日本オフショアビジネス学会設立記念フォーラム



はじめに

昨年、企業を越えオフショア開発が成功するための取り組みを行うために研究会を立ち上げ、関係各社の協力のもとフォーラムを開催しました。中心となるメンバー議論を重ね、「アジア圏を中心とした国際協働を実現するためのビジネスモデルの確立を目指す」高い理念のもと日本オフショアビジネス学会を設立する運びとなりました。今回、現在のアジアのビジネス動向、日中でのオフショア開発の事情やオフショアを通じたビジネス事例を通じさまざまな人たちとの議論し交流を深めることを目的とした、設立記念フォーラムをオフショアビジネス(オフショア開発やBPO)の中心の一部である大連にて開催いたします。今回、オフショア大學代表の幸地司氏の特別講演もあります。 また、終了後交流会を開催します。交流会を通じてさまざまな立場にいるかたがたと交流を深めたいと思います。より多くのかたがたに研究会に参加いただきたいと思います。(オフショアビジネス学会とは

日本オフショアビジネス学会設立フォーラム実行委員長:権正治好


開催概要

日時: 2011 年 7月 16日 (土)   13:30〜17:00(受付開始:13:00 )
会場:大連軟件園サービスセンター(DLSP) 会議室
中国遼寧大連市大連市沙河口区数馬広場1号
会場案内:会場地図

テーマ:

「オブショアビジネス(国際協業)に始める際の必要な企業情報、様々な企業の視察経験に基づいたパートナー見分け方や様々な企業の取り組みを通じ、オフショアビジネスに結びつける。」

以上のテーマに基づき、オフショアビジネスの経験やオフショアビジネスに携わっている方々のさまざまな御経験をご紹介頂き、 活発な討論を通じ 相互研鑽と人的交流を促進したいと考えています。

参加費:

無料

対象者:

本テーマに興味のある方、懇親会で人脈を探したいという方。どなたでも参加いただけます。

定員:

先着100名(申し込み先着順)
〆切:2011年7月14日 日本時間18:00(宿泊の予約は締切ました。フォーラム及び懇親会のみ受け付けております。)

参加方法:

参加希望されるかたは以下の問い合わせ先に連絡ください。

問い合わせ先:

offshore2011_dairen@freeml.com


主催:日本オフショアビジネス学会
共催:オフショア大學
        
協賛:ラマダホテル大連
後援:大連ソフトウエアパーク(株)
        大連中軟軟件有限公司
        大連ITクラブ


遠方から参加されるかたへ:

当フォーラムの指定ホテルは、ラマダホテル("RAMADA PLAZA DALIAN")です。法人会員相当の宿泊料金(約550元)でご提供させて頂けますし、宿泊者特典として、空港とホテル間の送迎(無料)、フォーラム会場とホテル間の送迎(約40元)のサービスを提供させて頂きます。 また、7/15のフォーラム前夜祭兼オフショア勉強会(30名程度)、ファーラム当日の懇親会兼名刺交換会(100名以上)もホテルにて開催予定です。懇親会だけの参加も可能です。ビジネスマッチングにご利用下さい。更には、フォーラム翌日の17日は、1日観光、ゴルフコンペや市内観光などもホテルからの送迎付にて企画しております。この時期、大連のホテルの予約が取りにくくなる傾向があることや市内から会場までだいたい10km位ありある程度まとまっての移動できるメリットやみなさまの安全という意味で指定とさせていただきました。宿泊をされるか前夜祭、懇親会、オプションのゴルフや市内観光に参加されるかを入力サイトから入力ください。まとめて、予約いたします。

プログラム(敬称略)

