胞子は楕円形で小型

柄の基部には白い剛毛が密生する

表紙のキノコ

センボンクヌギタケ
Mycena laevigata (Lasch.:Fr.) Gillet

キシメジ科 クヌギタケ属
撮影 大舘 一夫
 (2011.1)

解説
子実体:クヌギタケ型で小型。   傘:幼時丸山形から開いて低い
  円錐形となり、中央が窪むことも
  あり、縁には短い条線がある。色
  はクリーム色から淡灰褐色で、表
  面は平滑。肉は白く脆い。
子実層托:ヒダは幅やや広く、疎
  で、柄に垂生する。色は白で淡
  灰色を帯びる。

柄:中心生、上下同径で細長く、
  中空。色は白く光沢があり基部は
  灰色を帯び、表面は平滑で、基部
  には白い剛毛が密生する。肉は白
  く硬い。
味・におい:無味・無臭。
胞子:楕円形、小型で、表面は平
  滑。
胞子紋は白。
発生:冬に、朽ちた針葉樹の切り
  株・枯れ木の根際などに束生する。
  腐
生菌。
食毒等:食毒不明
☆冬のキノコで、雪や雨の降った翌日などに朽ちた切り株などに発生する。



表紙のキノコ一覧へ

OPへ