大家が教えるカビ、ダニの防止方(対策)

ホーム | サイトマップ

 現代の住宅は、昔に比べ気密性が格段に向上し、建物の断熱性能も高くなり、快適な生活がおくれるようになった反面、「結露」によりカビ、ダニが発生し健康を損なったり、(気管支喘息、アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎等)、また建物の耐久性を縮めたりしています。
 快適な生活をするため「結露、カビ、ダニ」の防止の方法を考えましょう。
 ほんのわずかな気配りで「結露、カビ、ダニ」は防げるのです。

1.「結露の原因」

 夏に冷蔵庫から冷えたビールやジュースを出してしばらくすると、表面に水滴がつく経験をされたことがあると思いますが、その水滴が「結露」です。缶やグラスの表面が外気の温度より低いため、温度差により水滴になるのです。
 温度によって空気中に含む水分量が異なっていて、高温になるほど多く反対に、低温になるほど少しの水分しか含むことが出来ません。冷えたビールやジュースの周囲の空気の温度が低いため、温度差により含みきれない水分が水滴になるのです。

 1-1「結露の種類」

  1--1「表面結露」(目に見える結露)
   冷蔵庫から出した物に水滴がつく。
   朝起きたら窓ガラスや金属の枠に水滴がつく。
   冬に鍋物やお湯お沸かすと、窓ガラスや建具の金属の枠に水滴がつく。
   浴室の天井や壁等に水滴がつく。

  1--2「内部結露」(目に見え難く建物内部からの結露)
   壁や天上の壁紙(クロス)に黒いカビが生える。
   押入の布団や荷物がじとじとしたりカビている。
   畳が柔らかくなってブヨブヨしている。

 1-2「結露とカビ、ダニの関係

     結露とカビ、ダニは密接な関係にあります。
      一般にカビ、ダニは、温度が20〜30度、湿度60%以上になり、水分や栄養分が加わるとカビ、ダニが発生するのです。

戻る↑


2.「カビの性質」

   カビは木材や繊維、プラスチック等ありとあらゆるものに取り付き、ほこりや汚れ水分等あらゆるものを栄養源にして成長します。
   カビの胞子は空気中のどこにでも漂っています。条件(温度、湿度、栄養分)が揃うと発生するのです。

 2-1「カビ発生の条件」

  --1「栄養源」
   ホコリや手垢などの汚れ、浴室の垢や石鹸かす。
  2--「湿度」
   水分、湿度が80%を超えると猛烈な勢いで繁殖する。じめじめした所は要注意。
  2--3「温度」
   5〜45度で繁殖。20度を超えると活発になり、夏には冷蔵庫にも繁殖する。
  2--4「よどんだ空気」
   箪笥の裏や押入れ等、空気が入れ替わり難い場所に発生しやすい。

戻る↑


3.「カビ、ダニと病気の関係」

 ゴキブリより生命力が強いといわれるカビやダニ。皮膚や内臓につり付き健康を損なう恐れもあります。

 3-1「アレルギー性疾患」

   ◎花粉症、アトピー性皮膚炎、小児気管支喘息
   過敏性肺炎
   ◎
カビ感染症

戻る↑


4.「発生場所」

 条件により一概には断定できませんが、概ね陽の当たらない北側の部屋、台所、浴室やトイレ等水を使用する所、押入れ、納戸等が考えられます。
 また戸建住宅よりマンションの方が、発生しやすいようです。

 4-1「原因」

  -1「カビ発生の条件」に当てはまるからだと考えられます。
  マンション(鉄筋コンクリート造)については、材料のコンクリートの水分が外に放出(約10年間)されることが考えられます。
  また窓が少なく換気し難い構造や、気密性が高いことも原因とされます。
  北側については温度が他の場所に比べて低いため、温度差により含みきれない水分が水滴となり、カビ、ダニを発生させることとなります。

戻る↑


5.「結露の防ぎ方」

 結露させないことが「カビ、ダニ」を防止する最大の決め手です。

 5-1「湿気を逃がす」

   台所使用時は窓を開ける。換気扇を回す。
   浴室の使用が終わったら窓を開ける。換気扇を回す。
   洗濯物を室内に干すのは止めましょう。
   室内の植木は少なめにしましょう。水遣りは最小限にしましょう。
   金魚や熱帯魚の水槽は、玄関等外気と空気が入れ替わり易い所に置きましょう。
   ガスストーブや灯油ストーブ、加湿器を使用する時は、こまめに窓や扉等を開閉して室内の空気を入れ替えましょう。

 5-2「温度差をなくす」

     暖房時は扉やドアーは開けましょう。北側の部屋は忘れずに。
      押入れ、納戸、箪笥等の戸や引出しは、こまめに開けましょう。
      箪笥や食器棚の家具類は壁や床に密着させず、5〜10センチ離して置きましょう。
         特に北側の壁には、箪笥や食器棚の家具類置かないようにしましょう。

 5-3「まとめ」

  5-1「湿気を逃がす」即ち「湿気を出さない」「発生したら速やかに戸外に出す」事が最大の結露防止法となります。
  5-2「温度差をなくす」即ち「温度差を作らない」事で結露防止をします。
  湿気を含んだ暖かい空気は、冷たい物に触れると結露して水滴になるので、室内に冷たい場所を作らないことが重要です。
  昼間太陽が当たらない北側壁面、押入の中、家具等の裏側がポイントです。

戻る↑

ホーム | サイトマップ