武隈の里 
歴史
風土
 陸奥国府 「武隈」 芭蕉一宿の地 エコロジー計画 里山の生活
リンク2 リンク3 リンク4 リンク5 リンク6 リンク7

                                  
武隈松 変遷の考察


(1)
武隈松の変遷は古歌のなかの、「陸奥守と武隈松」の関わりが鍵となる。

陸奥守と武隈松のかかわりを古歌で見る。
詠まれている年代を考察すると

 初代、2代目  9世紀末から10世紀はじめ
 3代目      10世紀半ばごろ
 4代目      11世紀はじめ

次の五代目以降はは約500年 ぐうんと飛んで江戸時代となる。
この間の期間は謎である。

いずれにしても

(1)初代から4代目まで

大体、貞観大津波以降、「9世紀末か10世紀はじめ」から「11世紀前半あたり」までの、
前九年、後三年合戦が発生するまでの間であることが判る。これは単なる偶然だろうか? 
積極的に考えれば、この期間に武隈館に国府が置かれていたとのでは?
  古歌などの分析からこの当時の武隈松は「鼻輪崎」にあったことがわかる。
今の朝日山公園南西あたりである。 往古、街道は山麓沿いの東街道であったし、その東街道
にも近い。


(2)五代目以降

復活するのは江戸時代、芭蕉が登場する時代だ。年代的にも500年飛んでいる。
そして復活する場所は芭蕉の記述でもわかるとおり「二木」で竹駒神社の近くである。
 中心となるのは奥州街道で岩沼の中心もそちらへ移っている。
ただ、芭蕉は実方中将の墓を捜し求めて、当初は東街道を行くが道のぬかんるんで
たいそうなため引き返して岩沼に泊まる。


 平安の頃の武隈松と江戸時代の頃の武隈松は植えられている場所が違うことがわかる。
平安の頃 初代から4代目までは鼻輪松で武隈館の前にあった。この頃の住環境は高台にあり、今の岩沼郷はまだまだ湿地帯。 古書によると「館の前」に植えたとある。
 4代目までは鼻輪崎の高台にあった武隈館の前の鼻輪松!!!
4代目は名取川の橋の材料にされてしまい、ここで断絶。

 4代目と五代目の間は500年間くらい開く。 500年後、江戸時代、五代目が植えられたのは今の二木である。おそらく岩沼の中心は竹駒神社だからであろう。植えられた場所は竹駒神社の近い二木になった。二木の意味は「根は一つでも二つの木」に変わった。  雙根古松とかいて「フタキ」と詠ませるのは往古の姿を知っているからか? 

 この二木に移ってから、二木の松が新しい武隈松となり、かっての古い武隈松は「鼻輪松」と呼ばれるようになった。フタキという呼び名はかっての古い武隈松の「相並ぶ」二本の松を踏襲している。


(2)藤原清輔 「奥義抄」から考察

まず参考は
   藤原清輔 奥義抄である。 
  これを読むと、国の司は任じられたとき、松を植えたことが判る。

-----------資料ー---------------------------------------------------

藤原清輔 奥義抄

 うえしときちぎりやしけむたけくまの松をふたたびあひみつるかな

武隈の松はいづれのよよりありけるものとは知らぬ人は、うえしときとよまれたればおぼつかなくもや思うとて書きいでて侍るなり。この松はり昔よりあるにはあらず。宮内卿藤原元善といいける人の任に、たちの前にはじめてうえたる松なり。みちのくにの館はたけくまというところにあり。この人ふたたびかの国になりて後のたびよめる歌なり。たけくまのはなわの松ともよめり。重之歌にいう。

たけくまのはなはにたてる松だにもわがごとひとりありとやはきく 

たけくまのはなはとて山のさしいでたる所のあるなりとぞ近くみたる人は申しし。この松、野火やけければ、源満仲が任にまた植う。その後うせたるを橘道貞が任に植う。その後、孝義きりて橋につくり、後たえにけり。うたてかりかける人なり。なくてもよむべし。
------------------------------------------------------


   「武隈の松もひともと枯れにけり風に傾く声のさびしさ」

   武隈や 鼻端に立てる 松だにも 我がこと独り ありとかやきく                                        
   年を経て 誰を待つとか 武隈の 鼻端にのみは いでたてるらん 

 重之の歌だけが「武隈の鼻端」にあった松を歌っているのだ。明らかに現在の二木松
 ではない。   

   ひともと」 というのは、「2がひとつ」、つまり、相並んだ松が二つとも枯れてしまった?
 「武隈」「鼻輪」と形容しているのじゃ源重之だけ。
  もともと、源重之は陸奥守できたわけではない。藤原実方に同行してきた。
  源重之は鵜ヶ崎城を築城したといわれる。 これから、鼻輪崎にあった陸奥国府とは
 別に、鼻輪崎と相対する「鵜ヶ崎」に城を築いた。 源重之はここで没した。 


ふた木の本来の意味

  西行の時代からさらに500年間のブランクのあと、芭蕉がやってきたのは元禄2年5月(1689年)、
 武隈松は「鼻輪崎」から竹駒大明神の近く、別当寺武駒寺の後ろ、「二木」の方に移っていた。
本来、「二木」(フタキ)は二本の木の意味であろうし、それはかっての鼻輪崎にあった「相並ぶ松」を踏襲してのことであろう。

 

    

 みき 三木とは

。橘 季通 (すえみち)
父の則光朝臣のお供で陸奥国の行った際に見た、この二木の松について次のように歌っている。(時期はさだかではないが、前九年合戦以前)
 「武隈の松はふた木を都人いかがと問はばみきとこたへむ」 後拾遺和歌集

ここで「ふた木」はどうかと質問を受けると、答えは「三木」と答えたということ。 ここで
ふた木とは二本の松、三木は三本の松にはなるが?
この時代の松は、相並ぶ松で、そのひとつが、同じ根元から二つの幹が出ている形ではなかったろうか?


 。

 



-----------------------------------------------------------------

外部リンク
松尾芭蕉・おくのほそ道文学館   「奥州道中 増補行程記」展示室

--------------------------------------------