武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

熊野神社ー名取
熊野新宮社−−名取市高舘熊野堂字岩口上51 熊野神社 
「速 玉 神」−−すぐ裏手は名取川



名取川がすぐそば 仙台から名取、岩沼への街道要所

名取川 遠望




神社は名取川河畔のすぐそば。熊野本宮社の南側

拝殿
もともとは熊野新宮社といわれ、熊野本宮社、熊野那智神社
とともに名取熊野三社と。奥の院は江戸初期の熊野作りを伝えて。


祭神は?

熊野神社は熊野本宮社、熊野本宮社、熊野那智神社を合祀し、
熊野神社と称する。


「速玉男大神」−−−「少名毘古那神」? −−
 古事記では
    出雲で大穴ムジと国造り、あと常世国に渡るとある。
   −−加耶古代史観では、これは加耶人(新羅系)

「伊邪那伎大神」−−イザナキ
   −−−−スサノオ系の源流 

「事解男大神」−−スサノオ系−−大国主神の末裔− 大穴ムジ? 
   −−加耶古代史観では、倭の先住民 海洋民

の三柱



名取老女が紀伊熊野まで参詣するのは遠すぎると、今から880年
ほど前、鳥羽天皇の時、分霊したとか。紀伊熊野に通じる集団が、ここ
陸奥にもいたことになる。



向こうは本殿、奥の院だが、残念ながら
よく見えない。


五七桐!! 
熊野神社でよく見る「巴」ではない。また「十六菊」も見あたらない。
この五七桐は「多賀神社」でも見たやつだ?
「菊」や「巴」とは違った勢力なのか?


拝殿に繋がる渡り廊下、
太鼓橋は住吉、伊勢に通じるか?

武隈の里