武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

 
まずは「本館」「丸沼」名残はあるのか?


  



岩沼館の名残はないものだろうか?
地図を片手に歩いて見る。 まずは本館跡を探す。岩沼駅陸橋から西口のロータリーを見る。
線路脇にあり小さな丘が岩沼館本館の名残ではないか!!!
岩沼駅のプラットホーム4番線から岩沼館本館跡を見る。
 

 

--------------------------------------------------------
 
プラットホームの端っこから線路向こう、 北西方向 岩沼館本館跡丘を見る。
丘の向こう、遠方に見える高木がある丘は「鵜ヶ崎公園」





---------------------------------------------
岩沼館本館跡
 別な日に

西口に出る。直ぐ左側にロータリーがある。その向こうに小さな山がススキに
揺れている。 その丘に登る。 岩沼駅の西口の操車場あとにはもう使われなく
なった風な貨車がぽつり。



 

岩沼市教育委員会の立てた標識では 「鵜ヶ崎城跡」は駅西口からから見て、右手の小高い丘、
鵜ヶ崎公園にあったという。 この「鵜ヶ崎城跡」は今の「栄町」、昔の地図を見れば
侍屋敷のあったあたりの北部分で明らかに本館跡ではない。。
本館跡丘から鵜ヶ崎公園を望む。
 

---------------------------------------------------------


 また雨の日、岩沼駅の西側に歩く。
 その丘を降りて少し山のほうへ歩いて左折、南へ行くと
まず、先ほどの名残n丘を西側から見ると 貨車がみえ、駅構内で昔は線路でもあったのだろうが、
今や枯野である。かっては丸沼の一部。

 google map

昔の丸沼には新興住宅地、丸沼を埋め立てたとしても「水路」としては
厳然と残っているのだ。
ずうと遠くに見えるは「鵜ヶ崎城趾」



雨の中、丸沼の名残の流れにそって行くと、駅の南で線路を横切るように
流れて行く。おりしも、冬の雨、流れは茶色だ。 流れは左方に曲がる。
岩沼駅構内南部にあたる。 

----------------------------------------------------------


別な日 岩沼駅の東側に歩く。 丸沼の名残の堀を辿っていくと
最後、堀は岩沼駅の線路下に入る。



線路の前で、右手方向 岩沼駅構内を望む。このあたりは往古の
丸沼であったところ。今は貨物線路がずらりと並ぶ。
正面左の林が鵜ヶ崎城趾。
こうやって見ると岩沼駅構内も意外と広いのだ。かっては丸沼の部分は
埋め立てのだろう。


丸沼と長沼 google map 



武隈の里