武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

森のホタル ヒメボタルを探そう


ホタルを調べると、インターネットで書いている地域は関西、関東方面で、東北の実例は
余り見かけない。

東北地方では、ヒメボタルは?
 二戸市/折爪岳周辺 折爪岳周辺は東北でも有数のヒメボタルの群生地といわれる。

 岩沼グリーンピアや入間田ホタル園もヒメボタルが確認されている。

--------------------

ホタルの見れる期間は、6月中旬から7月中旬までの約1ヵ月間。「入間田ホタルの里」 には、
ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルの3種類が生息している。
一番飛び交う 時間帯は、気温が高く風がない夜8時から9時までの1時間が勝負

  旅籠屋仙台亘理店

--------------------


ヒメボタルの大きな特徴は


1.「雌は飛べない」 後ろ羽が退化!!! 
 ゲンジもヘイケもいずれもメスが大きいけど、ヒメはメスは小さい。

2.幼虫は水の中でなく、陸の雑木林等の落ち葉の中で暮らす。 陸生
    ゲンジもヘイケも幼虫は水中で暮らすけど
     ヒメボタルの幼虫は雑木林の落ち葉の下で生活、山のホタルもしくは森のホタル-------------------------------------------------

入間田


 入間田ホタルの里
 八雲神社
 福寿山円龍寺


入間田のホタルの里 

  


突き当たり、右へ行くと雨乞いのイチョウ、左手に入間田ホタルの里
(国指定天然記念物。樹齢600年)

里山の風景 ホタルは里山環境の象徴


里山の一番奥、谷は狭まって、右手は水田、いわゆる「谷戸田」、左手は小川が
流れて、両側は雑木林である。 上流にはおおくの場合、ため池がある。
谷戸田では稲が作られ、雑木林からは薪が取られ、また有機栽培に必要な落ち葉が
取られた。 ここはホタルにとって絶好の場所。




入間は関東地方の「入間」と会い通じるか? 
新羅神社考 から参照
 「新羅三郎義光が率いて来た新羅人の内、二十人を槻木(つきのき)町入間田に住まわせた」といわれる地方である」


                    

  


幼虫の生活空間


水生のホタルのほうが珍しいのだ。ゲンジやヘイケに住みだした小川や
水田という場所は、飛べないとどんどん下流に流されてしまう。 

 里山の構成要素の
    小川
    水田
    雑木林
の三つにすみ分けているみたい。

ゲンジボタルは「小川、きれいな用水路」-----小川のホタル
ヘイケボタルは「水田、用水路、小川」 −−−田んぼのホタル
ヒメボタルは  「雑木林、杉、ヒノキ林等 ----森のホタル」


幼虫期の餌

ゲンジ、ヘイケボタルの幼虫は「水中」で暮らす。 
ヒメボタルは陸生で雑木林の湿った落ち葉の中で暮らす。

  ゲンジボタル カワニナ----- 小川
  ヘイケボタル タニシ、モノアラガイ---  水田
  ヒメボタル   ベッコウマイマイ、オカチョウジ---- 雑木林 


-----------------------------------------------------

成虫の発生時期

本当のところはようわからん。
関西とか関東のデータは気候も違うし、そのまま当てはめると危険。

それとしても気温の積算が関係するから
遅くても 順番はゲンジ、ヘイケ、ヒメボタルの順番だろう。
推測すると
成虫の発生時期  6月中旬から8月初旬

幼虫が小川に住んでいるゲンジボタルが飛び始め、次に水田に住んでいるヘイケボタルが
とび、最後に森のホタル、ヒメボタルが飛ぶ。-
 

成虫の飛び方 光り方  


         オレンジ色がかった光りの色  ストロボのように光る --金ボタルとも呼ばれる。     
               
         ゲンジボタル ポッー、  ポッー
         ヘイケボタル チカ・チカ  ちか・チカ  


                   小川のせせらぎ

  蘇れ!ヒメボタル
http://www.rr.iij4u.or.jp/~t-yamaki/htr/

ホタルサイトマップ
http://members.jcom.home.ne.jp/hotaru-net/sitemaps.html



武隈の里