武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

ダンボール堆肥での生ごみ堆肥づくり

カッコよく言えばこうなるけど
ダンボール堆肥を軸とした自然循環型社会システムの開発を目指す
 
---------------------------------------------------
  http://www.jun-namaken.com/
      NPO法人 循環生活研究所 
堆肥づくりのススメ〜コンポストのある循環生活〜
--------------------------------------------------


2006/4/18 
  ピートモス 20 L
  籾殻くん炭 18 l
 ( 本来は土壌菌をいれないけど、土壌菌があったほうが発酵が早い) 




虫除けに布で作ったふた


2006/4/18
畑に入れた生ゴミ堆肥  
最近の野菜はまだ未消化、また今回は多少 水分過多



-------------------------------------

2006/4/25
毎日、生ゴミを入れてかき混ぜる。
米ぬか、大豆、納豆とか有効、発酵がはやくなりそう。
土壌菌も適時 追加

生ゴミは毎日、三角コーナー1−2杯くらい 
野菜、リンゴやみかんの皮とか何でも。 

--------------------------------------------------

2006/4/29
土壌菌には嫌気性、好気性あり、
本当は温度管理をせなあかんのやけど

-----------------------------------------------------

2006/05/08
白いカビ? 土壌菌



かき混ぜる
水分をふくむと重くなる。

-----------------------------------------------------
2006/5/12

生ゴミをどんどん入れてもかさは目に見えて増えない。

いろんな問題点

うまくいくときはふかふかの堆肥が順次できるのやけど、、。
見た目のかさはほとんど変わりはない。

うまくいかない場合、
使っている内、ダンボールが崩れてくる。水分の性?
スコップでかき混ぜるのだが、底をついて破ける。
水分量がだんだん多くなってくる。
わからん虫が沸くとか。
覆う布が破れてきて、使えなくなった。ほっておくと雨にぬれてダンボールあ痛む。

とか、、、。
ある程度なると、そのまま、畑にぶちこんでしまうのです。
試行錯誤の繰り返し!!!!