武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

東街道沿いの古墳

    名取と紀州熊野は関係が深いのだ。 名取の名取川の近辺に熊野詣の三社あり。
   古代、紀州熊野の定住した人達は、またこの東北の名取にもやってきたのだろうか?
   紀州熊野から黒潮の乗れば、このあたりまで放浪できるかな?




かめ塚古墳  ---梶橋 岩沼の古代を知る上で重要な遺跡、[前方後円墳]
  大和ヤマトの卑弥呼の墓かとも言われる箸墓古墳と相似形、1/10の大きさ  まだ発掘もされてないと聞く。
古代からの文化財は放置されてよいのだろうか?

東平王塚古墳 --南長谷 前方後円墳
かっては青松繁る古墳であったが、その後枯れる。今では地元の人が植えた松が元気に育つ。

新明塚古墳--長塚古墳  --長岡

白山古墳 ------岩沼 朝日山公園にある「前方後方墳] 
 青松は健在だ。それにしても古墳には松が多く植えられて居る。


金蛇水神社  ---三色吉 古くは水神宮と呼ばれ、灌漑用の水の神様が 祭神である。        
    少彦名命は鮮卑系新羅 --卑弥呼と同じルーツだ。

 笠嶋道祖神 今は佐倍乃神社(さえの神社)() 
         祭神は天孫降臨のときの先導役 猿田彦大神と天鈿女命