武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

熊野本宮大社


熊野本宮大社(和歌山県東牟婁郡本宮町)

熊野川を遡る 本宮にある。
最古の温泉 湯の峰温泉

古代の本宮は中州にあったが、洪水で流されて、今は高台に仮すまい。
今、大きな鳥居, 中州にいって過去のあとを考えるに無念無想 。

旧社地 大斉原


崇神の頃
、社殿が造られたとか、、。

「加耶」の頃 、、。加耶が大和に進出したころ
明治22年以前 洪水に流される前の絵


菜の花、鳥居の向こう、右手が旧社地 大斉原


菜の花畑の右側の堰堤を行き、熊野川 昔は「音無川」




桜の舞うごとく、静寂そのものである。




元来は「巴」か? ここには十六菊もない。


大鳥居には「ヤタガラス」の神紋


祭神は?






ここは熊野三山の首位
熊野大権現
家都美御子大神





第一殿 伊邪那美大神(夫須美大神)−−−ここは古事記風の読み方
      事解之男神
第二殿 伊邪那岐大神
      速玉大神
菊は「十六八重菊」






第三殿 本社 家津御子大神 (熊野加武呂乃命) −(スサノオ)

第四殿 天照大神  
順番はこうだが、第三殿の「家津御子大神」が本社なのだ。また、イザナキ、イザナミの漢字は? 古事記風であり、第三殿なのに、「本社」とは? イザナキ、イザナミにもいろんな種類があるのか?ここは熊野系!!

ちなみに、
日本書紀では「伊弉諾尊」「伊弉再尊」
古事記では「伊邪那岐命」「伊邪那美命」−−「天照大御神」「月讀命」「建速須佐之男命




家津御子大神

家津御子大神 (熊野加武呂乃命)
すなわち、「スサノオ」であるが、植林、造船にたけて、崇神の時代に鎮祭
日本書紀のなかでは「新羅」系スサノオに繋がるところである。

      第四、  新羅------------粛慎、南方呉、

在地スサノオが、韓半島新羅へ渡り、樹種の種をもって紀伊へく話と連なる。
本宮へは? 田辺から東進

神紋は?


八重十六菊が上に見えるが、巴も金色に輝く。 







加耶の成り立ち




菊の紋(八重十六菊?)の片隅に「巴」紋


列島の先住−−南方呉系
   

彼らが半島へ北上  南方呉が「倭」と共存、半島へ上がり、領域的には西は錦江、東は洛東江あたりまで確保、いわゆる「任那」ができる。もっとも有名な任那は洛東江西岸にできた「賀洛国」
   洛東江西岸−−ミマナ加耶−−仁徳
   錦江流域 −コムナリ加耶−−−雄略
   半島西南部−−トムタレ加耶−−継体

日神から天照大神への変身 −列島へ天下り 
応神コムナリ −神功−応神−八幡宮

    これに対して 半島北部からの南下集団−−(倭+鮮卑)が登場する。


邪馬台国−騎馬民族

1.新羅系

洛東江東岸
  新羅にも三種類あって、この新羅は二番目、、。  
この加耶は後代、、新羅系天武が壬申の乱で勝利するので、「菊」を使う。 ただ、第三番目の新羅は「十六菊」.記紀でいえば、「神武、允恭」の時代に繋がる
  記紀のスサノオ新羅系の話?
 出雲スサノオ系が洛東江東岸流域と交流、この集団は倭国へリターン、、最初は「曾」 、つまり、のちの日向、ついで、紀伊熊野へ。熊野からはさらに東海へ進出。 −−熊野神社のルーツ
ここの「出雲スサノオ」系 −−当時の新羅象徴 タカミムスビ神 高皇産霊
   大伴連

2.加羅系

巨済加耶、倭国では邪馬台国へと、、  出雲スサノオ+。−−記紀の「崇神、垂仁」 
 熊野神社成立とは関係なしか?−−前方後円墳系

半島では 後代、安羅、加羅(高霊)等に発展、−−
  倭国へリターンしてくるのが「履中 、反正」
   物部連