いきなりブログ(480×60)



万歩計でデータカウンター作成


家庭用スロット(家スロ)の個人サイトではもう有名な改造だと思います。
私もやってみました。購入したのは100円ショップで売っている万歩計とそれに入れるLR44の
アルカリボタン電池です。合計210円です。
今回は、プレイ数カウントをしてみました。

では早速作り方を。。。


今回用意したものです。
@100円ショップで買った、万歩計とアルカリボタン電池。
A車で使用していて余った配線ケーブル(赤・黒)
B自動車用ギボシ端子(オス2本)
Cハンダコテ・ハンダ。
Dワイヤーストリッパー・圧着ペンチ。
Eドライバー

この程度かな。。。

買った万歩計です。
この中を開けます。
このタイプの万歩計では半対面に2箇所ネジが付いているので、
それを外すと、内部を見ることができます。

内部写真です。さすが100円!結構雑に作ってあります。
まぁ〜動作するのでいいんですけど。。。
では左図の番号順に。
@カウントプレートを固定してある2本のネジを外し、固定プレートを
 取ります。
Aカウントプレートも外します。
 ※これが歩いた振動で上下してカウントする仕組みです。
Bここのハンダしている箇所に細いワイヤーで出ているのでそれをカット。
 そのハンダ部に用意した赤線をハンダ付けし接続します。
C矢印部のハンダ箇所に黒ケーブルをハンダ付けします。
D接続した赤・黒線を外に出す為に、穴あけ加工し、その穴から
 ケーブルを引っ張り出します。

線の取り出せれば、万歩計をを元に戻し、止めてあったネジを
固定します。

出したケーブルの先端の被覆をワイヤーストリッパーでむき出し、
ギボシ端子(オス)を圧着ペンチで取り付けます。

後は、万歩計にボタン電池を入れます。
リセットボタンを押してカウントをゼロにし、赤・黒線につないだ
ギボシ端子同士を接触させます。
接触させるごとにカウントが上がれば配線は成功です。

スロットへの接続はスロット本体右上に付いている
集中端子盤を使用します。
端子盤に8ピンのコネクタ端子があります。
赤線を一番上(1番)・・・プレイ数カウント に接続。
黒線を6本目(6番)・・・COM端子 に接続。
します。
ピンがとても細い為、予めギボシの先端を圧着ペンチでちょっと
潰してから差すと固定できると思います。
※接続の際はスロットの電源は必ず切りましょう。

後はスロットの電源を入れ、プレイしてみましょう。
スタートレバーを叩くごとに万歩計がカウントしてくれます。

その他赤線の接続先によっては、ビッグボーナス・REGボーナス回数
等もカウントしてくれます。