The words
of

PILOT

and the Japanese translations
Since January 2000


updated 6 May 2012

Under the Sun

(Latest David' solo album)

I Wanna Be With You


FIRST FLIGHT TO JAPAN
BE STRANGE! DO STRANGE! GO STRANGE!
Set list with lyrics

Message from David
デヴィッドから日本のファンのみなさんへ
(2007年来日時)
the corrections by help of
David Paton (Mr.PILOT)

From The Album Of The Same Name
Second Flight
Morin Heights
Two's A Crowd
Blue Yonder
The Craighall Demos 71:76

SINGLES

SOLO WORKS

MORE DEMOS

LINKS

BBS

Let's Join the Band!


掲示板にひとこと書いてね!

If you would have some opinionsMail me!pilotwords-pilot@yahoo.co.jp


このページは
イギリスのポップ・ロック・バンド、PILOT(1974〜1977)の訳詞のページであり、歌詞にこだわることで愛を深めよう(?)というのを目的にしています。
 今後、一週間に一曲のペースで、ページの追加をしていく予定です。また、みなさんからご意見や新情報をいただけましたら、随時、加筆・訂正をしていきたいと思っています。メール、掲示板の書き込みをお待ちしています。

I built up these pages to study the words of PILOT songs.
I made a comparison with liner notes of LPs (TOSHIBA-EMI, Japan)
as a guide and I tried to correct some words.
I need your suggestion to be clear about the words of PILOT.
Please E-mail me or write on BBS. English welcome.

このページはリンクフリーです。
 事前事後にかかわらず、ご一報いただけるとうれしいです。
よろしかったら、このバナーをお使い下さい。

copyright : Masami Seko 2000


いささか個人的な、ページ開設のいきさつ

 1975年、私はひたすらひたすらPILOTのSecond Flightを聴いていた。一日のうちに二度も三度もくりかえし聴きつつ、歌詞を覚えたり、自分でつたない訳をしたりして楽しんでいたのである。もちろん、そうすることが好きだったからだが、自分以外のファンに出会えなかったので、そうやってひとりで遊ばざるを得なかったのかもしれない。

 1993年、私は戸村さんに出会った。驚いたことに、彼女がPILOTのファンになってくれたので(それも超ド級の)、眠っていた私のPILOT熱にもまた火がついた。語学に堪能な戸村さんに助けられながら、私は再び訳詞に取り組み始めた。そうして、20年前には気づかなかったことを、今更ながら「わかった」りすることがたくさんあったのだ。

 そして、1999年12月、戸村さんのが、2000年1月にはアメリカのKirk Kiester氏のABOVE THE CLOUDSが、と相次いでパイロットのページが公開された。なんだか、落ち着いていられなくなった。及び腰ながら、自分も何かしなくては、という気持ちにつきうごかされた。


 原詞は基本的に日本盤LP(東芝EMI)のライナーのものですが、部分的に修正が加えてあります。また、訳詞はできるだけ原詞の表現をふまえ、極力意訳を避けていますが、日本語として自然なものになるよう努力しました。いずれも戸村さんの助けに負うところが大きい。ここに謝意を表します。

 まだまだ意味の通らないところも残っていますが、たくさんの方に見ていただくことで、より磨かれていくだろうことを願いつつ、たどたどしくも離陸したいと思います。                   January 2000 瀬古 正美