時間内容発表サマリー(PDF版)当日投影資料(PDF版)
9:30 - 12:00大連ソフトウエアパーク入居企業見学会
13:00 - 13:30開場、受付
13:30 - 13:35事務局からの連絡
説明者:小田啓二(日本オフショアビジネス学会)
内容:会場利用上の諸注意、本日プログラムの概略
13:35 - 13:45開会挨拶
説明者:権正治好(日本オフショアビジネス学会)
内容:学会設立趣旨説明、本日の目的
13:45 - 13:50大連支部長挨拶
説明者:木元幸一郎(日本オフショアビジネス学会大連支部)
内容:大連支部設立について挨拶
13:50 - 14:00来賓挨拶
三上吉彦様(大連ソフトウエアパーク日本業務総監)
14:00 - 14:05休憩
14:05 - 15:20第1部 オフショアビジネス
14:05 - 14:35事例1「完全セキュアなデータ入力BPO〜大連BPOの実状〜」
発表者:川上龍也様(大連因達科信息技術有限公司 董事長総経理)
発表内容:大連で行われているBPOの事例を通して、オフショアにおけるBPOの可能性をお話します。日本にいるとなかなか聞けない話です。
発表サマリー(PDF)
14:35 - 15:00事例2「視察結果報告、いまもつビジネス紹介」
発表者:池田欣邦様(グラビディ株式会社 代表取締役)
発表内容:オフショア開発をこれから取り組もうとしている企業において、オフショア開発のパートナーを選定するために、さまざまな場所を視察しています。オフショア開発現場の視察やこらからどう立ち上げようとしているのか生々しくお話します。
発表サマリー(PDF)当日投影資料(PDF)
15:00 - 15:10事例3「オフショア開発受託から中国ITビジネスのパートナーへ」
発表者:温鵬(大連中軟軟件有限公司 部長)
発表内容:中軟グループの全国拠点を使って、大連中軟を窓口にし日本IT企業の中国国内ビジネス進出をお手伝いします!
発表サマリー(PDF)当日投影資料(PDF)
15:10 - 15:20休憩
15:20 - 15:45第2部 オフショア開発
15:20 - 15:50特別講演「再加熱した中国人SEの転職事情と対策
発表者:幸地司様(オフショア大學代表)
発表内容:ある中国オフショア開発現地法人では、従業員の離職を防止するために大規模な従業員満足度調査を実施しました。本講演では、このような現場でよくある問題を解くヒントを提示します。
発表サマリー(PDF)当日投影資料(PDF)
15:50 - 16:20事例1「日本と中国で作る品質〜CMMIによる品質改善プロセスの実践〜」
発表者:菱田 真二様(広州奔歩電脳有限公司 大連分公司)
発表内容:今後、日本のマンパワーだけでは既存システムを維持するのが精一杯で、新たな改善、機能追加等は難しい状況にあります。そのためオフショア開発は避けては通れない存在となるでしょう。日本と中国の分業体制を確立し、品質改善プロセスの実践についてお話します。
発表サマリー(PDF)当日投影資料(PDF)
16:20 - 16:30事例2「大連をハブにハルビンで行う日本向けAndroid開発の事例」
発表者:竹中邦嘉様(ハルビン成増科技有限公司総経理、ネクスチェンジ株式会社 取締役)
発表サマリー(PDF)当日投影資料(PDF)
16:30 - 16:40事例3「日本企業と良い関係を作る」
発表者:李民(東軟軟件有限公司)
発表内容:日本の会社とうまく付き合って行くためには、お互いに信頼出来る協力関係構築が一番重要だと認識している。大連には日本の会社とビジネス協業関係を結んでいる会社が多く、これらの会社としては同じ認識を持っていると思っている。この秘訣についてお話します。
発表サマリー(PFD)当日投影資料(PDF)
16:40 - 16:45釜山ユビキタス都市協会のご紹介およびご挨拶
発表者:金 允經様(釜山ユビキタス都市協会)
発表サマリー(PFD)当日投影資料(PDF)
16:45 - 16:55終わりの挨拶
発表者:三宅雅文(日本オフショアビジネス学会大連支部)
16:55 - 17:00「事務連絡」
説明者:小田啓二(日本オフショアビジネス学会)
※プログラムおよび内容は講師の都合で急遽変更になる可能性もありますのでご了解ください。

(フォーラム当日の移動に関しての注意事項)

ラマダホテルに宿泊しているかたは、フォーラム会場@DLSPとRAMADA PLAZA DALIANまでバスで往復送迎します。一人当たり40RMBかかります。宿泊費に上乗せします。一往復なので、午前中のDLSPの見学に合わせますので、午後からフォーラム@DLSPに参加される場合は、個別に会場までいっていただきます。
フォーラムから参加して懇親会に参加されるかたはたは、フォーラム会場@から懇親会@ラマダホテルまでバスで送迎します。一人当たり20RMBかかりますが、懇親会の費用に上乗せします。
フォーラムだけ参加の方には、上記にあるような送迎はありません。

その他イベント

前夜祭(7/15):

フォーラムの前夜祭(17:30-21:00)
パネルディスカッションや事例発表などイベントを予定しています。
会場:RAMADA PLAZA DALIAN
懇親会費:270元

懇親会(7/16):

フォーラム懇親会(19:00-21:00)
(受付18:30)
講師、及び学会メンバーを交えた参加者同士の懇親会を行います。この期間にいろいろなかたと交流や名刺交換を行ってください。
会場:RAMADA PLAZA DALIAN
懇親会費:270元

ゴルフ/観光ツアー(7/17):

ゴルフ、一人1,000RMB程度(最少催行人数8名)、大連市内・旅順1日観光ツアー、一人200RMB程度(最少催行人数20名)を予定しています。最少催行人数に達しなかったため中止となりました。

昨年度の様子

昨年度は、50名参加し、幸地さんの基調講演をはじめ、メンバーの講演やパネルディスカッションにて活発な議論をおこないました。
懇親会もほぼ全員が参加し、名刺交換やビジネス情報の交換をおこないました。写真のとおりとても盛り上がりました。
告知用ちらし