武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

メダカの学校

2006/09/15

クロメダカは 1999年絶滅危惧種Uに指定 

ここは クロメダカの泳ぐ ミニ水田!!!  水田に共生するクロメダカ!!!
田尻からもらって来て、3ヶ月経つ。次の世代が生まれている。
メダカは太陽光線が大好き!!! 



2006/09/25
乾燥した好天続きで、ミニ水田の水も干上がってきた。
クロメダカは水の残った狭いところで右往左往。

よく見ると、まだ生まれたばかりかと思う小さな魚も泳いでいるのだ。
稚魚もそのまま放任している。ミニ水田のどこかで生まれて、、。

餌も特にやらない。米ぬかを撒くことくらい。 お米のとぎ汁もね。
あとは自然の流れに任せているのです。




2006/10/24
稲刈りも終わったあとのミニ水田です。

メダカ達はあちこち泳ぎまわっています。
昨日からの久方ぶりの雨で水位も回復!!!

でも、これから寒くなったらどうしようか?
今朝は7度くらいまで下がった。
 メダカは本来、地元産だから、こんな寒さは遺伝子に組み込まれているはず。
メダカは年4回くらい産卵するといわれるが、、、。氷がはったらどうか?
全部の水が凍るころもないけど、、、。もっと深くほっておく必要があるのかな?

 このミニ水田では6月に田尻から10匹もらってきたけど、一度、産卵している。
今は、親と子供の2世代で約30匹くらいいるだろうか?来春まではこの体制だな。

 ここで生まれたアカガエルは庭を歩くとたまに出会う。かれらは
山の池からオタマジャクシで取ってきて、このミニ水田で育ったカエル達だ。
彼らは春早く産卵するというが、冬はこのまま冬眠して、来春、早い頃
おのミニ水田で産卵することだろう。

冬場もミニ水田も水を蓄えておかないと。