武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

熊野那智大社


熊野那智大社は?
 

熊野那智大社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)

ナチは「滝」の意味

熊野三山は
「速玉」
「那智」
「本宮」

那智川の上流   有名な那智滝のある山間  那智山青岸渡寺
那智川の河口は 渡海 「補陀洛寺」  等あり、 
那智大社までは熊野古道の一部を少し歩く。 参道には土産もの屋が立ちならび、賑やかである。





「那智」の意味は? 
日本書紀から「コムナリ」
これは「熊津」、、今の韓国錦絵流域の「公州」
「コム」は熊、「ナリ」は「津」

「ナリ」の津から連想すると、なにか「水」に関係ありそうな名前だ。 ナチは「滝」の意味ではと思う。水はすべての生命のもと


祭神は?


第一殿 滝宮 大己貴神 (大国主神)
第二殿     家都御子神(素盞鳴尊)
第三殿    御子速玉神 (伊弉諾尊)
第四殿    熊野夫須美神(伊弉再尊)
第五殿   天照大神 
巴が大きい


大己貴神

神武東征の折、那智の滝に大己貴神を祀り、、。?
仁徳5年、那智滝から社殿をこの地に 夫須美神を祀る  。

普通、神武東征の伝説地は新宮だと思うが、ここ「那智」にも神武東征の痕跡があるのか?
那智の滝に大己貴神を祀ることが、ここの最大の特色。

日本書紀などの話では
「大己貴神」は、スサノオの末裔で、?ある書 第二に出てくる。 いわゆる「プル百済」である。
朝鮮半島コムナリが故郷の加耶で、那智「ナチ」

仁徳、雄略−−「呉系」

   第二書   第ニ  百済(プル百済)---北方漢、 粛慎、 南方呉---

巴と菊


垣間見ると、巴は菊の上




本殿には「巴」


那智の大滝



那智の大滝

青渡岸寺 

五七桐
隣のお寺は?
仁徳帝のころ、印度より裸形上人が一行6人とともに熊野浦に漂着、
熊野大滝にて観世音を感得

明治以前は 那智権現
本宮は阿弥陀
新宮は薬師
那智は観音 
現世と未来の二世にわたる信仰


明治以降は神仏分離