武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活 竹駒神社 再考
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

三大勢力 論 源氏 蝦夷の地へ

     

  武隈松の変遷でも見たが、
当時、派遣された国司を見ると「源満仲」がいる。  源満仲は清和源氏の二代目、この頃はまだ歌枕の時代だが、「清和源氏」の嫡流が陸奥にもやってきているのだ。源氏は古くから陸奥の広大な土地を狙っていたのか?。

   彼の長男 頼光は摂津源氏の祖
     次男 頼親  大和源氏の祖 
   三男の源頼信(968-1048)は河内源氏の祖 --甲斐守在任時に平忠常の乱を平定 関東に地盤を広げる

 さらに、武隈と最も関係が深いと思われる 源 重之 清和天皇のひ孫もやってきた。 はるか遠い摂津や大和に誕生した源氏はもっと早い時期から蝦夷の地にも進出していたのではないか?


稲荷は三大勢力の共生  

     倉稲魂神うかのみたまのかみ、宇迦之御魂神---加羅系 北方 遊牧民族
     保食神うけもちのかみ、-             ----南方呉系 
     稚産霊神わくむすびのかみ和久産巣日神-- --コムナリ加耶系  呉系が半島で北方系と融合

 上の三大勢力を加耶古代史観で分類すると
   
1.小野は 「臣」の集団 −−−南方呉 うけもちのかみ
      武隈と同じ祖先 和邇臣   武隈の土着集団--高地生活→  前方後方墳
 
2.源氏は?源氏のルーツを大胆に推測すれば、物部の加羅系

   倉稲魂神うかのみたまのかみ、宇迦之御魂神---加羅系 北方 遊牧民族 これが物部
   山すそ武隈低地への進出  放牧

2.稲荷を勧進したのは? 
伏見稲荷ののルーツは「秦氏」で、応神の時代に半島からやってきたコムナリ加耶?わくむすびのかみ 
  灌漑工事、低湿地への進出 --武隈明神!!


古墳の分布 

前方後方墳と前方後円墳

2006/4/30  かめ塚古墳 水田地帯だが、まだ水はない。 
   
白山古墳  前方後方墳  丘陵 雑木林 


(1)集団の生い立ち

  
    この狗奴国集団が最果てみちのくまで来ていたということか?
    加耶古代史観では

       卑弥呼邪馬台国   鮮卑系 半島から渡来集団 ----「魏 
       狗奴国         呉系  倭の先住集団  ----「呉」     
    
    前方後円墳も前方後方墳の違い?
     詰まるところ 「円」か「方」である。 方墳が先。




      
     方墳  朝鮮半島北部 高句麗 -- 呉系は当時、魏と対抗するため、高句麗とは
         関係を深い。 呉系は半島へ北上して北、粛慎系と南北融合して高麗を形成する。
         
      円墳は朝鮮半島南部  鮮卑系は
     一方、鮮卑系は 漢と鮮卑 の融合して南下 
       邪馬台国や、新羅の早々の時期      円墳   


(2)立地条件

      前方後方墳は山の中、尾根を利用した古墳の形に。 
        まだまだ低地に住めるような時期ではなかったのか? 農耕の雰囲気はない。
         例  岩沼 朝日山公園 白山古墳       



      前方後円墳 低地 平地、古墳の向きは海岸線に平行 
           海からでもよく見えるように。 周豪は灌漑用水  農耕 
       東北でも5世紀以降 広まる。 前方後方墳はそれ以前。

         例 岩沼  かめ塚古墳
            岩沼 東平王塚古墳


(3)このあたりの古跡

  陸奥国府の最初 ?  武隈館
  武隈は  和邇氏の祖、 武振熊? 
  金蛇水神社----少彦名命   鮮卑系新羅 半島から渡来
  竹駒神社 -小野篁 小野氏のルーツは和邇氏  
  稲荷信仰 --うかのみたま  加羅系伝説 
  日本武尊東征 玉浦とは岩沼の海岸 、 お供したのは大伴武日連--新羅系
  鮮卑系新羅は半島からだが、卑弥呼集団と同じルーツ

とか考えると、かめ塚が卑弥呼の墓かと噂される箸墓と1/10相似形なのもうなづけるかも
しれない。卑弥呼集団はこの最果て、みちのくにも来ていたと考えるとロマンがありますね。
 

------------------------------------------------

雷神山古墳 

雷神山古墳は東北第一の規模 前方後円墳 google map
史跡公園として整備されている。 岩沼の北 「館腰」

すぐちかくに前方「後方」墳で有名な飯野坂古墳群や高舘古墳が控えている。
前方後方墳は山麓沿いの高地
、前方後円墳は開けたところ、雷神山古墳は名取丘陵の先端にある。

前方後円墳は大和、摂津と畿内が中心。
雷神山古墳より以前、どんな集団が?
東北最古と言われ出土器からみて
前方後円墳「雷神山古墳」 4世紀末〜5世紀初頭

飯野坂古墳群


前方後方墳は東海が中心、google map
「名取」丘陵の 「薬師堂・宮山・観音塚・山居・山居北」の5基の前方後方墳と2基の方墳からなる古墳群。 名取丘陵でも山側にある。

しかと調査はされていないようだが、4世紀末から5世紀初頭にかけて建造されたとか!!!!

この陸奥にも巨大な古墳がある。
西から違う集団がこの地域で生活していたことは確か。

高舘古墳

高舘山中腹にある。google map  これは本当に山の中
前方後方墳  東北最古と言われている。保存状態は自然のまま 

遠見塚古墳

仙台市、 広瀬川北岸 自然堤防のところ