文中の「しづ心なく」は 静かな心なくの意味だが、花にも自分にもかかっている言葉。
桜には「静かな心」がないので、急ぎ散ってしまうの意味と、
自分が桜を眺めながら「散らないでくれ」と祈ってしまうので、
静かな心をなくしてしまうの意味。

今にも通じる春の花見の心意気で暗記しやすいが、
それでも駄目なら「ヒサカタシズコ」で上の句下の句ばっちりだ。
しかし、自分で書いておいて何だがやっぱりこの歌は意味で覚えてほしいなぁ。

《ひさかたの》久方・久堅と書く、光の枕詞

************************************************
34 誰をかも知る人にせむ高砂の
まつも昔の友ならなくに

○戦争、飢餓、自然破壊。
記憶の隅に、存在おいて皆私を残して逝った。
誰も居ない、どこにもいない。
誰を私の友としよう。
ここにはすでに何もなく孤独な枝を空虚に伸ばし、佇む松があるばかり。
何も語らぬその松は、私の声が届かない。私の友にはなりえない。


☆年老い、誰も知っている人がいなくなってしまった。昔から知っているの
あの高砂の松だけだが、松は友になれないし。

たれをかもしるひとにせむたかさごの まつもむかしのともならなくに
出典 古今集

Fujiwara no Okikaze

Whom then are there now,
In my age (so far advanced)
I can hold as friends?
Even Takasago's pines
Are not friends of former days.

だれ…そして, 現在, あるか.
私の年令のときに(今までのところ, 進む)
私は友人として抱いてもよいか?
高砂の松さえ
前者が日間, 友人がいないか?


藤原興風 ふじわらのおきかぜ (生没年不明)藤原浜成の曾孫で藤原道成の子。
三十六歌仙の一人。院の藤太と号した。歌だけでなく、管絃にも優れた。
なかでも琴は名手であり、弾琴の師となっている。
(なんだか難しげだが、簡単に言うと琴の弾き方の先生)

あまり出世せず、相模や下総の国司で生涯を終えた。
おきかぜって、読みにく難いが字面も音韻も格好よく、
百人一首作者中一・二を争う好きな名前だったりする。
ちなみにマイベストスリー(順不同)は春道列樹・大江千里と この興風。

他の二人は苗字込みで、この方は名前のみがお気に入りなのだが。
どれも現代に通用しそうで、自然が読み組まれているあたりが、ポイント。



この歌の詞書は「題知らず」
生没年不明の為、本当に長生きして、実感としてこれを歌ったのかは不明だが、
孤独な老人問題はこの頃からあったらしい。

知己がいなくなり、ひとりぼっちになってしまったという 老愁の淋しさがさらりと詠まれている。
「友とならない」には解釈が二通り。
@万年も生きている松に、 若輩の自分は友にふさわしくない
A年寄り過ぎる自分は、常緑でいつまでも若々しい松の友になることができない。 

どちらでも歌の大意は変わらないが、年齢の老若の基準がまったく逆に
なってしまうのが面白い。また、「松」には昔の友を待つが、
もはや誰もいないの意味も含まれているようにも取れる。

《高砂》高い砂山を指すこともあるが、ここでは地名。兵庫県の高砂。高砂の松は幾年も経た大樹として有名
《知る人》ただの知人ではなく、友人や古くからの知り合い

********************************************

35 人はいさ心も知らずふるさとは
花ぞむかしの香に匂ひける


○昔の約束覚えてる?大きくなったら何になろう。
あなたは世界を救う、スーパーマン。私はおいしいケーキ屋さん。
そして2人は結婚するの。幼稚園児のお約束。
言葉交わすの少なくなって、あなたの心はもう読めない。
だけど約束誓ったあの梅は、昔と変わらず匂い立つ。


☆ 人の心は昔のままか、わからない。しかし馴染んだ土地のこの梅は昔と変わらぬ良い香りを放っている。

ひとはいさこころもしらずふるさとは はなぞむかしのかににほひける
出典 古今集

Ki no Tsurayuki

No! no! As for man,
How his heart is none can tell,
But the plum's sweet flower
In my birthplace, as of yore,
Still emits the same perfume.

いいえ!いいえ! 男のように
彼の心臓はどうなにも言うことはできないということである.
しかし, プラムの甘い花
昔やがて私の出生地で
まだ, 同じ香水を放っている.


紀 貫之 きのつらゆき (866・870?〜945?)紀望行の子。
歌人・歌論家でもあり、日記文学の祖と国語のエキスパートで、古典の時間で
必ず一度は目にしたことのあるお名前。

土佐(現高知県)に土佐守として赴任し、その帰途をつづったのが、『土佐日記』

「貫之は猫をおひおひ荷をほどき」の川柳はこの『土佐日記』を揶揄したもので、
土佐の名物 かつおぶしをたくさん 持って帰っての帰郷だろうから、
猫もいっぱい寄ってきただろうという意味。
これで貫之=土佐日記の作者を暗記しよう。

また、『仮名序』を記しており、最初の歌論として、後世に影響を与えた。

歌論はともかく、ひらがなが普及されるようになったのは、
この方のお蔭といえます皆様感謝しましょう。
それまでは男手=漢文で、女手=平仮名。
女性が平仮名を書くのはいいけど、男がそんな柔弱な文字を使うと
かっこわるいという風潮から、通常 漢文で書物は記されていた。

読みづらいぞ〜意味でなく、音での当て字のようなものだったから。
うーん現代で「ひら仮名遣い」を 例えると 
普通の手紙に、中年の男性がフェイスマーク(^^;)←これを使用するような感じか。

もっとも、それゆえ『土佐日記』は有名な冒頭「男もすなる日記というものを女の私も…」と、
女性が書いた日記文学ですよーという体裁が取られている。

書道でも優れよくお手本として教科書にも載っている、多芸な方。



この歌の詞書は「初瀬に詣でるごとに、宿りける人の家に久しく宿らで、
程へて後に到れければ かの家の主 かく さだかになん宿りは あると言ひだして
侍りければ そこのたてりける梅の花を 折りてよめる」

だーっ長いわー!!と叫びたくなる、本文より長い詞書。

はっきりいってわかりづらいので訳すと、
貫之が長谷寺に久しぶりに出かけたときに、いつも泊まっていた宿の女主人が
「家はこの通り、ずっとあるのに長くおいでになりませんでしたね」と
皮肉ったのに対し、そこにある梅の枝を折り添えて切り返した歌。

女主人は艶っぽい関係というより、咄嗟に こんなやり取りができる
イキな大人の関係であったと見たい。
でも、嫌味を言ってこうサラリ切り返されると、ぽっとなっちゃうね。
かっこいいと思ったのは当時の人たちも同じだったようで、
貫之は長谷寺観音の申し子であったという俗説までこの歌がきっかけに生まれている。
ここでは「花」が桜でなく、詞書から梅とわかる。

《ふるさと》ここでは故郷ではなく、昔馴染みの土地という意味


戻る


>