やっぱり行きたいTDL

いろんなテーマパークがあるけど、何度でも行きたくなるのはやっぱりTDLですよね?
でも、それなりの出費は覚悟しなければなりませんし、ほとんどの日が混んでいる・・・。
ここでは、かなり混雑した日にうっかり行ってしまって、乗り物には乗れない、食事も
できないという悲惨な状況の時に、それでも、少しは楽しい1日を過ごせるよう、
私のいろいろな経験を書いてみたいと思います。
参考になればいいなあと思います。

なお、東京方面から日帰りで、子供のいる家族で行く設定です。

ある混んだ日に行った我が家のTDL日記


クリスマスのパレードは素敵でした。

ディズニーリゾート オフィシャルページ

基本中の基本
絶対行きたい日がある場合は、チケットを前もって日付指定で買っておきましょう。
東京ディズニーリゾート・チケットセンターディズニーストアで売っています。
ディズニーストアで日付指定チケットを売っている店は、23区内だと渋谷公園通り店、池袋サンシャインシティアルパ店、北千住ルミネ店、埼玉県だと大宮アルシェ店です。
当日急に行けなくなったときに変更手数料がかかってしまいますが、TDLの近くまで行ってから入場制限がかかって入場できない、最悪の事態は避けられます。
最近はチケットのネット予約もできます。
開園閉演時間やパレードの時間もチェックの必要があるので、行く時には前日までに必ずHPを見てから行きましょう。
楽しむためには早起きが絶対条件。オープンの30分前には到着するようにしましょう。
電車の場合は、帰りの切符を忘れずに買いましょう。
スイカがあれば切符を買う必要が無いので便利だけど、子供用のスイカがある人は少ないですね。
あと、夕方以降の時刻表は必ずメモしておいて。
FP(ファストパス)は何を選ぶか決めておきましょう。
PS(プライオリティ・シーティング)の使えるレストランの中から、昼食、夕食のお店を決めておきましょう。


チケットを少しでも安く購入する方法
方法 条件など 問題点
ヤフオクで購入 たまたまライバルがいないなど、うまく条件がそろえば安く購入できるかも。 振り込み手数料と送料が結構かかるので、上限の落札額を決めておこう。
金券ショップで購入 人気商品なので、値引額は少ないが、偶然金券ショップのそばを通ることがあれば、チェックしてみるのもいい。 わざわざ交通費をかけてまで行くほどは安く購入できない。
提供している企業の社員、パート、アルバイトになる 提供している会社では、福利厚生で、社員はチケットを安く購入できます。 そんなことで就職先を決めていいのか?
⇒福利厚生はどこに働くか決める重要な要素です。
提供している企業に働いている人にチケットを購入してもらう 社員の人に安いチケットを購入してもらう。 買ってくれた人に、お礼のおみやげを買わなくちゃいけないので、安くなった分全部浮くわけじゃない。
自分の住んでる県民デーのチケットを購入 埼玉県民の日、千葉県民の日、茨城県民の日など県民デーの当日を含む数日は、県民用の安いチケットがコンビニなどで売られる。 かなり日にちが限定される。
県民デーがある地方に住んでる人に県民デーのチケットを購入してもらう その地域に住んでいる知人に、購入してもらう。 当日、住所を確認できるものが必要かどうかわからない。
生協の組合員になって、チケットを購入 生協の会員になると、年に数回、安く購入できる期間がある。 年末年始やクリスマスやGWなどは期間外だ。
OLCの株主になる 株主になると、100株につき1枚(500株までは)のチケットが年に2回、もらえる。
100株で60万から80万程度。銀行に預けてもほとんど利子が無いのでなんかほかのことを考えてる人にはいいだろう。
ディズニーランド(OLC)が倒産したら、全部パー。