ミニ水田  
  お米はどんなふうにできて行くのかな? 


芽だし

僕は玄米から始めた。この玄米は昨年、近所の農家から分けてもらったものだ。毎日食べているものだ。
発芽するかどうか心配だったが、大部分は発芽!!!

 2006/4/6

種まきは田植えから逆算して6−−7週間前といわれる。
5月20日ごろ田植えとすると

玄米を水に浸す。3日もすれば白い目が出てくる。白い芽は鞘葉という。いわば鞘の葉。
2006/4/10 
ちょうどソメイヨシノ開花は13日くらいだったかな。それと比べるとちょっと早すぎるか。
もっと種まきは遅くてもよいのだ。来年はソメイヨシノの開花にあわせるか? 
亘理に種まき桜、エドヒガンがあるのだけど、あれの開花をならうかな。
 13日ごろ種まくと、田植えは5月25日頃?

2006/4/14

 庭に小さな水田を作った。







2006/4/18



 
この頃から庭にミニ田んぼを作る。水を貯めるのは案外大変。
もともと粘土質の土壌、穴をほって、水を貯めてどろどろにする。畦も固めて
 泥を探ると、細かい泥だ。水は案外抜けないものだ。肥料は発酵鶏糞をばら撒いた。
発酵鶏糞でいいのだが、田植えまで一月あるので肥料もこなれる。

スコップで引っ掻き回し、板切れで泥面を平らにする。

種まき

白い芽が出た籾をミニ苗代に播く。苗代もそこらのプラケースに土を入れて
簡易苗代。
来年はもっと考えてやろう。「苗半作」というくらいだから 
 特に保温もしないので
苗の生長はゆっくりだ。また籾を数多く植えた割には、葉が出てきたのは少ない。
苗代に水を貯めすぎたのかな? 
 苗代は水はかぶらず、湿っている程度がよいらしい。
水に籾が使っていると酸素不足になるとか。
 2006/4/19



 葉が出る
2006/4/28 
まだまだ葉は小さい


 5月8日ではやっと5枚目の葉が出てきた。田植えまではもう少しかかる。

2006/5/6 


近所の田んぼではゴールデンウィークに田植えが多いけれど、今年は4月の低温で苗の生長が遅いのと
晩期栽培もあって、約半分くらい田植え終わったのは。

僕の苗も今しばらくかかるな。
田植えは一部 5月13日に行う。

水田の仲間


武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

ミズスマシもやってきた。
アメンボウはどこからか飛んでくるのだ。


武隈の里