武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

東平王塚古墳

  google map

東平王はだれか?

県道が国道4号線に合流する少し手前、東北本線を超える越線橋の右側
千貫神社の赤い鳥居を背にして、左手、こんもりとしたこじんまりした丘がある。
往古は東平王松塚といわれて「青松12株」ありといわれたが、
現在では雑木林のみ。白い標識のところまで行くにも足元雑草生い茂り、おぼつかないのだ。

前方後円墳か?

1.立地条件

東平王塚古墳からは直接 蔵王は見えない。山すそにもう少し歩くと、前面に蔵王があらわす。だが、墳丘の上に上ればどうだろうか? 後日、登ってみよう。

道路まで引き換えし、向こう側まで道路を迂回して見ると、田んぼのカーブから、
古墳のくびれがよくわかる。かめ塚古墳よりは一回り大きそうだ。
南側は田んぼ。

2006/4/22 桜満開
低木が伐採されてすっきりした。
新しく松の小苗が2本、植栽された。


--------------------------------------------------





まだ田植え間もない頃 5月
古墳のすぐそばは田んぼ 
-----------------------------------------------------


2月中旬 千貫神社前の道路から古墳を見る
向かって右側が前方部、左側が後円部と思われる? 配置は南北で北側が後円部はかめ塚古墳と同じか? 

2006/4/22
2.「東平王」はだれか?

724年、神亀元年、多賀城を創設した大野朝臣東人だという説
大野朝臣東人は742年、天平14年亡くなる。
時期的に「前方後円墳」の時期とは合わない。
異邦人というのは?

加耶古代史観からみて
 かって往古、古墳時代、この地方に来たのは卑弥呼に通じる鮮卑系新羅の人達だった
とすると、当地の人からみると異邦人かもしれない。 
例のかめ塚古墳をい作った人達と同じ集団なんだ。お墓の形、大きさをみればもっとはっきりするだろう。 
それにしても、古墳とかの保存についてはもっと力を注いではとは思うが。 (2006年2月17日 20:19:24)

------
 古墳の向こうには  千貫神社-------------------------------------------------

蔵王遠望

-----------------------------------------------------------

蔵王遠望 2006/2/14





2006/4/22  桜咲く頃 蔵王遠望


東平王松
名跡志 いわく
  千貫待峰より東、山の下に古い塚あり。青松12株、
相伝
  異邦人東平王が山の下で客死、郷里を偲び上に植える草木は西にたなびく。

宗久紀行もまた異邦人とする。
東平王は按察使の尊称なりや?

続日本記大野東人、神亀元年、東国節度使 、同3年、東海東山節度使兼鎮守府将軍。

国分式しだいいわく 東平王はこれなり、あるいは記いわく、大野東人。
恵美朝? 東平王と称す。橘諸兄が葛城王というように。
按察使 この地で亡くなり墓を作る。郷俗これを知らず異邦人という。
宗久また古書を知らず。郷俗の説を踏まえた。


---------------------------------------------
武隈の里