トップへもどる







必読メールマガジン【温泉ソムリエのメルマガ

雪国運転術
〜ゲレンデ(スキー場)へ安全に行くために〜

雪国での車の運転は、通常の運転とは異なります。
これを知らないと大変なことに!という雪国での運転のコツをお知らせします。

 止まる時、ブレーキを強く踏み込まない!

ブレーキを強く踏み込んでしまうと、タイヤがソリの役割をはたして、車のコントロールが効かなくなります。
ポンピングブレーキを心がけましょうね。
ABSでしたら踏み込んでも大丈夫ですが、早めに無理なくブレーキを踏むことが大切です。

 車間距離は十分あける!

ポンピングブレーキを心がけるためにも、車間距離を十分にあけて運転しましょう。
渋滞のときも車間距離は十分あけなければなりませんよ。
前の車が動かなくなったとき、チェーンをつけるために車間が必要なのです。
イライラして車間をつめても、数メートル分しか早く到着しませんので、焦らずに運転くださいませ。

 アクセルをふかさない!

タイヤが滑ると、前に進むためにアクセルをふかす方がいらっしゃいます。
これでは、よけい滑るだけです。
滑りやすい時の発進(特に上り坂)は、動くか動かないかくらいのゆっくりしたアクセルの踏み込みでいいですよ。
動き始めても決してアクセルをふかしすぎないでくださいね。
車に「スノーモード」がある場合はこれを利用しましょう。
一気にエンジンの回転数が上がらないモードなのです。

 スタートは必ず直進!

これは当り前のように思われますが、実際には、カーブの途中で止まると、ハンドルを切ったままスタートしようとする人がいます。
どんな状況でも、スタートの際は、必ずタイヤをまっすぐにしておきましょう。

 タイヤが滑って進まなくなったら一旦バック!

タイヤが一旦空回りしますと、そのままでは進まなくなります。
一旦バックして、滑りにくい場所にタイヤをのせましょう。

 RVのオールシーズンタイヤに頼らない!

オールシーズンタイヤは雪道には無力です。
特に四駆のRVだと安心しますが、タイヤがスタッドレスでなければ四駆やRVの性能は活かせません。

 FRのノーマルタイヤはチェーンがあっても無力!

チェーンを持っていようともノーマルタイヤで雪国へ行くのは自殺行為です。
往きは雪がなくとも、雪国は一晩で景色が一変します。
特にFR車は後輪にチェーンをつけなければならないのですが、前輪がソリのようになり曲がることができません。
万一、ノーマルタイヤの場合は、前輪分もチェーンが必要です。
また、高速道路でチェーン規制がありながら雪が少ないとチェーンが切れる場合があるので、予備も必要になります。

 いざというときのために、これを用意!

いざというときのためにとありますが、“いざ”でなくとも、雪国に行くときはこれだけは装備しましょう。
スコップ、雪おとし、長靴、グローブ&軍手、ブースター、牽引用ワイヤー

 深い雪で車が動かなくなったら、タイヤのまわりを除雪する!

深い雪にまって車が動かなくなったら、スコップでタイヤ前後の除雪をしましょう。
4つのタイヤそれぞれの前後を除雪するので、8箇所しっかり除雪することになります。
また、いわゆる“亀”の状態で、車が雪に乗り上げている状態になったら、車の下の雪を取り除かなければなりません。
やはりスコップは必携ですね。
そして、スコップはプラスチック製はこのような作業には無力で、せいぜいボディの雪下ろし用です。
非常時用にはアルミニウム製も心細いものです。
昔ながらのしっかりしたスコップを装備しましょう。

 カーナビに頼り過ぎない!

ゲレンデ(スキー場、宿)に近づいてからのカーナビの指示には注意です。
冬だけ通行禁止になる道があるからです。
また、距離的には近いのですが、雪が降ると狭かったり急坂だったりと危険な場合があります。

 サイドブレーキ、ドアロックの凍結に注意!

厳冬のスキー場では、サイドブレーキやドアロックが凍結する場合があります。
春スキーでなければ、駐車時はサイドブレーキはしない、ドアロックはしないが基本です。
ただし、ドアロックはセキュリティの問題がありますので注意してくださいね。
サイドブレーキと違い、ドアロックはお湯で融かしやすいので、盗難防止にはいたしかたないことです。

 雪に覆われた車の出し方

駐車場で雪に覆われた車を出す方法です。
1、車の前の雪を除き、少し前進できるようにします。
2、運転席側の除雪をし、エンジンをかけ、空調をデフの風量、温度ともに最強にします。
3、エンジンをかかけてすぐに少し前進します。
  これは、マフラーが雪で覆われないようにするためなので、前進できないような状況の時は、マフラーまわりを除雪しましょう。
4、以上の手順で除雪準備ができたら、ボディの上の雪をおろします。
5、運転中に雪が落ちると後続車に危険をおよぼしますので、雪は完全におろしましょう。











トップへもどる




雪国運転術

ゲレンデ近くの温泉宿はこちら → こちらをクリック!