武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活 竹駒神社 再考
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

竹駒寺と竹駒神社 

(1)武隈明神の誕生

     稲作、灌漑とかで低湿地へ進出

稲荷大神?   
           武隈稲荷の神々のルーツ? 
 加耶古代史観の分析では
     倉稲魂神うかのみたまのかみ、宇迦之御魂神---加羅系 北方 遊牧民族
     保食神うけもちのかみ、-             ----南方呉系 
     稚産霊神わくむすびのかみ和久産巣日神-- --コムナリ加耶系  呉系が半島で南北融合後、回帰

小野篁の実像?    通説的には小野篁(おののたかむら) 承久9年(842年)に勧進されたとする。
       小野篁を代表する集団の武隈低地への定着を意味するか?
封土記から竹駒神社 縁起略いわく            


(2)武隈から竹駒への変質---竹駒寺

武隈から竹駒への転換 竹駒寺 開基---馬市として繁栄
能因法師  武隈から竹駒への転換の時期 

封土記から竹駒神社 縁起略いわく
          

(3)武隈明神

竹駒神社と竹駒寺   
  明治時代 王政復古、竹駒明神が復活して「竹駒神社」へ
  お寺から神社へ転換  復飾  竹駒寺は廃寺となる。 


-----------------------------------------

 資料
「竹駒神社」 封内風土記から